寝袋おすすめランキング12選|モンベルやコールマンなどのメーカーや寝心地のタイプ別に人気商品を徹底解説

寝袋は、キャンプや登山を楽しむ時に必要なアイテムの1つ。寝心地の良さ持ち運びやすさなど、自分に合った寝袋を選ぶのが一番です。

この記事では、寝袋の選び方やタイプ別の人気商品をランキング形式でご紹介します。納得できる寝袋を見つけて、快適にアウトドアレジャーを楽しみましょう!

まずは、寝袋の選び方を見ていきます。

自分にあった寝袋の選び方

寝袋は形や素材、シーズン別モデル、価格の安さを基準に選ぶのがポイント。以下で詳しく説明します。

寝心地を左右する好みの形を選ぶ

身体にフィットして高い保温性を持つ「マミー型」

身体にフィットして高い保温性を持つマミー型。ミノムシのような形で、折りたためるため持ち運びもしやすいです。

少ない荷物でキャンプや登山を楽しみたい方寒がりな方に。動きにくいのが唯一のデメリット。

身体への密着度が低くゆったりとした寝心地の「封筒・レクタングラー型」

身体への密着度が低くゆったりとした寝心地封筒・レクタングラー型。チャックを広げれば、毛布に近い感覚で使用できます。

商品によっては連結して複数人で使用も可能。保温性が低いため、寒い時期には向いていません。

重視するポイントに合わせた素材を選ぶ

扱いやすさ重視なら洗濯可能な「化学繊維」

扱いやすさ重視なら洗濯可能な化学繊維を。特別な加工がされた化学繊維は、保温性も高く冬の寒さでもへっちゃらです。

ただし、ダウンに比べるとかさばりやすいので、収納性重視の方には不向き。

寝心地重視なら軽くてふわふわな「ダウン」

寝心地重視なら軽くてふわふわダウンがおすすめです。保温性も高く軽量なのもメリット。

水に弱く、きちんと保管しないとカビが発生しやすいです。商品によっては、洗濯できる寝袋もあります。

夏や冬などのシーズンに適応したモデルを選ぶ

夏や冬などのシーズンに適応したモデルを選ぶのも1つの手。寝袋には、快適温度(耐久温度)が記載されています。

これは、寝袋を快適に使用できる目安の温度のことです。「快適温度+5度」で選ぶとストレスなく過ごせます。以下の表もチェックしておきましょう。

シーズン快適温度
5~10度
‐5度以下

価格の安いものを選ぶ

寝袋の相場は、1,000円~30,000円5,000円以下の寝袋を選べば、安い費用で購入できると考えて問題ありません。

全体的に封筒・レクタングラー型が、マミー型よりも安い傾向にあります。

続いて、タイプ別におすすめの寝袋をランキング形式でご紹介します。

【身体にフィットして保温性抜群】マミー型のおすすめの寝袋ランキング3選

身体にフィットして保温性抜群の、マミー型のおすすめの寝袋を集めました。

1位:コールマン 寝袋

保温性の高い独自素材を仕様!上下開け閉め可能なチャックも便利

保温性の高いコールマン独自素材である「coletherm」を使用しています。上下から開け閉めできる2way式のチャックで、生地の挟み込みを防止

ドラフトチューブ寝袋の保温性を高めるのもポイントです。ショルダーウォーマーもあるため、寒いのが苦手な方も安心して夜を過ごせます。

価格9,546円(税抜)
マミー型
素材化学繊維
サイズ幅81×長さ208cm
重さ2.5kg
適応シーズン
快適温度-17.8度以上

amazonでレビューを見る

Tさん(30代男性)

表記は-17度まで、2度ほど使いました、1度目は温度は0度より高かったと思います。セーターで寝たんですが逆に暑くてチャック開けて寝てました。2度目は12月末のふもとっぱら、-10度ほど。中にブランケットさらに1枚入れてちょうどいいくらいでしたね。

2位:モンベル 寝袋 バロウバッグ #3

保温性&速乾性に優れたオールシーズンタイプ

3つの種類が異なる化学繊維「エクセロフト」を使用した商品。汚れたら洗濯でき、乾きやすいのでメンテナンスも簡単です。

糸ゴムのステッチを採用しているため、保温性が高く快眠をサポートしてくれます。オールシーズン使える定番の寝袋です。

価格21,682円(税抜)
マミー型
素材化学繊維
サイズ径18×36cm(7.3L)※収納サイズ
重さ1805g
適応シーズンオールシーズン
快適温度リミット温度:1度/コンフォート温度:6度

amazonでレビューを見る

Nさん(30代男性)

極寒以外はこれでOKです!!低地の冬(-5℃)くらいまでなら、これと厚着と湯たんぽで大丈夫かなとも思います。ストレッチ加工も、大股は広げられませんが極端な窮屈感はありません。安心のモンベルですし、おすすめです!!

