シュラフカバーおすすめランキング10選|ゴアテックスから高コスパアイテムまで!SOLやナンガなどの人気商品

シュラフカバーって必要なのかな?」「どんなものを選べばよいのかな?」とお悩みのあなたはご注目。

この記事では、シュラフカバーの必要性や選び方についてまずレクチャー。続いて、おすすめのシュラフカバーをランキング形式でご紹介します。

あなたにピッタリのシュラフカバーで、天候や気温にかかわらず安心してアウトドアを楽しみましょう

シュラフカバーとは?キャンプに必要?

シュラフカバーとは、シュラフ(寝袋)の外側にかぶせる、防水性のあるカバーのこと。

なくてもキャンプは出来ますが、あるとグッと快適性が向上します。シュラフカバーを使う主なメリットは次の3つ。

保温性が向上する

シュラフカバーを使うことで、シュラフとシュラフカバーの間に空気の層ができるため、保温性が向上します。

気温が0℃以上なら2~3℃、0℃以下なら1~2℃の違いが生まれるとされています。

濡れや汚れから保護できる

シュラフカバーは、濡れや汚れからシュラフを保護します。

雨や結露でシュラフが濡れると、中わたの保温性能が大幅にダウン防水のシュラフカバーを使えば、乾かすチャンスがあまりない連泊や悪天候の登山でも安心です。

飲食物をシュラフにこぼしてしまった場合、放置するとカビの原因に。すぐに洗濯したいものですが、これがなかなかの大仕事です。

シュラフカバーをかけていればサッと拭きとれるうえ、後でカバーだけ洗えばよいので便利です。

単体でも使える

シュラフカバーは、暖かい季節にはシュラフなしで単体の使用も可能。

特に荷物を減らしたい登山では、シュラフ本体を省くことでかなりの負担減に。非常時のビバークサックとして使うこともできます。

続いて、あなたにピッタリのシュラフカバーの選び方をお伝えします!

シュラフカバーの選び方

シュラフカバーは「レイヤー数」「防水性」「素材」「自分のシュラフに合うかどうか」を基準に選ぶのがポイント。各要素について、以下で詳しくご説明します。

使用シーンに応じたレイヤー(層)数で選ぶ

シュラフカバーには、大きく分けて2レイヤーのものと3レイヤーのものがあります。使用シーンに適したものを選びましょう。

2レイヤーと3レイヤーの中間の2.5レイヤーや最近出回っている特殊フィルムも含めて、4種類の特徴と使用シーンを表にまとめました。

レイヤー数特徴と使用シーン
2レイヤー表生地ナイロン・防水透湿素材の2層。裏地がない分軽量・コンパクト。荷物を減らしたいシーンに。
2.5レイヤー表生地ナイロン・摩耗強度強化加工を施した防水透湿素材の2.5層。荷物を減らしつつも耐久性のあるものが欲しい場合に。
3レイヤー表生地ナイロン・防水透湿素材・裏地の3層。内側の耐摩耗性に優れるため、単体での使用にも適する。
特殊フィルム軽量で比較的安価。体温を反射するコーティングが施されていることが多く暖かい。防水効果は限定的。防災の備えとしても。

用途に合わせた防水性で選ぶ

シュラフカバーは大きく分けて「完全防水」と「簡易防水」のものがあります。用途に適したものを選びましょう。

防水性特徴用途
完全防水高性能の防水生地・縫い目のシームテープ処理冬季や梅雨、連泊など
簡易防水防水または撥水生地・シームテープ処理なし。軽量で安価汚れ防止や保温性を少し上げたい

