転職がうまくいかない本当の原因と4つの解決策!成功のポイントをわかりやすく解説した総まとめ

「全然選考に通らないし心が折れそう…」そんなあなたに読んで欲しい転職がうまくいかない本当の原因と4つの解決策を紹介します。

転職がうまくいかないのには必ず原因があります。まずはその原因を知っておくことが大切です。原因さえ解決できれば転職の成功率は格段にアップしますよ!

今回は転職エージェントで働く方にヒアリングしながら、転職がうまくいかない原因別に心を込めて解決策をまとめました

転職に疲れて心が折れそうな人に送る3つの言葉も紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください!

みんな転職活動中に不安を感じている

転職活動中に不安を感じる人ってどのくらいいるの?

転職活動中に不安を感じているのは、あなただけではないので安心してくださいリクナビが行ったアンケート結果によれば、転職活動中に不安を感じたと答えた人は約7割もいます

中でも注目なのが「自身の経験やスキルが通用するか」「面接が通るか」「転職活動が長引かないか」といった実際の選考に関するお悩みです。

転職がうまくいかない人は、きっと同じようなことで悩んでいるでしょう

うまくいかないからって落ち込まないで大丈夫!原因を考えよう

転職活動中は選考が通らなかったり不安な気持ちが伴いますが、大事なのは落ち込みすぎないで転職がうまくいかない原因を考えることです

転職がうまくいかない原因を考える時は、どのステップで躓いているのかまず見極めてください!

転職準備の自己分析が不足しているのか、応募している会社があってないのか、書類選考の職務経歴書の書き方が悪いのかなどステップごとで原因を分けて考えてみましょう

次に、躓いているステップごとに転職がうまくいかない理由と解決策を説明します!自分の原因はどれなのか見極めながら対処法を参考にしてみてください

【STEP1.転職準備】転職がうまくいかない原因と解決策

新卒の就活感覚でやる気だけで転職活動をしている

新卒の就活感覚でやる気や情熱だけで転職活動を進めているとうまくいきません

新卒の就活はやる気や情熱などの人柄重視で見られますが、中途の転職活動は経歴やスキルを重視されています

解決策:これまでの経歴やスキルをアピールできるようにする

これまでの経歴やスキルを紙に書き出して、何をやってきてどんな能力を持っているのか明確にしておきましょう

経歴やスキルが明確になれば、自分に合いそうな転職先を探しやすくなる上に選考時のアピールもしやすくなります!

自分の経歴やスキルに自信が持てない人は、転職エージェントの活用をおすすめします。

なぜなら、担当者があなたのことを最大限にアピールする推薦状付きで応募してくれるからです。

自己アピールに少しでも苦手意識がある方は、必ず活用しましょう!中でも求人数と転職実績が豊富なリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

圧倒的求人数と転職実績がある「リクルート」のエージェントです。まずこれまでの経歴やスキルを元に今後どうしたいのかを担当者と面談します。

すると後日担当者から転職先情報のメールが届き実際に提案を行ってくれます

受けたい企業が決まったら、担当者があなたの良さを最大限にアピールしてくれる推薦状を添えて応募してくれます

だから経歴やスキルに関係なく書類選考の通過率が本当に高いんです!その後は面接練習を親身になって行ってくれるので「面接で焦らなかった」と評判も。

転職がうまくかないと悩んでいるなら、リクルートエージェントに登録しておいて損はないです!

公式サイトで詳細を見る

自分の強みが把握しきれていない

自己PR等のアピール文が書けなかったり、面接で自分のことを語れなかったりする場合は、自分の強みが把握しきれていない場合が多いです。

自分の強みがわかっていないとこれまでのどの経歴をアピールすべきか明確にならないため、なかなかうまくいかないんです。

解決策:「グッドポイント診断」を使って自分の強みを客観的に知る

グッドポイント

自分の強みを知るために、かんたんな質問に答えるだけで自分の強みが客観的にわかる「グッドポイント診断」を使ってみてください

決断力・柔軟性・俊敏性・挑戦心・社交性などの18種類の項目、自分の強みを5つ知ることができます

それぞれの強みに1人1人違う細かいコメントがついているので、自分の強みについて深く知ることができます。転職の面接で自己PRに使えた」と満足する声が多いそうです

結果で知れた自分の強みを覚える練習をして、職務経歴書や面接で活かせるようにしておくといいですよ!

