2020年最新!ダウンジャケットおすすめランキング14選|コスパ良好な人気商品から一生モノの高級アイテムまで紹介

冬のアウトドアに頼れる1着が欲しい」「タウンユースにも野暮ったくならないダウンジャケットないかな?」とお考えのあなたはご注目。

この記事では、あなたにピッタリのダウンジャケットの選び方をまずレクチャー。その後おすすめのアイテムをランキング形式でご紹介します。

寒い日ほど出かけたくなる最強の1着を手に入れて、真冬でもアクティブに過ごしましょう!

失敗しない!ダウンジャケットの選び方

ダウンジャケットは「保温力」「機能」「価格」を基準に選ぶのがポイント。各要素について、以下で詳しくご説明します。

保温力を左右する数値で選ぶ

ダウンジャケットを選ぶときは、保温力を示す数値を参考にしましょう。以下に2種類の指標をご紹介します。

ダウンとフェザーの比率

ダウンジャケットを選ぶ際には、ダウンとフェザーの比率をチェックしましょう。

・ダウン:胸部分のふわふわした羽毛。貴重で保温性が高い。軽量。

・フェザー:翼や背中の羽根。羽軸があり弾力性に富んでいる。製品の型崩れを防ぐ。

ダウンの比率が多い方が保温性が高く、軽量に。その分値段は高くなります。

保温力ダウン:フェザーの比率
コスパ重視20~30%:70~80%
高い60~80%:20%~40%
非常に高い80~90%:10%~20%

フィルパワー

フィルパワーとは、羽毛1オンス(約28g)をシリンダーに入れたときの体積のこと。つまり、どれくらいふんわりしているかという指標です。

フィルパワーの数値が高ければ高いほど、保温力が高くなります。同じ保温力ならよりコンパクトで軽量なダウンジャケットを作ることができます。

保温力フィルパワー
コスパ重視500以下
高い600~700未満
非常に高い700以上

用途に合った機能で選ぶ

ダウンジャケットを選ぶときには、用途に合った機能のあるものを選びましょう。メイン使用がアウトドアかタウンかで、チェックするべきポイントが異なります。

用途おすすめの機能
タウンユース必要十分な保温力でOK。ボリュームを抑えたデザイン通気性のあるものがおすすめ
アウトドア濡れて重く冷たくならないよう防水・撥水のものや縫い目の少ないもの、止水ファスナー付きのものを選ぶのがおすすめ

予算に合った価格で選ぶ

ダウンジャケットを選ぶときには、ある程度予算を決めておき、それに合わせた価格帯から選ぶのがおすすめ。

ダウンジャケットの価格はピンキリで、安いものは1万円を切り、高級なものは10万円を超えます

予算を決めるときは、以下の表を参考にして自分の求めるものを明確にしましょう。

価格帯こんな方におすすめ
3万円以下コスパ重視、ワンシーズン使えるものを求めている
5万円以下デザイン・機能ともに満足できるものを求めている。一般的な相場なので好みのデザインが見つかりやすい
10万円前後最高品質、一生モノを求めている。極寒地や厳冬期のアウトドアで使用する

それでは、おすすめのダウンジャケットをランキング形式でご紹介します。

・3万円以下

・5万円以下

・10万円前後

の順に、評判の良いブランドのアイテムをピックアップ。冬が待ち遠しくなる一着がきっと見つかります!

【コスパ良好】3万円以下のダウンジャケットおすすめランキング6選

まず、コスパ重視の方におすすめの、3万円以下のアイテムを6つご紹介します。

1位:ユニクロ ハイブリッドダウンパーカ

驚異のコスパ!安いのに暖かくスッキリシルエット

タウンユースをメインにするなら、ユニクロの「ハイブリッドダウンパーカ」がおすすめ。

高品質なダウンとポリエステル綿を部分的に使い分け、高い保温性と圧倒的な安さを実現しています。

オーバーサイズ感のないスッキリしたシルエットでバランスよく着こなせると好評。

表地の手触りがざらざらしない」「襟が立つのでエリマキトカゲのようにならない」と、従来のダウンウェアへの不満点も払拭されています。

驚異のコスパで大人気のアイテム、検討して損はありません!