耐水圧は、濡れた地面からの浸み込み防止の視点でチェックを。

体重75kgの人が濡れた地面に座るときの圧力が約2,000mm、膝をつくときの圧力が約11,000mmとされています。

透湿性と耐久性を左右する素材で選ぶ

画像の引用元

シュラフカバー選びでは、素材も外せないポイント。防水性だけでは内側に結露が発生し結局濡れてしまうので、透湿性にも優れている素材がおすすめです。

「ゴアテックス」は優れた防水透湿性を持つ素材で、比較的高価です。各メーカーがポリウレタン系防水透湿素材を独自に開発しており、比較的安価に手に入るものも。

ただしポリウレタン系防水透湿素材は、使用状況にかかわらず経年劣化しやすく、製品寿命は5年程度とされています。

一方ゴアテックスの製品寿命はもっと長く、10年使っているという人も多数。自分の使用目的や頻度に合わせて検討しましょう。

自分のシュラフに合わせたものを選ぶ

シュラフカバーを選ぶときには、かぶせる予定の自分のシュラフに合うものを選びましょう。

サイズや形が合わないと、必要以上に空間が開いてしまったり、逆に中わたがつぶれてしまったりして保温性が損なわれます

伸縮性をウリにしているシュラフは、カバーをかぶせることで伸縮性が失われます伸縮性のあるカバーか、大きめのものを選ぶとよいでしょう。

ジッパーの向きにも注意を。左開きのシュラフに右開きのシュラフカバーをかけてしまうと開けられず、出入りや温度調整が不便になります

それでは、おすすめのシュラフカバーをランキング形式でご紹介します。あなたのキャンプスタイルにピッタリのシュラフカバーを見つけましょう!

シュラフカバーおすすめランキング10選

おすすめのシュラフカバーを10アイテムご紹介します。

1位:SOL(ソル) エスケープヴィヴィ

高い保温効果で荷物を減らせる!多用途に使えるのも魅力

高い保温効果を求める方におすすめなのが、SOLの「エスケープヴィヴィ」。内側にアルミ蒸着加工が施され、体熱の70%を反射します。

かなり冷え込む環境下でもダウン上下を着込んで寝られる」「かさばる冬用シュラフを持たずにすむ」と高評価。

もともと非常用のサバイバル製品で、多用途に使いまわせるのも魅力。

単体で、インナーシーツとして、フロアレスシェルターでのフロアの代用としても活用されています。

夏も冬も万能に役立つ優秀アイテム、1つ持っておいて損はありません!

価格5,041円(税抜)
メーカーSOL
使用サイズ213×81cm
収納サイズ直径11×17cm
重量241g
素材アルミ蒸着加工を施した特殊フィルム+ポリエステルシート
レイヤー数2レイヤー
耐水圧撥水加工のみ

amazonでレビューを見る

Tさん(20代男性)

シュラフだけより2~3℃は暖かく感じられました。軽くてコンパクトです。

2位:ナンガ(NANGA) SLEEPING BAG COVER シュラフカバー レギュラー

しっかり防水透湿できてコンパクト。高品質・低価格

「ナンガ」のスリーピングバッグカバーは、しっかり防水透湿できて持ち運び便利な1枚。

独自の防水透湿素材「オーロラテックス」を使用し、耐水圧20000mmの高スペック。2レイヤーなので小さくまとまります

防水性・縫製は完璧」とのコメントがある通り、低価格に抑えながらも高品質には定評あり。

天気や気温が心配なとき、迷わず荷物に入れられる1枚をお探しならぜひチェックを。

価格7,000円(税抜)
メーカーナンガ
使用サイズ最大210cm
収納サイズ直径12×20cm
重量400g
素材40dnオーロラテックス
レイヤー数2レイヤー
耐水圧20000mm

amazonでレビューを見る

Sさん(20代男性)

とても良いものでした。防水性、縫製は完璧です。買ってよかった。

 

3位:イスカ(ISUKA) ゴアテックス シュラフカバー ウルトラライト

安心して任せられる1枚。耐久性抜群で通年活躍してくれる

浸水や結露が命取りになる積雪期の登山でも、イスカの「ゴアテックスシュラフカバー ウルトラライト」なら安心して任せられます。

あるとないとでは暖かさが段違いで必携品」「シングルウォールテントでも寝袋を濡らさず守ってくれる」と高評価。

少しお値段は張りますが、経年劣化しにくいゴアテックスなので長期間愛用OK

3レイヤーで夏はシュラフカバーだけで寝ることも可能オールシーズン活躍可能でコスパは決して悪くありません

超軽量な15Dナイロン素材で、3レイヤーながら重量も控えめ絶対信用できる1枚が欲しいあなたにおすすめです。

価格17,728円(税抜)
メーカーイスカ
使用サイズ肩幅87×全長209cm
収納サイズ7×8×25cm
重量380g
素材15デニールゴアテックス
レイヤー数3レイヤー
耐水圧記載なし(完全防水)

amazonでレビューを見る

Kさん(20代男性)