あなたの強みを診断する!

【STEP2.企業への応募】転職がうまくいかない原因と解決策

当初と目的の違う企業に応募している

転職活動を始めた頃は休日しっかり休める企業を探していたのに、活動していると年収の高い企業や大手企業にばかり目がいって応募しているケースです。

目的からブレると志望理由が明確になりにくいため、転職がうまくいかなくなってしまいます

解決策:なぜ転職するのか目的を再確認する

転職を考え始めた当初の目的を思い出すようにしましょう「土日休みがいい」「残業なしがいい」などとなぜ転職するのか目的は常にはっきりさせて、それにあった企業にしか応募しないようにしてください。

志望動機にも力が入り、選考に受かりやすくなります!転職してからの後悔も防げるため、絶対に転職の目的は見失わないようにしましょう

転職サイトを1つに絞っているため応募できる求人の幅が狭い

 

転職サイトを1つに絞りすぎて求人の幅を狭めていませんか?転職サイトごとに取り扱っている職種領域が違かったり、地域ごとの掲載数に偏りがあったりします。

1つに絞っていて「全然受けたい会社がない」と思っていると転職がうまくいきません

解決策:求人数が多い複数の転職サイトに登録する

転職サイトは1つだけを使わずに、複数の転職サイトに登録しておきましょう登録するときは求人数の多いサイトを選んでください

求人数の多い転職サイトであれば、地域ごとの偏りも少なく多様な職種を探すことができます

限られた求人から選択するのではなく、出来るだけ複数の転職サイトから探すことでさらに良い転職先が見つかりやすくなりますよ!

まずは転職希望者の8割が登録するリクナビNEXTをはじめとした、複数の転職サイトに登録しておいてください。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

「リクナビNEXT」は他の転職サイトでは募集していない限定求人が、求人数の85%を占めています。だからとにかく良質な求人が豊富です!

公開求人は約14,600件もあり、あらゆる職種をカバーしているのでまず登録しておいたほうがいい転職サイトです。

公式サイトで詳細を見る

これ以外にも地方や業種に特化した転職サイトも多数存在するので、転職サイトのおすすめはこちらを確認してみてください

【STEP3.書類選考】転職がうまくいかない原因と解決策

志望動機や自己PR文が応募職種にあっていない

志望動機や自己PR文が応募した職種にあっていなければ、採用担当者は選考で落とします

例えば、生活用品メーカーの事務職員を希望しているのに「中高大とマラソンをしていたので体力には自信があります」と書いても落ちるのはわかりますよね

解決策:企業の公式サイトや職種の特性を徹底的に調べる

企業の公式サイトや職種の特性を徹底的に調べて、転職したい企業がどんな人物を求めているのかを知ることが大切です。

真面目にコツコツできる人なのか要領よく色んな業務をこなせる人なのか、ヒントはどこかに必ず書いてあります

どんな人物を求めているのか把握した上で、志望動機や自己PR文を書くとかなり受かりやすくなりますよ!

誤字脱字が多く文章構成が下手

さらっと見た時に漢字の間違いが多かったり、文章の繋がりがおかしかったりすると選考通過率がグッと下がります

採用担当者は複数の書類に目を通しているため、流し読みをした時に引っかかる間違いがあると見るのをやめてしまいます

そのあとにいくらいいことが書いてあっても、読まれなければ落ちますよね

解決策:転職エージェントを使って添削してもらう

志望動機や自己PR文など企業に提出する書類を書くのが苦手な人は、転職エージェントを使って添削してもらうのが最もおすすめです。

転職エージェントを活用すれば、担当者が職務経歴書や自己PR文の書き方まで指導してくれるので万全の状態で書類選考を受けることができます

まず書類選考に通過しなければ面接も受けられないため、なんとしてでも通過率をあげましょう!

