外付けHDDおすすめランキング10選|テレビ録画や写真などデータ保存に最適な人気商品

「どれも残しておきたいデータばかりで、新しい動画が保存できない…」とお困りの方におすすめなのが外付けHDD

バックアップをとったり、外出先からHDDにアクセスできたりと、PCやスマホをさらに便利に使えるようになります。

機種がたくさんありすぎてどうやって選べばいいかわからない方は、この記事を参考に使い勝手の良い外付けHDDを見つけるコツを押さえてください。

機能や価格など、さまざまな観点に分けて外付けHDDのおすすめランキングをご紹介します。安全にサクッとデータを保存して、スマホやPCを快適に使いましょう!

使い勝手の良い外付けHDDの選び方

外付けHDDを選ぶ際には、保存するデータの種類やどの機器を使うかを基準にするのがおすすめです。具体的に見てみましょう。

保存したいデータに合わせて選ぶ

テレビ録画に使うなら「SeeQVault」対応

テレビ録画用の場合、「SeeQVault」対応の外付けHDDを選びましょう購入してください。「SeeQVault」を使えば、テレビの買い替え時や友達の家での再生時などに対応できるからです。

「SeeQVault」に対応していない外付けHDDの場合、録画したテレビでしか再生できないため、注意してくださいね。

写真など大量のデータ保存に使うなら「据え置き」タイプ

大容量の外付けHDDが欲しい方は、据え置きタイプがおすすめ。据え置きタイプはポータブルタイプの外付けHDDよりも容量が大きいので、どんどんデータを保存できます。

また、パソコンとテレビの両方に対応していることが多いことも魅力のひとつ。容量の割に価格が安いことも特徴です。

対応テレビや対応OSで選ぶ

外付けHDDを選ぶ際には、テレビやOSに対応しているものを買いましょう。

非対応の外付けHDDを買ってしまうと、ちゃんとデータが保存されなかったり、外付けHDDを認識してくれなかったりするからです。

付加機能の有無で選ぶ

複数のPCからデータ共有できる「NAS機能」

複数の機器でのデータ保存を考えている場合NAS機能がある外付けHDDがおすすめ。

NAS機能とは、ネットワークを使って複数台のPCやスマホのデータを保存できる機能のこと。

外出先でもネットワークにつながっていればHDDにアクセスできるので、複数の機器を使う方にはNAS機能の有無を確認してください。

2重バックアップ可能な「ミラーリング機能」

大切なデータを保存する方は、ミラーリング機能がある外付けHDDを購入してください。ミラーリング機能とは、2つのドライブに同じデータを保存する機能のこと。

もし一方のデータが破損してしまっても、もうひとつのデータが残っているのでトラブルを避けられます。仕事用として使う方はミラーリング機能を見逃さないでください。

価格の安さで選ぶ

価格の安さで選ぶ場合7千円前後がおすすめ。なぜなら外付けHDDの相場は1万円~1万6千円なので、7千円前後の外付けHDDは低価格といえるのです。

据え置きタイプよりポータブルタイプの方が安いので、外付けHDDを選ぶときの参考にしてなさってください。

早速、おすすめの外付けHDDをランキング形式で紹介していきます。選び方で紹介したタイプ別に分けているので、あなたに最適なものと出会えますよ!

【SeeQVault対応】テレビ録画におすすめの外付けHDDランキング2選

たくさんのテレビ番組を楽しみたい方に向けて、SeeQVault対応の外付けHDDを2つご紹介します。

いろんなテレビで再生可能なので、普段使っているテレビが壊れても大丈夫です。

1位:I-O DATA 外付けHDD ハードディスク AVHD-URSQ3

高画質の映像を24時間ぶっ続けで録れる!