素晴らしいと思う。シングルウォールテントで結露がありましたが、この製品がしっかりと結露から守ってくれました。軽量でコンパクト収納です。

4位:モンベル ブリーズ ドライテック プラス スリーピングバッグカバー

抜群の通気性で蒸れない!サラッとドライな寝床をキープ

シュラフカバー内が蒸れるのが絶対にイヤという方には、モンベルの「ブリーズドライテックプラス」スリーピングバッグカバーがおすすめ。

透湿性と通気性に特に優れたモンベル独自の素材で、サラッとドライな寝心地をキープします。

風船のように空気をためると音もなく空気が抜けていく通気性の良さ。気温が低い時でも、シュラフが湿気でしぼみ寒い思いをする心配はありません。

良い寝袋を使っている方は特に、良いカバーで実力を発揮させてあげましょう!

価格17,800 円(税抜)
メーカーモンベル
使用サイズ最大長224×最大幅77cm
収納サイズ8×5×18cm
重量180g
素材ブリーズドライテックプラス
レイヤー数2レイヤー
耐水圧20,000mm以上

公式サイトで詳細を見る

5位:SOL(ソル) サバイバル エスケーププロヴィヴィ

水浸しでも寝れる完全防水!同じシュラフでもグッと暖かく寝られる

テント中水浸しでも寝れる!」と防水性能に絶大の信用有りなのが、SOLの「 エスケーププロヴィヴィ」。

大人気のSOLエスケープシリーズを完全防水にした上級モデルです。

内側の体温反射性能も90%とパワーアップ。同じシュラフを使っている他の人が寒さで起きてしまう時でも、自分は安眠できたというコメントも。

厳しい環境でのサバイバルを楽しむ方におすすめです!

価格17,500円(税抜)
メーカーSOL
使用サイズ213cm×81cm
収納サイズ11cm×17cm
重量227g
素材シンパテックス、リフレクション加工
レイヤー数2レイヤー
耐水圧記載なし

amazonでレビューを見る

Nさん(20代男性)

テントの中でしか使ったことはないのですが、シュラフの快適温度が上がると思います。 同じシュラフを使っている他の人が寒さで起きてしまうような時でも、安眠できました。

6位:イスカ(ISUKA) ウェザーテック シュラフカバー スーパーライト

コスパ最強の3レイヤー。ゴアテックスに比肩するスペック

ゴアテックスは予算的に厳しい、という方からも熱い支持を集めているのが、イスカの「ウェザーテックシュラフカバー」。

イスカ独自の防水透湿素材ウェザーテック使用の3レイヤー単体でも使え、3シーズンガンガン活躍します。

インナーシュラフを使えば冬キャンプにもOK

低価格帯のシュラフと組み合わせることで、ダウンシュラフに買い換えなくても予算を抑えてグレードアップできるというコメントも。

ゴアテックスからの買い替えだが性能の差は特に感じない」という声もあるほどの高スペック。高コスパを追求するなら要チェックの逸品です!

価格10,000円(税抜)
メーカーイスカ
使用サイズ84×209cm
収納サイズ8×8×22cm
重量410g
素材ナイロン(ウェザーテック)
レイヤー数3レイヤー
耐水圧記載なし

amazonでレビューを見る

Gさん(20代男性)

3レイヤーなので単体で使える所が気に入りました。重宝してますよ。

7位:モンベル ブリーズ ドライテック スリーピングバッグカバー

驚きの軽さ180g。リーズナブルで入門にもおすすめ

180gと驚異の軽さを実現しているのが、モンベルの「ブリーズドライテック」スリーピングバッグカバー。

モンベルのレインウェアにも使われている、独自開発の防水透湿素材を使用。長さがしっかりあるので、背の高い方やゆったり使いたい方にもおすすめです。

有名アウトドアブランドながらリーズナブルな価格にも注目。初めてのシュラフカバーにもピッタリです。

価格11,000円(税抜)
メーカーモンベル
使用サイズ最大長224×最大幅77cm
収納サイズ8×5×18cm
重量180g
素材ブリーズドライテック
レイヤー数2レイヤー
耐水圧20,000mm以上