中でも親身になって教えてくれる転職エージェントは、マイナビエージェントです。

マイナビエージェント

書類選考で落ちにくい添削をしてくれる」と評判なのがマイナビエージェント

職務経歴書や履歴書の添削をしてくれる転職エージェントがほとんどですが、中でもアドバイスが的確と口コミ評価が高いです。

書類選考を通過しやすくするために徹底的に教えてくれた上で、面接練習をしてくれるから「難関だと思っていた書類も面接もスムーズに進んで嬉しかったという声もありました。

職務経歴書や自己PRに苦戦している方は、まず相談してみるといいですよ!

公式サイトで詳細を見る

【STEP4.面接】転職がうまくいかない原因と解決策

緊張しすぎて喋る内容が飛んでしまう

面接で質問されたことに対して緊張しすぎるあまり、喋る内容を忘れてしまうケースです。

準備をしっかりしていたのに「次になにを言えばいいんだっけ?」と頭が真っ白になりやすい人は転職がなかなかうまくいきません。

解決策:丸暗記ではなく要点のみ覚えて自分の言葉で話す癖をつける

「何を言うか考えて全部覚えたのにどうして?」という方に共通しているのが、言おうとしてることを丸暗記してそのまま喋ろうとしているからなんです

自己紹介や志望動機は、箇条書き程度の要点だけ書いたメモを覚えるように意識しましょう

面接は覚えてきた文章を話す場ではなく、企業の人と直接対話する場です。常に自分の言葉で話す癖をつけると何も怖くなくなりますよ!

面接練習が足りていない

単純に練習不足で面接の基本的なマナーが身についていない場合があります。

入退室や座る時、挨拶の仕方などかなり細いことですが、マナーがあるかどうか判断するために採用担当者は結構しっかり見ているんです

解決策:転職エージェントを活用して面接練習をしてもらう

面接練習したいけどどうしたらいいの?という方は、転職エージェントを活用しましょう

担当者が面接練習をしてくれるため、入退室や座り方、挨拶に至るまで基本的なマナーをしっかり習得できます!

しかも転職エージェントによっては、企業ごとの過去の面接実績に合わせた練習もしてくれるので、絶対に使った方が有利です。中でも評判がいいのがパソナキャリアです。

パソナキャリア

パソナキャリア

面接練習でのアドバイスが親切と評判なのがパソナキャリアです

「ちょっと表情が硬いのでもっと笑顔を意識しましょう」とアドバイスをしてくれるなど、自分だけでは難しい面接練習を徹底的にサポートしてくれます。

だから転職したいけど面接が苦手すぎる…と悩んでいる方に本当にぴったりです。

面接がいつもうまくいかないと悩んでいるなら、いつでも相談に行けるようにまず登録だけでもしておいてください!

公式サイトで詳細を見る

転職がうまくいかない時は、ステップごとに何が原因なのか考えてみてください原因が分かったら解決策を実践してみましょう!

でもすでに退職してしまっていて「今すぐに転職を成功させないと金銭的に苦しい」という方も中にはいるはず。

そんな時は転職エージェントを使うのが最も早い方法です。次にさっそく紹介していきます。

転職がうまくいかない状況を今すぐ脱出するなら転職エージェントを使うべし!

なぜ転職エージェント使ったほうがいいの?

転職エージェントは転職サイトと違って、キャリアアドバイザーと呼ばれる担当者が必ず1人ついてくれますつまり1対1で転職のサポートをしてくれるんです!

今転職活動がうまくいっていない旨を相談すれば、すぐになぜうまくいっていないのかこれからどうしていくべきなのかアドバイスをしてくれます

もちろんあなたにあった転職先をもう一度一緒に考えて提案してくれるので、これまで以上にマッチする企業が見つかるかもしれません

特にすごいのが、職務経歴書の添削や面接練習を行ってくれるところです。

転職サイトや自分ひとりでは難しいことを親身になってサポートしてくれるので、最短で転職するなら登録すべきサービスですよ!

転職エージェントがしてくれる主なサービスとは?