価格9,990円(税抜)
ブランド/メーカーユニクロ
表地素材 53% ポリエステル・47% 複合繊維(ポリエステル)
裏地素材ポリエステル
中わた素材前身頃,後身頃ウエスト上部分: 90% ダウン・10% フェザー

その他部分:70% ポリエステル・30% レーヨン

フィルパワー記載なし
撥水記載なし

公式サイトで詳細を見る

Iさん(20代男性)

キルティングが無いスッキリ感と冬物アウターとしての適度なふっくら感のバランスが良かったです。

2位:ナイキ ダウンジャケット メンズ ダウン フィル ジャケット 928834-010

スポーティーな動きにも対応。大きめポケットも便利

冬もアクティブに過ごしたいあなたには、ナイキの「ダウンフィルジャケット」がピッタリ。

同社のトレーニングウェアにインスパイアされたVラインのデザインと、激しい動きにも対応できるスポーティーな設計で人気です。

大きめの外ポケットにも注目。財布や携帯はアウターのポケットに入れて、手ぶらで出かけたい男性にうれしいポイントです。

ユニセックスタイプなので、ペアで着るのもおすすめです!

価格12,600円(税抜)
ブランド/メーカーナイキ
表地素材ポリエステル 100%
裏地素材ポリエステル 100%
中わた素材ダウン75% フェザー25%
フィルパワー記載なし
撥水記載なし

amazonでレビューを見る

Hさん(20代男性)

非常に暖かく、防寒着として満足しています。

3位:[Mammut]  (マムート) エクセロン インサーレション フーデッド ジャケット アジアンフィット メンズ

ボリューミーなシルエットで存在感たっぷり

トレンドを押さえたボリューミーなシルエットで人気なのが、マムートの「エクセロン」ジャケット。

袖まわりにたっぷりと肉厚感があり、男性らしい存在感を演出できます。

ダウンがしっかりしているのに、軽く快適だと好評。付属の袋に小さく収納できます。タウンにもアウトドアにもマルチに活躍させたい方はチェックしてみましょう!

価格24,819円(税抜)
ブランド/メーカーマムート
表地素材ナイロン
裏地素材ナイロン
中わた素材ダウン90%・フェザー10%
フィルパワー750
撥水

amazonでレビューを見る

Mさん(20代男性)

軽くて着心地もいいし目立たないロゴがクールで買ってよかったです。

4位:[ザノースフェイス] ジャケット サンダージャケット メンズ NY32012

濡れても冷たくならないダウン素材。飽きのこないデザインも秀逸

ザ・ノースフェイスの「サンダージャケット」は、雨や雪のお出かけに重宝

ダウン自体に撥水性があるうえ、身体から出る遠赤外線を利用して保温する「光電子」素材を使用。濡れても冷たくなりません

飽きがこないデザインも高評価。太って見える心配がなく、タウンでもカッコいい印象で着こなせると好評です。

価格23,400円(税抜)
ブランド/メーカーザ・ノースフェイス
表地素材ナイロン
裏地素材ナイロン
中わた素材HYBRID CLEANDOWN 光電子 PRO(ダウン54%、ポリエステル40%、フェザー6%)
フィルパワー記載なし
撥水

amazonでレビューを見る

Nさん(20代男性)

軽くて動きやすいですね。真冬もインナーダウンとして活躍できそうです。

5位:モンベル 1101312 ベンティスカダウンジャケット Men’s

雪山や極寒地にも対応の実力。世界最高レベルの撥水も魅力

「びっくりするほど暖かい!」と感嘆の声が上がっているのが、モンベルの「ベンティスカダウンジャケット」。

登山用シュラフで培った技術800フィルパワーの上質ダウンをたっぷり詰めたボリューミーな1着です。

世界最高レベルの撥水加工「ポルカテックス」で、雪山登山などにもピッタリ。雪の日の写真撮影でも寒さを感じなかったというコメントも。

アウトドア使用や極寒地での生活使用を予定しているなら、コスパ最高の選択です!

価格26,800円(税抜)
ブランド/メーカーモンベル
表地素材30Dバリスティックナイロン
裏地素材30Dバリスティックナイロン・タフタ
中わた素材グースダウン
フィルパワー800
撥水

楽天でレビューを見る

Yさん(20代男性)

ビックリする位暖かいです。機能性下着ともう一枚適当な物の上にこれ着てるだけで何処でも過ごせそう。

6位:[ザノースフェイス] ジャケット サンダーラウンドネックジャケット メンズ NY32013

インナーダウンに便利な丸首デザイン。暑くなったら小さく収納

インナーダウンとして使い勝手抜群なのが、ザ・ノースフェイスの「サンダーラウンドネックジャケット」。

丸首デザインなので襟元がスッキリ、フード付きのアイテムとの相性もピッタリです。

濡れても冷たくならない撥水・光電子素材のダウンを使用。本体をポケットに収納できるポケッタブル仕様なので、暑くなったら小さく仕舞えてスマートです。

価格22,728円(税抜)
ブランド/メーカーザ・ノースフェイス
表地素材ナイロン
裏地素材ナイロン
中わた素材HYBRID CLEANDOWN 光電子 PRO(ダウン54%、ポリエステル40%、フェザー6%)
フィルパワー記載なし
撥水

amazonでレビューを見る

Aさん(30代男性)