3位:ナンガ ダウンバッグ350STD(650FP) レギュラー

コンパクトで3シーズン使いもできる!暖かさも抜群

シングル構造でコンパクト「ナンガ ダウンバッグ350STD(650FP) レギュラー」

3シーズンコンパクトモデルです。650FPのホワイトダックダウン、40dnナイロンを使用しており、暖かさ抜群です。

「羽毛布団のような肌触り」という口コミもあり、リラックスして眠りにつけそうです。

価格27,500円(税抜)
マミー型
素材ダウン
サイズ最大長:210cmX最大肩幅80cm
重さ790g
適応シーズン春~秋
快適温度0度

amazonでレビューを見る

Oさん(30代男性)

もう少し小さくなるともっと使い勝手がいいと思いますが、暖かいので気に入っています。重さは問題ありません。

【身体への密着度が低くゆったりとした寝心地】封筒・レクタングラー型のおすすめの寝袋ランキング3選

身体への密着度が低くゆったりとした寝心地の、封筒・レクタングラー型のおすすめの寝袋を集めました。

1位:コールマン 寝袋 コージーII C5

抗菌加工。横幅84cmでゆったりサイズ

肌触りが良いポリエステル素材を使った「コールマン 寝袋 コージーII C5」抗菌加工されているので、衛生面も保たれます。

横幅84㎝でゆったりサイズなので、圧迫感を感じることなく寝袋に入れるのもメリットの1つ。寝袋内側にはスマートフォンを収納するポケットが付いています。

価格4,533円(税抜)
封筒・レクタングラー型
素材化学繊維
サイズ190×84cm
重さ2kg
適応シーズン春~秋
快適温度5℃以上

amazonでレビューを見る

Kさん(30代男性)

車中泊で使いました。サイズ感も良くぐっすり眠れました。

2位:モンベル ホローバッグ #3

気候に合わせてさまざまな使い方ができる

マミー型の身体へのフィット感と封筒型のゆったり感の良いとこ取りをした「モンベル ホローバッグ #3」

L字ジッパーを広げれば、ブランケットとして使用できます。

濡れても乾きやすいホローファイバー素材は、繊維1本ずつに空気を含んでいるため保温性も大変高いです。

価格5,300円(税抜)
封筒・レクタングラー型
素材化学繊維
サイズ最大長215×80cm
重さ1.36kg
適応シーズンオールシーズン
快適温度コンフォート温度:7度/リミット温度:2度

公式サイトで詳細を見る

Eさん(20代男性)

当方181センチほどありますが、問題なく使用できます。サブの布団代わりおよび野外ベットの上で使用するために、ファスナーがL字型についており入りやすい。

3位:スノーピーク セパレートオフトン1200

セパレートシステム採用で温度調節も楽々

1996年に「オフトンシリーズ」をリリース以来、高い人気を誇っているシリーズの1つ。洗えるダウンとして注目のウォッシャブルダウンを700g使用しています。

夏は足元のファスナーを上下させて通気性を良くし、冬は足元をターンオーバーすれば保温性を高めることが可能。気候に合わせて楽に温度調節できる優れものです。

価格50,728円(税抜)
封筒・レクタングラー型
素材ダウン、化学繊維
サイズ敷・80×210cm、掛・86×200cm
重さ2.6kg
適応シーズンオールシーズン
快適温度‐2度/下限温度‐8度

amazonでレビューを見る

Oさん(30代男性)

マットレスを引けば来客布団としても使えます。セパレートになったり、足のところがジッパーでひらくので厚くてもむれないので夏場もいいですね。

【夏のキャンプ向け】おすすめの寝袋ランキング2選

夏のキャンプ向けにおすすめの寝袋を集めました。

1位:モンベル 寝袋 アルパイン ダウンハガー800 #5

マミー型の定番!独自構造で保温性も高い

マミー型の定番でもあるこちらの寝袋。ボックス構造を寝袋全体に施しているため、保温性も高いです。

斜めのステッチは身体を締め付けずに動きやすいモンベル独自のストレッチシステムである「バイアス・ストレッチ」を採用しています。

価格24,055円(税抜)
マミー型
素材ダウン
サイズφ12×24cm(2.2L)※収納サイズ
重さ439g
適応シーズン
快適温度リミット温度 :5度/コンフォート温度 :9度

amazonでレビューを見る

Kさん(20代男性)

自分はシーツ+下着寝なので+5度計算していますがこれはほぼ夏専用です。キャンプ3シーズンねらいだと#3が無難でしょうか冬キャンプだと#1か#2がいいです。

2位:コールマン パフォーマーIII/C5

生地の両面がポリエステルでふわふわな肌触りが魅力

「コールマン パフォーマーIII/C5」生地の両面がポリエステルなので、ふんわりとした肌触りが安心感を与えます。

薄手なので、夏のキャンプや登山にぴったり同じタイプであれば連結できます。

洗濯機で洗濯できるため、汗をかきやすい夏も清潔な状態を保ちやすいです。

価格5,548円(税抜)
封筒・レクタングラー型
素材化学繊維
サイズ約80×190cm
重さ1.4kg
適応シーズン
快適温度5度以上※使用下限温度:0度

amazonでレビューを見る

Nさん(20代男性)