転職エージェントがしてくれる主なサービスを表にまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

転職のステップ主なサービス
STEP1.転職準備・経歴やスキルの振り返り
・転職先の相談
STEP2.企業への応募・転職先の提案
STEP3.書類選考・書き方サポート
・書類添削
STEP4.面接・面接練習
STEP5.内定後・年収交渉
・雇用契約書の確認
・退職交渉

転職エージェントは完全無料なのに、ここまで手厚いサポートをしてくれるので本当に安心して転職活動ができます

特に書類選考や面接が苦手で転職がうまくいっていない人は、早めに転職エージェントに相談するといいですよ!

中でも口コミ評価が高く、転職を成功に導いてくれるエージェントを厳選して2つ紹介します。

転職を成功に導く転職エージェント2選

doda

面接テクニックの教え方がよかったと好評なのがdodaです面接が苦手だから転職活動がうまくいかない…と思っている方におすすめですよ。

なんと面接の質問を得意分野に誘導する自己PR文の書き方を伝授してくれるのです。

自分の言葉で伝えるのが苦手という人も、転職を成功させるための文章の書き方や面接のノウハウを習得できます!

非公開求人がほとんどなので「もう受けたい会社がない」と悩んでいる人も、良い転職先が見つかりますよ

まずは面談で相談してどんな会社の求人があるのか見てから判断してくださいね

公式サイトで詳細を見る

マイナビジョブ20’s

20代や第2新卒の転職を専門にしているのがマイナビジョブ20’s20代の転職市場をよく知る親切なキャリアアドバイザーが担当についてくれます

自分を見つめ直す「適性診断」を最初に受けて、強みや弱みを理解するところから始められるので、転職がうまくいかないと足踏みしてしまっている20代にぴったりです。

選考書類の添削や自己PRまで相談しながらアドバイスしてくれるので、サポート力がすごいです!

20代で転職がうまくいかなくて悩んでいる方はまず登録だけでもしてみてください

公式サイトで詳細を見る

最後に転職活動を頑張っているのになかなか転職先が決まらない…」そんな心が折れそうな人に向けて3つの言葉を送りたいと思います。

転職に疲れた…心が折れそうな人に送る3つの言葉

「目の前の転職がゴールじゃない」

転職をゴールにしてしまうと転職活動がうまくいっていない状況に妥協して、入れる企業に逃げてしまう傾向がありますしかし、入れる企業に入ってもまたすぐにやめたくなるかもしれません。

転職することをゴールにしないで、キャリアップや土日休みが欲しいなどの目的達成をゴールにすることが大事です!転職活動は目的達成にフォーカスして進めていくと、必ずうまくいきます

「正社員だけにこだわらないで!」

すでに退職してしまっていて金銭的に余裕がない人や数十社面接したけどうまくいかない人は、正社員以外の採用も考えてみましょう。そんな時におすすめなのが紹介予定派遣です。

紹介予定派遣は、派遣が終わった後に直接企業と雇用契約を結ぶことを前提としているんです!正社員よりも選考のハードルは低いのでかなり穴場ですよ。

リクナビ派遣なら紹介予定派遣が豊富なので、ぜひ探してみてください!

紹介予定派遣を探す

「たまにはパーッと遊びに行こう」

転職活動もたまには休んで、飲みに行ったり映画を観に行ったりすることも大切です。週に1回は転職活動を忘れて、パーッと遊ぶ時間を作りましょう

選考の合間にお昼ご飯をその駅周辺のお店で食べるなど楽しみを作るのもおすすめです。

電車移動中はゲームを1ステージクリア目指すなど、とにかく転職活動の隙間はリフレッシュに努めてみてください

転職がうまくいかない時は焦らず原因を考えよう

転職がうまくいかない時は、本当に心が折れそうになりますよね「もう20社も受けているのに全然だめ…」「面接で毎回つまずいてしまう」など様々な悩みがあると思います。

そんな時は転職がうまくいかない原因は何なのかじっくり考えて、今回紹介した解決策をぜひ参考にしてみてください

今すぐに転職しないと金銭的にも厳しい状況の人は転職エージェントにまず相談に行きましょう

焦らず落ち込まず、少しづつ前進しながら転職を成功させましょう!