成功する告白のタイミングは?|「今だ!」を見極めるポイントとセリフ・シチュエーションを徹底解説

気になる女性に自分の気持ちを伝えたい。」そう思ったらすぐに告白するのはNG。まずは冷静になることが大切です。告白が成功するかどうかは告白するタイミングが大きく関係しています。

この記事では、告白するタイミングの見極め方告白する時のセリフ・シチュエーションについてご紹介します。

告白が成功しやすくなるポイントをマスターして、意中の女性と付き合える可能性を高めましょう!

まずは、告白するタイミングの重要性について見ていきます。

告白成功のポイントはタイミング!

告白成功のポイントはタイミングで決まると言っても過言ではありません。

時間をかけて考えたセリフや情報収集した上で決めたシチュエーションが問題なくても、タイミングが悪ければ告白は失敗することがほとんど。

きちんと告白するタイミングを見極めることができれば、女性から「OK」の返事をもらえる可能性もグンと高くなります。

続いて、告白のベストタイミングはどのように決めれば良いかを見ていきましょう。

告白のベストタイミングを決める2つのポイント

告白のベストタイミングを決める2つのポイントについてご紹介します。

女性からの信頼を得るのに必要な「占有時間」

女性からの信頼を得るのに必要な「占有時間」は告白するタイミングを見極める材料の1つ。一般的には男性から女性へ告白する場合は、「3回目のデート」や「3ヶ月目」が良いとされています。これは目安として捉えてOK。

女性は同じ男性とある程度の時間を過ごせば、その先の未来を考える場合がほとんどです。相手の女性の様子もチェックしながら、一緒に過ごす時間が増えきたなと感じたら告白に適したタイミングと考えましょう。

女性から恋愛対象とみられていることを示す「脈ありサイン」

女性から恋愛対象とみられていることを示す「脈ありサイン」はさまざま。自分に好意を持っていると確信してから告白するのが理想的です。

女性の自分に対する対応の変化を感じたら告白にぴったりのタイミングと判断して問題ないはず。

脈ありサインにはどんなものがあるのか、以下で詳しくご紹介します。

ラインが能動的になる

ラインのやり取りをチェック。以前と比べて女性のラインが能動的になり自分の気持ちをあなたに送るようになれば、女性があなたを近い存在に感じている証です。

日ごろの悩みや何でもない日常をラインであなたに送ってくるようになったなと感じたら、「脈あり」だと考えて良いでしょう。

デートの誘いを快諾する

あなたからのデートの誘いを快諾してくれる場合は、「脈あり」の可能性が高いです。

例えば、当日の夜や忙しい合間を縫って合う遠い日程での誘いにもOKしてくれる場合など、予定をやりくりする行動があればあなたに好意があると考えて問題なし。

友達に紹介してくれる

女性が友達にあなたを紹介してくれるようになれば、相手もあなたを大切な人と考えている可能性は高いです。

長期的に関わりを持ちたいと考えている人しか、大切な友達にあなたを会わせたいと考えないもの。自分らしく振舞って女性や友達からの好感度をアップさせましょう。

顔や身体の距離が近くても引かれない

顔や身体の距離が近くても引かれない場合は、「脈あり」どころかあなたに心をすっかり開いているサイン。

あなたの気持ちに迷いがなければ、準備が整い次第告白するのがおすすめです。

恋愛関係を探る質問をする

女性から「彼女いるの?」「好きな女性のタイプは?」といった恋愛関係を探る質問をされたら、相手もあなたに好意を持っている確率は高め。嘘をつくことなく、正直に答えるようにします。

会話やラインが続きそうであれば、あなたからも「彼氏いるの?」「どんな男性が好きなの?」と思い切って質問してみましょう。

職場や学校から一緒に帰ろうと誘う

職場や学校から一緒に帰ろうと女性から誘われたら高確率で「脈あり」。

帰り道は同僚や友達、あるいは1人で過ごしたいなどさまざまな過ごし方があります。その中で、一緒に帰りたいと女性が言うのはあなたが特別だからです。

次に、告白におすすめのシチュエーションをチェックしましょう。

告白におすすめのシチュエーション

告白におすすめのシチュエーションを3つご紹介します。告白するシチュエーションに迷った時は参考にしてください。

①デートの帰り道や夜

デートの帰り道や夜は告白するのにぴったりのシチュエーション。告白は昼間よりも夕方以降にした方がOKされる可能性が高くなるという研究結果もあるのだとか。

日が暮れれば自分1人でゆったり過ごしたいと考える女性も多いです。その中で、一緒に居れること自体が告白の成功率を自然と高めていると言えます。

②クリスマスなどのイベント時

クリスマスなどのイベント時も告白のシチュエーションにおすすめ。学生の場合は、学祭や卒業式など学校行事のイベント時に告白するのもアリ。

イベント時は2人の気持ちも盛り上がりやすいです。晴れて告白がOKされれば、そのイベントが2人の付き合った記念と重なるためクリスマスなど通年のイベントの場合はお祝いもしやすいです。

③夏

は恋愛心理学では、新しい恋が始まりやすい季節と考えられています。そのため、春に出会い気になり始めた場合は夏に告白をするのが絶好のチャンス。

夏は海水浴花火大会などデートで楽しめるイベントも多いため、思い出をたくさん作るのにもうってつけです。

次に、失敗する告白のパターンについて注意点を確認しましょう。

失敗する告白のパターンに注意

失敗する告白のパターンを3つご紹介します。告白を成功させるためにも必ず抑えておきたいポイントです。

①相手の状況を考えずに告白する

意外とやってしまいがちなのが、相手の状況を考えずに告白するパターン。「好き」という自分の気持ちを相手に伝えたいと気持ちばかりが先走り、結果振られる可能性が非常に高いです。

