軟毛におすすめのメンズワックスランキング10選|表参道の美容師が選ぶ!柔らかい髪がキマる人気商品

軟毛でワックスをつけてもペタンコになる」「軟毛でもビシッと決まるワックスないのかな?」とお悩みの方、決まるワックスありますよ!大切なのは、軟毛向けのワックスを選ぶこと。

この記事では、シーン別に軟毛におすすめのワックスの選び方とおすすめのアイテムをランキング形式でご紹介します。

最後に、軟毛をビシッと決めるワックスの使い方もレクチャー。ご期待ください!

シーン別!軟毛におすすめのメンズワックスの選び方

軟毛におすすめのメンズワックスは、使いたいシーンに合わせて選びましょう。以下で、シーンごとにおすすめのワックスの選び方をご紹介します。

【ビシッとキメたい時】ハード系のワックスを選ぶ

ビシッとキメたい時は、ハード系のワックスを選びましょう。ハード系のワックスは、キープ力が高くボリュームを出してくれるので、軟毛の方に最適。

友人の結婚式やビジネスの商談など、ここぞという所でビシッと決めたい日にピッタリです。髪が短めのほうが髪が倒れにくいため、よりおすすめです。

【ふわっとさせたい時】マット系のワックスを選ぶ

ふわっとさせたい時は、マット系のワックスを選びましょう。水分や油分が多くないため、ペタンコにならずふんわりとしたスタイルが作れます。

ボリュームを出したりクセを生かしたりと、軟毛でも使いやすいタイプです。

カジュアルな無造作ヘアから、スーツに合わせたいベリーショートやソフトモヒカンのこなれたビジネススタイルまで、幅広く決まります。

【パーマやくせ毛の時】クリーム系のワックスを選ぶ

パーマやくせ毛の時は、クリーム系ワックスを選びましょう。水分量が少ないため、軟毛がペッタリとなるのを防いでくれます

毛束感やツヤ感も適度にプラス。パーマやくせ毛を生かしてエアリーに仕上げたいときに活躍してくれますよ。

休日のデートや合コンなど、ソフトな印象やオシャレな印象を残したい場面にピッタリです。

【長時間キープしたい時】パウダー系のワックスを選ぶ

長時間キープしたい時は、パウダー系のワックスを選びましょう。何もつけていないかのような軽さながら、しっかりとボリュームアップ&キープ

軟毛の方にありがちな「セットしても夕方にはペタンコ」という現象もありませんサッと決まるので時短になるうえ、何度でも手直し可能

朝セットしたらもう気にする必要がなく、忙しい日や外回り、出張や旅行にもピッタリ。「猫っ毛の救世主」とまで呼ばれる、注目の新顔ワックスです。

それでは、それぞれのシーン別軟毛におすすめのワックスをランキング形式でご紹介します。

シーンとなりたい髪型を照らし合わせて、自分にぴったりのワックスを見つけましょう。

【ビシッとキメたい時】軟毛におすすめのハード系メンズワックスランキング3選

1位:ナカノ スタイリング タントNワックス5スーパーハード

汗や雨に強く扱いやすい!ワックス初心者にもオススメ

「汗をかいたり雨が降ったりするとペタンコになってしまう」という軟毛の男性におすすめなのが「ナカノ」のタントワックス5番。

汗をかいても落ちにくい、雨にも負けずキープできると猫毛・くせ毛の方から熱い支持を集めています。

ハードなのにとろみがあって伸びが良く、なじみやすくて扱いやすいのでワックス初心者にも最適。特にトレンドのツーブロックショートなど短髪がカッコよく決まると評判です。

ヘアカラーの退色を防止する紫外線カット効果もあるため、髪を守りながらオシャレな髪色を長持ちさせてくれるのもうれしいポイント。

軟毛でも、暑い日や雨の日でも、オシャレな髪型を満喫できます!諦めかけていた方も、これから挑戦したい方も、こちらを試して損はありません。

商品価格1,300円(税込)
内容量90g
タイプハード系
こんな方におすすめ汗や雨に強いスタイリング力を求める方

amazonでレビューを見る

2位:リップス(LIPPS) L08 マットハードワックス

男らしい束感を1日中キープ。何度でも再調整して復活できる!