インナーとして着る方はタイトめをオススメします。 収納袋はついてませんので自分でスタッフバックを探しました。モンベルの2リットルにちょうど収まります。

【定番】5万円以下のダウンジャケットおすすめランキング4選

次に、一般的な相場で定番の5万円以下のおすすめアイテムを4つご紹介します。

1位:NANGA (ナンガ) オーロラダウンジャケット

濡れない・蒸れない独自素材。コスパ最強の日本製

このコスパはヤバい」と熱烈なファン多数なのが、ナンガの「オーロラダウンジャケット」。

ナンガ独自の透湿・防水コーティング素材「オーロラテックス」を使用し、濡れない・蒸れないを実現した逸品です。

日本製でしっかりした縫製にも定評あり。ポケットの位置や大きさ、襟や袖口の作りなど細部に至るまでよく考えられていると高評価です。

色のラインナップが豊富で、タウンにもアウトドアにも活躍するのもうれしいポイント。

コストを抑えつつ本当に良いものを使いたいというあなたにおすすめです!

価格36,450円(税抜)
ブランド/メーカーナンガ
表地素材ナイロン(オーロラテックス)
裏地素材40Dナイロンタフタ
中わた素材スパニッシュダックダウン90%・フェザー10%
フィルパワー760
撥水〇(耐水圧20,000mm)

amazonでレビューを見る

Oさん(20代男性)

正直、このコスパはヤバいくらいです。耐水性能と保温性能はもちろん、袖口や襟周りも邪魔にならないように作られていたり、シンプルで何にでも合わせやすいデザイン、ポケットの位置や大きさも実用性バッチリです。

2位:[ザノースフェイス] ヌプシジャケット メンズ ND91841

環境への配慮とカッコいいデザインで人気

ザ・ノースフェイスの「ヌプシジャケット」は、実物を見て一目惚れする人の多い1着。

環境に配慮したリサイクルダウン使用で、内面のカッコよさも磨くあなたにピッタリです。

ダウンのタウンユースで気になる静電気を抑える加工済み。電車やエレベーターが快適に使用できます。

バックパックに干渉する肩部分が補強されており、アウトドアでもタフに活躍。ビビッドな色が揃うのでイメチェンにもおすすめです!

価格32,000円(税抜)
ブランド/メーカーザ・ノースフェイス
表地素材50Dナイロンリップストップ
裏地素材ナイロン
中わた素材GreenRecycled CLEANDOWN(R)(ダウン80%、フェザー20%)
フィルパワー記載なし
撥水

amazonでレビューを見る

Fさん(20代男性)

ほんの数分着ていただけで暑く感じてきたので、保温性は高いと思います!デザインも期待通りでカッコいいです。

3位:ARC’TERYX(アークテリクス) ソリウム AR フーディ メンズ 21794

保温性最強なのにたためる!どの色も渋く決まる風合いも魅力

アークテリクスの「ソリウム AR フーディ」は、小さく折りたためるのに保温性最強のダウンジャケット。

750フィルパワーという高品質ダウンで、寒い地域でもこれ一枚で十分の保温力です。

ほかにない色のバラエティも魅力。表地に風合いのある「Arato30ナイロン」を使用しているので、鮮やかな色でも子どもっぽくならず渋めに決まるのがポイント。

少しタイトなシルエットでインナーダウンとしても重宝します!

価格36,000円(税抜)
ブランド/メーカーアークテリクス
表地素材ナイロン
裏地素材ナイロン
中わた素材本体:ダウン90%・フェザー10%

フード・肩など:ポリエステル100%

フィルパワー750
撥水

amazonでレビューを見る

Kさん(30代男性)

まずは着た瞬間暖かい(普通のダウンは着た時は冷たい)のと、肩周りが動かしやすい(普通のダウンはつっぱる感じがする)。

4位:DANTON / ホワイト グース ダウン ジャケット

トレンドをおさえたシルエット。パーツ取り外し可能で自分らしく

自分らしいおしゃれを楽しみたい人にはDANTONの「ホワイトグースダウンジャケット」がおすすめ。

フランス生まれのシンプルなデザインですが、ゆるめのシルエットにトレンド感が香ります。

ダウンの最高峰「ホワイトグース」を使用し保温性は保証付き。防寒性を高めるチンウォーマーやフードなどは取り外し可能で、スマートにも着こなせます。

価格48,000円(税抜)
ブランド/メーカー
表地素材ポリエステル
裏地素材ナイロン(フード裏部分:毛98% ポリウレタン2%)
中わた素材ダウン90% フェザー10%
フィルパワー記載なし
撥水記載なし