相手が告白に対して冷静に受け止め、判断できる状況」つまり、心にゆとりがあるのかを確認してから告白するのが鉄則です。

②他の男に取られる焦りから告白する

焦りから告白するのは注意してください。告白を先延ばしにすると「他の男に取られるのでは」と焦るのもわかります。

しかし、告白した女性はあなたの性格や見た目などトータルで判断し返事をするため、焦りを優先したからといって結果が大きく変わることはありません。十分タイミングを見てから告白するのが一番です。

③先延ばしにしてタイミングを逃す

タイミングを見るのが重要とお話しましたが、告白するのが遅すぎるのもNGです。デートをある程度重ねて手応えを感じているなら、先延ばししない程度に思い切って告白しましょう。

男性と女性とでは告白するまでにかかる時間は違うと心理学的に言われています。男性は女性に比べると自分の「好き」という気持ちに気付くのが遅いというデータも。

いよいよ、告白する時のセリフについてご紹介します。

心を動かす告白のセリフのポイント

心を動かす告白のセリフのポイントを2つご紹介します。ここぞという時に意識してみてください。

①真剣さをアピールしよう

真剣さをアピールするのが告白には必須。告白したのはいいけれど、「この人ノリで言ってるんじゃない?」と思われては「OK」の返事を得ることは難しいです。

告白する時はまず一番初めに、「真面目な話していい?」「真剣に聞いてほしい」といった言葉から始めると良いでしょう。

②シンプルでストレートな言い方を心がけよう

シンプルでストレートな言い方を心がけるのも告白で押さえておきたいポイント。回りくどく告白するのは相手に気持ちが伝わりにくく、失敗してしまう可能性を高めてしまいます。

付き合ってください」「好きです。一緒にいてほしいです。」など分かりやすく真っすぐに告白するのが成功の秘訣です。

続いて、万が一断られた時はどのような対応を取ればよいかをご紹介します。

万が一断られた時は大人の対応で男を上げよう

万が一断られた時の大人の対応を3つご紹介しましょう。「潔さ」や「切り替え」も今後の関係を作るきっかけになります。

①ふてくされたりせず明るく冷静にふるまおう

ふれくされたりせず明るく冷静に振る舞うのが大人な男性。いつまでも落ち込んだり不機嫌でいると、NOと言った女性も気まずくなり困ってしまいます

きちんと気持ちの切り替えができれば、恋人になれなくても友達としての付き合いは続けてもらえるかもしれません。

②振られた理由を明るく尋ねてみよう

少し勇気が必要ですが、振られた理由を明るく尋ねてみるのもおすすめ。より魅力的な男性になるためには率直に「自分に何が足りなかったのか」を相手に聞くのが手っ取り早いです。

ダメな点が分かれば、それを克服して再アタックする機会を設けることもできます。次の恋に活かすこともできるので、勇気がある人は聞いてみるといいでしょう。

③1回であきらめず次のチャンスを狙おう

1回であきらめず次のチャンスを狙う方法もあります。中には「何回もアタックして付き合えた」というケースも少なくありません。

相手の女性にもよりますが、「本気で自分のことを好きなのか」と疑うあまり告白に対して「NO」と言っている場合もあります。

めげずに何度もアタックすることで、意中の女性と付き合えるチャンスが巡ってくるかもしれません。

次に、返事を保留された場合についてご紹介しましょう。

返事を保留された場合の理由と対応

返事を保留された場合の理由と対応をご紹介しましょう。

断りたいがNOと言いにくい

返事を保留する女性に多いのが「断りたいがNOと言いにくい」場合です。恋愛対象ではない男性からの告白に戸惑い、相手を傷つけたくないあまり返事をあやふやにしてしまうパターン。

保留にしつつも実は時が過ぎるのが待っていることもあるので、あまり期待せず次の恋に進んだほうが良いです。

恥ずかしくて対応に困っている

実は両想いで、意中の男性から告白されたため、恥ずかしくて対応に困っていることもあります。

早く返事が来ないからと返事を迫るのではなく、気長に女性からの返事を待つ姿勢が大切です。

友人や同僚としての関係を壊したくないので躊躇している

このままの関係でいたいのに」という気持ちから告白を断る女性もいます。友人や同僚としての関係を壊したくないと考える女性の場合は、恋愛関係に発展するのはなかなか難しいです。

ある程度様子を見て変化を望めない場合は諦めた方が良いです。

女性同士の事情があり即断しがたい

女性はあなたに対して好意を持っていても、女性同士の事情があり即断しがたいケースはよくあることです。友達や知人にあなたのことが好きな人がいるかもしれません。

返事がまだ来ないとイライラするのではなく、それとなく何かあったか聞いてみるのも1つの手です。

高校生から大人まで!ベストタイミングで告白を成功させよう

好きな女性への告白はベストなタイミングで行うのが鉄則。相手に告白して耳を傾けてもらえる気持ちの余裕があるのかも伺いながら、自分の気持ちを伝えましょう。

日が暮れた時間帯に告白すれば、成功する可能性も格段にアップしますよ。気になる告白のセリフですが、自分の気持ちを真剣にそして素直に伝えるのがポイント。

仮に断られても表情に出さず、明るく受け答えするのが大人の男性というものです。気になる女性に告白する時は、準備万端な状態で自信をもって気持ちを伝えれば、明るい未来が待っているかもしれません!