髪が細くて少なく、カッコよくスタイリングできても時間とともにつぶれてストンとなってしまう方に朗報。

「リップス」のマットハードワックスは「高分子高重合体」配合で、つぶれてもクシャっとすれば何度でも復活できます

ハードタイプながら質感はセミマットで、男らしい自然な束感を1日中キープ

「なかなか合うものがなかった」「これまでワックスでは大概失敗してきた」という軟毛男性たちが「自分の軟毛でも立ち上がった!」「硬くなりすぎず再調整もしやすい!」と感動。

ドライタイプにありがちな引っかかり感が少ない」「ラフに揉みこむだけでいい感じ!」などのコメントもあり、使いやすさにもお墨付きアリです!

商品価格1,620円(税込)
内容量85g
タイプハード系
こんな方におすすめ時間とともにスタイリングがつぶれがちな方

amazonでレビューを見る

3位:スカルプD ストロングホールド ハードタイプ

未来の髪もキメる。頭皮や髪をいたわってボリュームアップ

髪のボリュームを気にしている軟毛の方におすすめなのが「スカルプD」のワックス。頭皮ケアと髪の補修もしながらスタイリングできるという画期的なワックスです。

豆乳発酵液など11種類のケア成分や、髪を補修してハリ・コシをアップ=ボリュームアップしてくれる成分が配合されています。

全体の9割が天然・植物成分なのも、お湯でサクッと落ちるのも、頭皮や髪への負担を最小限に抑えるため。

「いつも地肌に付かないよう気をつけてスタイリングしていた」「整髪料でいつも地肌にデキモノができる」という方からも「これなら安心して使える」と高評価。

今だけでなく未来の髪もキメたい方はぜひお試しを。

商品価格2,010円(税込)
内容量60g
タイプハード系
こんな方におすすめ髪自体のボリュームが気になっている方

amazonでレビューを見る

【ふわっとさせたい時】軟毛におすすめのマット系メンズワックスランキング3選

1位:ウェーボ デザインキューブ ドライワックス

ワサワサっときまる!作りこまない感じが出せて長時間キープ

「美容室で勧められて使い始めた」という人の多い本格派。とにかく簡単に、クールな無造作ヘアを作りたいという方におすすめです。

「ワサワサっと決まる」「ほぼ思い通りの髪型に」という使い勝手の良さには定評あり。ツヤが出ないので派手になり過ぎず、クールで好印象

女子から「イイね!いつもそうしたら?」と言われるようになったというコメントも聞かれます。

マットタイプによくある「時間がたつとホールドが弱くなる」という悩みは一切なし。中には「10個試してこれが一番」という結論になった人も。

固まるのが速いので、少しずつ付けるのがポイント。丁寧に整えたい人は大豆ほどの大きさを2回に分けて付けましょう。褒められクールヘアを目指すあなたは、今すぐ試してみて!

商品価格923円(税込)
内容量80g
タイプマット系
こんな方におすすめ簡単に好印象の無造作ヘアを作りたい方

amazonでレビューを見る

2位:ギャツビー ムービングラバー グランジマット

コスパ良好でラクラク!ラフな遊び感を出したいならコレ

カッコよく決めたいけど、コスパも気になるという方にはこちらの「ギャツビー」がおすすめ。80gの大容量で600円台とリーズナブルだと話題です。

安くても、マットワックスとしての本領は存分に発揮。ソフトモヒカンなどの短髪が希望通りにしっかり決まると評判です。

「遊べる!」「激しいアレンジもやり過ぎ感なくスマート」と、操作性と自然な仕上がりにも支持の声が。

「全体にガーっと付けた後、少量を手に取り毛束を作って適当に散らすだけで本当にラク!」という愛用者のコメントを聞くと、今すぐ試してみたくなりますね!