『AVHD-URSQ3』は、綺麗な画質で大量の録画をしたい方におすすめ。高性能なハードディスクを搭載することで24時間の連続録画が可能

製造時の品質検査を徹底することで、録画が失敗してしまうリスクを大幅にカットしてくれていることもメリット。

性能の高さから『AVHD-URSQ3』は、パナソニックのビエラとディーガに推奨されています。騒音が少ないことも人気の秘訣です。

また、3.55cmと薄いためテレビの側に置いても邪魔になりにくいことも大きな魅力。

価格16,580円(税抜)
容量3TB
本体サイズ21.5cm×18.7cm×3.55cm
対応テレビ東芝(レグザ)、シャープ(アクオス)、ソニー(ブラビア)など
タイプSeeQVault対応、据え置きタイプ
付加機能24時間連続録画対応

amazonでレビューを見る

Iさん(30代男性)

最初に見た感じ、意外に小さいと思いました。これでファン付とは思えないサイズで、動作音も静かで耳を近づけてかすかに聞こえる程度です。以前と比較して、価格もこなれてきていて、その差額で長期保証を付けることが出来て大変に満足しています。

2位:BUFFALO HDV-SQ3.0U3/VC

不快な騒音を最小限にしたい方におすすめ!

動画鑑賞時の騒音をできるだけカットしたい方は、『HDV-SQ3.0U3/VC』を選んでください。

ファンレス設計某新設計によって徹底的に静音化された外付けHDDなので、耳障りな音をカットしてくれます

また洗練されたデザイン性も『HDV-SQ3.0U3/VC』の魅力。うまくケーブルをまとめてくれるので、テレビ周りをスッキリ整えたい方にも人気。

価格15,905円(税抜)
容量3TB
本体サイズ20.7cm×12.3cm×4cm
対応テレビ東芝(レグザ)、シャープ(アクオス)、パナソニック(ビエラ)など
タイプSeeQVault対応、据え置きタイプ
付加機能

amazonでレビューを見る

Kさん(20代男性)

レコーダーと連動して自動的にON、OFFしてくれます。自分で好きな名称のフォルダを99個まで作成する事が出来るので、外付けHDDにコピーした番組をフォルダに振り分けて整理しています。高速ダビングなので、ALモードの2時間位の番組でも3分位でダビング完了です。動作音はまったく聞こえません

【据え置きタイプ】写真など大量のデータ保存におすすめの外付けHDDランキング2選

大切な写真や動画をたくさんとっておきたい方に向けて、容量の大きな据え置きタイプの外付けHDDを2つご紹介します。

容量を気にして削除しなくても大丈夫なタフなものを集めました。

1位:BUFFALO 外付けハードディスク HD-AD4U3

大容量&トラブル対策を徹底したい方におすすめ!

『HD-AD4U3』は、故障やデータ紛失などの対策を充実させたい人にピッタリの外付けHDD。

故障予測サービスの「みまもり合図」によって、HDDの動作状況を教えてくれるので、事前に故障の察知ができます。

また、バッファローのデータ復旧サービスに対応しているので、データがなくなっても有償による対応が可能

『HD-AD4U3』は8TB大容量なので、重要度の高いデータから一応残しておきたいといったデータまで、迷うことなくどんどん保存できます。

価格19,982円(税抜)
容量8TB
本体サイズ11.4cm×3.3cm×17.1cm
対応OSUSB3.1(Gen1)/3.0/2.0 Type-A端子を搭載するWindowsパソコンおよびMac、対応OS:Windows 10/8.1/7、Mac OS X 10.11以降
タイプ据え置きタイプ
付加機能

amazonでレビューを見る

Rさん(20代男性)

この価格は安いと思います。自分の場合はPCバックアップ用です。音は静かですし、コスパは高いと思います。

2位:WD HDD Elements Desktop USB3.0 WDBBKG0060HBK-JESN

圧倒的な容量であれこれと保存したい方におすすめ!