出すと約80cm×190cmの封筒型で、チャックを全開にすると正方形の布団の様な形になり、暑い時や洗濯時に使い勝手が良いです。春から夏でしたら布団の様に使える機構と相まって最高の使い心地だと思います。

【冬のキャンプ向け】おすすめの寝袋ランキング2選

冬のキャンプ向けにおすすめの寝袋を集めました。

1位:コールマン フリースフットイージーキャリースリーピングバック

冬の大敵の底冷えも解決!フリース素材使用で足元から来る冷え対策

足元にフリース素材を使用して、足元から来る冷えをしっかりガード。使用下限温度が-5度なので、冬のキャンプにもしっかり対応できる商品です。

別売りのキャンパーインフレーターマットを使えばよりゆったり眠ることができます。テント内はもちろん、車中泊する時も使える一品

価格6,347円(税抜)
封筒・レクタングラー型
素材化学繊維
サイズ約84×190cm
重さ2.6kg
適応シーズンオールシーズン
快適温度0度※使用下限温度: -5度

amazonでレビューを見る

Uさん(30代男性)

下半身を入れて椅子に座っているだけで暖かいと好評です。冬は氷点下になることもよくある地域ですが、それでも大丈夫でした。勿論、寝るときも汗が出るくらい保温できるので電気代も節約できます(笑)

2位:スノーピーク シュラフ BACOO

極限温度-14度。極寒の寒さにはこれ一択!

シュラフカバー不要「スノーピーク シュラフ BACOO」底と側面は防水透湿素材を使用しており、汗をかけば通気パネルから排出される仕組み。

肩を包み込む寝袋は、寒い風の影響を受けにくいです。極限温度-14度、下限温度1度、快適温度5度を目安に使用してください。

価格34,800円(税抜)
マミー型
素材ダウン
サイズΦ160×250mm※収納サイズ
重さ830g
適応シーズン春、秋、冬
快適温度5度/下限温度:1度/極限温度:‐14度

amazonでレビューを見る

Sさん(30代男性)

他のメーカーも持っていましたが、暖かすぎて温度調整が難しく、デザインに惹かれて購入しました外気温マイナス2度程で使用しましたが、他の装備も良かったのか暖かくぐっすり寝られました。

【価格が安い】おすすめの寝袋ランキング2選

価格が安いおすすめの寝袋を集めました。

1位:White Seek 丸洗いのできる寝袋

顔周りの保温性もバッチリ。丸洗いできて衛生的

顔周りの空気を外に漏らさないドローコードを取り入れた寝袋です。

生地の噛み込み防止ダブルフェイスファスナーもあるため、長期間使用しやすいメリットもあります。

使用後は、洗濯機で丸洗いできるので衛生面も安心

価格3,273円(税抜)
封筒・レクタングラー型
素材化学繊維
サイズ225cmx75cm
重さ1.8kg
適応シーズンオールシーズン
快適温度0度/限界使用温度‐15度

amazonでレビューを見る

Yさん(30代男性)

寝始めは寒さを感じるものの時間が経つにつれ中も暖かくなり、そのまま朝まで心地よく眠れました。この性能でこの値段であればコストパフォーマンスも良くて満足しています。

2位:CAMTOA アウトドアシュラフ

わずか19cmに圧縮できる。コスパ最強!

専用の収納袋を使えば、わずか19cmコンパクトにできるため持ち運びも楽。320Dのナイロン生地防水性が高く、耐久性もあります。

前後両面ヒンジのデザインを施しており、通気性も良く春~秋のキャンプでも活躍12ヶ月保証も付いているコスパ最強の商品です。

価格2,355円(税抜)
封筒・レクタングラー型
素材化学繊維
サイズ190cm×75cm
重さ680g
適応シーズン春~秋
快適温度15度※最低使用温度:8度

amazonでレビューを見る

Iさん(30代男性)

届いたときは小さくてビックリしましたが、春~夏、初秋あたりまでは使えそうです。私は暑がりなので、ちょどいいい薄さと、足元のチャックが開くので重宝しそうです。6月にキャンプの予定がありますが、かなり活躍しそうで、楽しみです!!

自分にあった寝袋を活用してキャンプでも快適な睡眠を!

登山やキャンプなどアウトドアを楽しむ時期も考えながら、自分にぴったりの寝袋を選ぶのを忘れないようにしましょう。

寝袋の形や使用素材にはそれぞれメリットやデメリットがありますさまざまな寝袋を比較しながら、快適に過ごせる商品を見つけるのがおすすめです。

今回ご紹介した寝袋の選び方やおすすめの商品を参考に、自分自身が求める寝袋とは何か考えてみましょう!