楽天でレビューを見る

【高級・一生モノ】10万円前後のダウンジャケットおすすめランキング4選

続いて10万円前後の、一生愛用できる高級ダウンジャケットのおすすめを4つご紹介します。

1位:[カナダグース] JASPER PARKA: ジャスパー メンズ ダウンジャケット 

極寒地スペックを日本人向けに調節した後悔のない1着

一生モノが欲しいけどなかなか選べないという方は、カナダグースの「ジャスパー」を検討してみましょう。

日本人男性にとって、最もバランスが取れた後悔のない選択です。

もともとは北極圏など極寒地での使用を想定して開発されたものを、日本人の体格や日本の気候に合わせて調節したモデル。

特に肩や脇周りが日本人仕様になっているため、着心地が良くラインもスタイリッシュだと好評。

極限までシンプルなデザインで、オンにもオフにも対応できる1着。いつまでも毎日愛用したいあなたにピッタリです!

価格122,000円(税抜)
ブランド/メーカーカナダグース
表地素材ポリエステル85%、コットン15%
裏地素材ナイロン
中わた素材ダウン80%、フェザー20%
フィルパワー625
撥水

amazonでレビューを見る

Uさん(30代男性)

肩や脇周りがやはり日本人向きにできているだけあり、着やすさ抜群。見た目もスタイリッシュで大変気に入っています。しかも1分も着てないのに、想像以上に暖かいのが印象的でした。

2位:[タトラス] BOESIO ボエシオ メンズ MTA19A4566

高級感のあるミリタリーテイストで大人の男の魅力を演出

落ち着きとワイルドさを兼ね備えた大人の魅力を醸し出したい方には、タトラスの「ボエシオ」がピッタリ。

襟回りに量感を持たせたミリタリーテイストのデザインは、無骨ながら都会的な印象。表地はナイロンながら適度な光沢と深みのある発色で天然素材の雰囲気も。

ステッチやポケットなど細部まで高級感にあふれる作りで、大人の男の休日を堪能できます。

価格88,000円(税抜)
ブランド/メーカータトラス
表地素材ナイロン
裏地素材ナイロン
中わた素材ダウン90%・フェザー10%
フィルパワー800
撥水

amazonでレビューを見る

Sさん(20代男性)

いわゆるテカテカダウンではなく都会派ダウンな印象に一目ぼれしました。

3位:[ザノースフェイス] ジャケット バルトロライトジャケット メンズ ND91950

中はTシャツ1枚でOKの暖かさ!おしゃれなカラーでタウンにも馴染む

「夜の吹雪の中を歩く」「-20℃の場所への出張」など極寒のシチュエーションで愛用されているのが、ザ・ノースフェイスのバルトロライトジャケット。

高い保温性で、中にTシャツ1枚だけしか着ていないという声も。

タウンユースにも合わせやすいおしゃれなツートンカラーも魅力。保温性もデザイン性もマックスで求めるあなたにおすすめです!

価格77,700円(税抜)
ブランド/メーカーザ・ノースフェイス
表地素材30D GORE-TEX INFINIUM WINDSTOPPER Insulated Shell (2層)
裏地素材ナイロン
中わた素材CLEANDOWN 光電子(ダウン72%、レーヨン20%、フェザー8%)
フィルパワー記載なし
撥水

楽天でレビューを見る

Tさん(20代男性)

購入して大満足です。出張のためアイダホによく行くのですが、冬は-20℃になるため、非常に重宝しています。

4位:[ウールリッチ] アークティックパーカ 2019-20秋冬 WOCPS2880

スーツスタイルにも違和感なし!アラスカ極寒地仕様のスペック

ビジネスシーンでもしっかり防寒したい方には、ウールリッチの「アークティックパーカ」が最適。

ジャケットの裾がちょうど隠れるスタイリッシュな丈で、ファーも脱着可能スーツスタイルにも違和感がありません。

手袋をしたままでも扱いやすいスナップ類や豊富なポケットなど、デキる男をサポートしてくれるディテールもいっぱい。

もともとはアラスカで天然ガスのパイプラインを引く作業員のために開発された極寒地仕様のスペックだから、どんな気候でも暖かさは保証付きです。

価格71,810円(税抜)
ブランドウールリッチ
表地素材コットン60%・ポリアミド40%
裏地素材ポリアミド100%
中わた素材ダックダウン80%・フェザー20%
フィルパワー700
撥水

amazonでレビューを見る

Aさん(20代男性)

普段Mサイズを着ているのですが、アメリカのサイズなのでSサイズ購入しました!サイズはぴったりで薄手のセーター着て羽織るとちょうどいい感じです。お尻もかくれて暖かいです。

お気に入りのダウンで冬をアクティブに!

お気に入りの1着は見つかりましたか?おしゃれで暖かいダウンジャケットを手に入れて、この冬はいつもよりアクティブに過ごしましょう!