『WDBBKG0060HBK-JESN』は、大量のデータを扱う人にピッタリ。12TBの容量があるので、いろんなデータをポンポン保存できます。

ドライブの耐久性や耐震性を追求しており、長く使える設計が施されていることも大きな魅力。重要なデータの長期保存におすすめです。

USB 3.0ポートに対応しているのでデータの転送速度が早く、快適に使えます。Windows用にフォーマットされていますが、再フォーマットすればMac用としても使用可能。

価格40,728円(税抜)
容量12TB
本体サイズ13.5cm×4.8cm×16.5cm
対応OSMac OS X, Windows10,Windows8.1,Windows 8,Windows 7
タイプ据え置きタイプ
付加機能

amazonでレビューを見る

Fさん(30代男性)

コスパに優れ、別の外付HDDに既にWDを採用してはや7年間、何の問題もなく稼働中という実績があったので、信頼しております。電源とは別に本体に電源スイッチがあり、コンセントをぬかなくとも使用しない時は電源がきれる点についても満足です。転送速度については、40~90mbほどでるので十分だと思います。

【NAS機能】複数PCからのデータ共有におすすめの外付けHDDランキング2選

PCを複数台持っている場合におすすめのNAS機能がついた外付けHDDを2つご紹介します。

いちいち外付けHDDを接続しなおす必要がないのでとても便利です。

1位:BUFFALO ネットワークHDD 2TB LS220D0202G

安心&便利にデータを扱いたい人は必見!

『LS220D0202G』はNAS機能だけでなく、ミラーリング機能も搭載された外付けHDD。そのためデータの消失などのリスクにも対応可能

外出先からスマホでHDDにアクセスできるWebAccess機能も嬉しいポイント。導入時の簡単さも大きな魅力です。

充実した導入マニュアルやアプリがあるので、初期設定もらくらく。『LS220D0202G』のUSBポートに外付けHDDをつなげばさらに容量を増やせるので、快適に使えます。

価格15,597円(税抜)
容量2TB
本体サイズ20.5cm×8.7cm×12.8cm
対応OSWindows 10/macOS 10.12/Mac OS X 10.10/Android 4.4以降/iOS 10.0以降など
タイプ据え置きタイプ
付加機能NAS機能、ミラーリング機能

amazonでレビューを見る

Kさん(30代男性)

会社用に購入しました。自動化&冗長化を期して購入しました。今のところ週一での増分バックアップ設定で問題なくファイルの保護が図れており満足しております。うちと同じような小規模事業者の方に、手のかからないバックアップ方法としてお勧めします。

2位:I-O DATA HDL-TA2

複数人で外付けHDDを共有したい方にピッタリ!

『HDL-TA2』は自分だけがアクセスできるフォルダーを作れることが最大の特徴。

ユーザー名とパスワードを設定すれば、自分だけがデータを扱えるようになります。家族でHDDを共有したい方などにおすすめ。

『HDL-TA2』に外付けHDDを接続すれば、自動でバックアップをとってくれることも大きなメリット。

時間や曜日もあらかじめ設定しておけば、定期的にバックアップをとってくれるので手間暇がかかりません。

価格10,511円(税抜)
容量2TB
本体サイズ4.3cm×13.4cm×16.8cm
対応OSWindows10/Windows8.1/Windows8/Windows7/macOS10.7~10.13/iOS9.3~11.4/Android4.1~8.1
タイプ据え置きタイプ
付加機能NAS機能

amazonでレビューを見る

Oさん(30代男性)

ルーターに接続して電源を入れただけでPCが認識して使用できるようになり、とても使いやすいです。早速500GB程のファイルを転送したところ約3時間で完了しその速さに感動しているところです。

【ミラーリング機能】2重バックアップ可能なおすすめの外付けHDDランキング2選

絶対に失いたくないデータを保存する場合におすすめのミラーリング機能がある外付けHDDを2つご紹介します。

データ消失のリスクをできる限り少なくしてくれて安心です。

1位:BUFFALO HD-WL2TU3/R1J

高速かつ安全にデータを保存したい人におすすめ!

『HD-WL2TU3/R1J』は、USB3.0に対応しているので素早くデータをやりとりできます。その速さはそれまでのUSB2.0と比べると10倍以上

ミラーリングでひとつのデータを別々のドライブに書き込めるほか、3つのモードがあることもメリット。

2つのドライブに分けて書き込むことで処理速度を重視したり、別々のドライブとして使うことで大容量の使用が可能になったりします。

価格19,996円(税抜)
容量2TB
本体サイズ8.6cm×12.7cm×20.4cm
対応OSWindows 10/macOS 10.12/Mac OS X 10.10など
タイプ据え置きタイプ
付加機能ミラーリング機能

amazonでレビューを見る

Kさん(20代男性)

約1年無事に使えていますUSB3の早さ、RAIDありの機能からこれを選択。デザインも気に入っています。

2位:I-O DATA HDL2-AA2

機能をカスタマイズできる便利な外付けHDD!