商品価格614円(税込)
内容量80g
タイプマット系
こんな方におすすめコスパも重視したい方

amazonでレビューを見る

3位:デューサードライペーストワックス6

とにかくボリュームアップ!がっちり1日OKのキープ力はピカイチ

軟毛さんの中でも、髪が細くてクセがなく「オカッパになりがち」という男性から根強い称賛を集めているのがこちらの「デューサー」6番。

固形物のような固さのワックスを、米粒のようにごく少量ずつ、温めた指に伸ばして使います。

「少ない軟毛もボリュームアップ!」「3時間でペタンコの猫毛ががっちり1日もった!」というコメントの通り、ボリュームアップとキープ力では他の追随を許しません。

大事な仕事やデートも「途中でペタンコ」におびえることはもうありません。

大きな毛束というより、細かい束がたくさんできるイメージで、仕上がりはナチュラル

もちが良い分落としづらいのが玉にキズですが「それでも価値あり!」という声多数。「先にリンスしてからシャンプーするとよく落ちる」とのアドバイスもご参考を。

商品価格1,040円(税込)
内容量80g
タイプマット系
こんな方におすすめ細い直毛で、ボリュームアップ力とキープ力を重視する方

amazonでレビューを見る

【パーマやくせ毛の時】軟毛におすすめのクリーム系メンズワックスランキング2選

1位:ホーユー ミニーレ ウイウイ デザインクリーム9

さまざまな長さに対応!量の調節や携帯がしやすいのも好評

髪を短くしたり伸ばしたり、いろいろなヘアスタイルを楽しむ派の方はご注目!

「ホーユー」のクリームワックスは、ショートからミディアムまで幅広く使えるため、1本あれば伸びていくプロセスに対応できます。

チューブ入りのクリームなのに、見かけによらずしっかりハード大胆でワイルドなスタイルも自在に作れます。

ホールドが速いので、髪を濡らして揉みこみ、ドライヤーをかけるのがおすすめの使い方。

「量の調節が簡単」「爪に入らないので快適」という、チューブタイプならではのメリットを喜ぶ声も。持ち運びも便利なので、外泊や出張の多い方に愛用者が多い模様です。

どんな長さでも、パーマやくせ毛を生かしたスタイルをキメたい方は、迷わずこちらをどうぞ!

商品価格835円(税込)
内容量80g
タイプクリーム系
こんな方におすすめショートからミディアムまで1本で対応したい方

amazonでレビューを見る

2位:アリミノ ピース フリーズキープワックス

毛先のパサつきを「クパスオイル」でしっとり保湿。ツンツン可能!

日々カッコよく髪型をキメていると、気になるのが毛先のパサつき。髪に負担をかけているのはわかっているけど、カッコよさには代えられない……とお悩みのあなたに朗報です。

「アリミノピース」のフリーズキープワックスは、ヴィジュアル系やホスト系のヘアもできる実力と、髪へのいたわりを兼ね備えたうれしいワックス。

カカオと似た植物からとれる「クパスオイル」の保湿効果で、毛先のパサつきを抑えてくれます。

ベリーショート~ショートなら、軟毛でもツンツンにできて倒れないと高評価。「家に帰るまで12時間以上キープできた!」と喜びのコメントも聞かれています。

髪質もスタイリングも気になる方は、ぜひお試しを!