不要な機能はそぎ落とし、必要な機能だけに厳選したい人には、『HDL2-AA2』がおすすめ。

パッケージ機能によって使いたい機能のみを追加すればメモリーを節約しつつ、使い勝手の良いHDDにできます。

また、『HDL2-AA2』は内蔵のHDDよりも大容量なHDDに交換することで、容量の拡張も可能

ミラーリングによって容量が心配になった場合にも買い替えの必要がなく、柔軟に対応できる点も大きなメリットです。

価格21,973円(税抜)
容量2TB
本体サイズ8.3cm×14.5cm×18.8cm
対応OSWindows10/Windows8.1/Windows8/Windows7/WindowsVista、Mac OS X 10.8~10.11/iOS 8.0~10/Android 4.4~8.0
タイプ据え置きタイプ
付加機能ミラーリング機能、NAS機能

amazonでレビューを見る

Iさん(30代男性)

ハードディスクを2つ持っているので、いざという時も片方のディスクが生きてたおかげでデータがとばず、無事でした。又、同じタイプを購入しました。

【価格が安い】おすすめの外付けHDDランキング2選

安さで選ぶならポータブルタイプがおすすめ。容量が少なめですが携帯性に優れているので、ここでお伝えするTOP2を参考にしてみてください。

1位:Transcend TS1TSJ25M3S

衝撃に強く処理速度が早いポータブル

『TS1TSJ25M3S』は3つの階層構造になっており、衝撃に強いことが特徴。その衝撃への強さは米軍の落下試験にあたるテストでも確認されているほど。

ほかにもワンタッチでバックアップをとってくれる機能も嬉しいポイント。

正しく取り外した後にパソコンにつなぎなおすことなく、ドライブを認識させるクイック認識機能など、便利に使える工夫もメリットです。

価格5,843円(税抜)
容量1TB
本体サイズ12.95cm×8.08cm×1.61cm
対応OSMicrosoft Windows 7/Microsoft Windows 8/Microsoft Windows 10/Mac OS X 10.7以降/Linux Kernel 2.6.31以降/
タイプポータブルタイプ
付加機能

amazonでレビューを見る

Nさん(20代男性)

このディスクは発熱量がとても少ないのに驚いています。CentOS 7にNTFSでマウントして利用中。もちろん、転送速度も十分満足できるものでした。

2位:I-O DATA EC-PHU3W1

携帯性・デザイン性に優れてたポータブルHDD!

手のひらにおさまるくらいコンパクトな『EC-PHU3W1』は、大容量のわりに携帯性がバツグン

グレイのチェック柄はビジネス用としてもフィットします。バスパワー駆動なのでACアダプターは不要。

USB3.0とUSB2.0の両方で使えるので、複数のパソコンで使いたい場合にも重宝する一台です。

価格6,217円(税抜)
容量1TB
本体サイズ7.5cm×11.2cm×1.4cm
対応OSWindows10/Windows8.1/Windows7 / macOS(10.6~10.13)
タイプポータブルタイプ
付加機能

amazonでレビューを見る

Sさん(30代男性)

各社から同じような大きさで1TBのハードディスクが出ていますが、今まで色々使った中ではよいものだと思います。特にトラブルもなくバックアップ用に使っていますこれと同じものを3つ使い、複数バックアップを取るようにしています。

大容量の外付けHDDで便利にデータ保存!

外付けHDD容量を気にせず色んなデータを保存できれば、後で悔やむことはありません。「あのとき、容量をケチって消さなければ良かった…」と嘆いてもあとの祭りです。

そうなる前に、あなたにとって最適な使い方を把握して、使い勝手の良い外付けHDDを手に入れてください。

貴重な画像や動画を大切に保存して、毎日を安心・快適に過ごしましょう