商品価格1,127円(税込)
内容量80g
タイプクリーム系
こんな方におすすめ毛先のパサつきが気になっている方

amazonでレビューを見る

【長時間キープしたい時】軟毛におすすめのパウダー系メンズワックスランキング2選

1位:LUCIDO ボリュームパウダーワックス ふんわりハード

うれしい無香料!油分ゼロ+ハリコシ成分でふんわりボリュームアップ

ビジネスフォーマルのシーンでも軟毛にふんわりとボリュームを持たせたい。ワックスではボリュームは出るけど無造作すぎたり、香りがきつすぎたりして少し使いにくい。

そんな悩みを持つ方にご紹介したいのがこちらのパウダーワックスです。一般的なワックスと少し違い、こちらはボリュームパウダーを配合した水ノリのようなゼリー状

髪にハリとコシを与える「浸透性アミノ」の働きで、内側から弾力のある髪に。使用感については「髪が太くなったような感じ」という感想が聴かれています。

油分ゼロだから、軟毛でもペタッとならずなじみやすいのが特徴。少量を根元からスタイリングするとキレイにふんわり決まります。

ワックス類では珍しい無香料で、ビジネスシーンでも浮く心配なし。軟毛をカサ増ししてくれる不思議なふんわり感をあなたも体験してみませんか。

商品価格2,480円(税込)
内容量70g
タイプパウダー系
こんな方におすすめビジネスフォーマルシーンでボリュームのあるスタイルをキメたい方

amazonでレビューを見る

2位:資生堂 ステージワークス パウダーシェイク

30秒で完成!時短でこなれたヘアスタイルが作れる新感覚スプレー

朝はとにかく忙しい!という男性には、30秒でイケメンヘアが作れるスプレータイプのパウダーワックスがピッタリ。

うしろやサイドにもまんべんなくスプレーしやすく、ワサワサしながらドライヤーをかけるか、揉みこんで流れをつけるだけで完成です。

「猫毛でも長時間キープ」「梅雨でも髪が寝ない」と、水っぽい見かけからは考えられないほどのハードなキープ力を発揮。

髪が濡れているうちに付けてからドライすると、全体にいい感じのゴワゴワ感が出るので、その後別のスタイリング剤でセット」という「ベース使い」をしている達人も。

手が汚れない新感覚のワックスで、悩みの種だったヘアセットを時短して朝の時間を充実させましょう!

商品価格798円(税込)
内容量150g
タイプパウダー系
こんな方におすすめ時間がかかりがちな軟毛のヘアセットを時短したい方

amazonでレビューを見る

軟毛でも理想のヘアスタイルをキメるワックスの手順

手順1
適量のワックスを手に取る

適量はワックスの種類や髪の長さ・量によって違いますが、一般的にはアズキ大~10円玉大が目安です。

軟毛の方は特に「いっぱいつけたらキープ力が上がるのでは」と期待してたくさんつけがち。

実際には逆効果で、多すぎると重みで髪が寝てしまう原因になるため、少な目を心がけるのが無難です。

手のひらや指先で、伸ばすようになじませましょう。

手順2
髪の毛の中のほう→毛先に向かって揉み込む

ワックスを髪の中ほどから毛先にかけて、クセ付けするように揉みこみます。

髪の根元にワックスをつけてしまうと重くペタンコになるため、軟毛の方は特にNG。

初めから毛先にたくさんワックスをつけるのも、髪が寝てしまう原因になります。

トップやサイド、後頭部などのボリュームを出したいところを中心に立ち上げていきましょう。

手順3
前髪ともみあげは手に残った少量のワックスで整える

最後に前髪やもみあげを整えるときは、ワックスを新たに手に取るのではなく、手に付いている残りのワックスを使って軽く整えます。

手順4
髪の毛全体を整える

毛束を作る場合は「細い束をたくさん作る」「作った束に空気を入れながら剥がす」という作業を繰り返します。

これにより、軟毛を生かした空気感のあるスタイリングができますよ。

ワックスだけではキープ力が不安という場合は、仕上げにスプレーをしてスタイルをキープしましょう。

軟毛もシーン別にワックスを使い分けて理想のヘアスタイルを作ろう!

軟毛でもビシッとカッコよくキメたり、ふんわり無造作にキメたりすることが可能です!

出したい雰囲気に合わせた軟毛向けのワックスを選んで、カッコイイ髪型を満喫しましょう。