公式サイトで詳細を見る

8位:oxtos(オクトス) NEWシュラフカバーライト

必要十分なスペックに絞り軽量・低価格を実現

オクトスの「NEWシュラフカバーライト」は必要十分なスペックに絞ることで、価格と重量をギリギリまでおさえた実用的なシュラフカバー。

耐水性の必要な頭部・背面部・底部だけに耐水圧10000mmの生地を使用。透湿度の求められる上面には透湿性の高い素材を配置しています。

ゴアテックスは極寒の時だけ、それ以外はこれを使う」との声もあり、使い勝手の良さがうかがえます。

シュラフカバーを試してみたい方、ビバーク用を兼ねて携帯したい方にもおすすめです!

価格6,500円(税抜)
メーカーオクトス
使用サイズ202×83×53cm
収納サイズ17×12×7.5cm
重量約280g
素材30デニールナイロン・ 15Dリップストップナイロン
レイヤー数2レイヤー
耐水圧ネイビー部分10000mm・グリーン部分1000mm

amazonでレビューを見る

Fさん(20代男性)

小さくなって蒸れもなく、夏のアルプスなら十分です。

9位:[MURACO(ムラコ)] Tyvek Sleeping Bag Protector SL001

スタイリッシュで実用的なタイベック製シュラフカバー

特殊フィルム「タイベック」のシュラフカバーの中でも、ひときわスタイリッシュだと評判なのが「ムラコ」のスリーピングバッグプロテクター。

宇宙服のような質感になりがちなタイベックですが、モノトーン基調のデザインが得意なムラコはおしゃれに仕上げています。

脱着しやすいセンタージップ、各メーカーのシュラフに合わせられる開口部のドローコードなど実用性も抜群。

軽量で安価なので、サブや予備用にもおすすめです。

価格6,500円(税抜)
メーカームラコ
使用サイズ86×220cm
収納サイズ9×15cm
重量202g
素材タイベック(ポリエチレン)
レイヤー数1(特殊フィルム)
耐水圧記載なし

amazonでレビューを見る

Aさん(20代男性)

開口部が広く開くので、テントやハンモックの狭い空間で位置が決まらずイライラせずにいいのでラク。

10位:finetrack(ファイントラック)FAG0533 エバーブレススリーピングバッグカバー

いいとこどりの2.5レイヤーで単体使用も収納性も実現

単体で使える3レイヤー」と「小型軽量2レイヤー」の間で悩んでいる人におすすめなのが、ファイントラックの「エバーブレススリーピングバッグカバー」。

メーカー独自開発の防水透湿素材「エバーブレス」使用の2.5レイヤー

耐水圧10000mm以上、単体使用可能というスペックながら「超小型収納で驚き」「軽さは2レイヤー並み」と絶賛されています。

本格的なキャンプや登山に取り組む方のわがままをかなえてくれる、いいとこどりの優秀アイテムです。

価格17,500円(税抜)
メーカーファイントラック
使用サイズ80×205cm
収納サイズ直径9.5×13cm
重量264g
素材エバーブレス(R) 3D
レイヤー数2.5
耐水圧10000mm以上

amazonでレビューを見る

Mさん(20代男性)

超小型収納で驚きです。夏用シュラフしか持っていないので、レイヤリングを考えて購入しました。小さいし軽いです。早速秋山テント泊に使ってみます。

シュラフカバーは自作できる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rie Sato Sugi(@rie.s.s1128)がシェアした投稿

コスパを求めてシュラフカバーを自作するキャンパーも。

防水透湿特殊フィルムの「タイベックス」は、実は建築用防水シートとしてホームセンターなどで購入可能です。

1m幅なら、長さは身長の倍あれば十分。手持ちのシュラフの中に詰め物をして立体的にし、タイベックスシートをかぶせるようにして採寸するのがおすすめ

ミシンで縫っても、補強用テープやボンドを利用してもOKです。

購入場所にもよりますが、原価1,000円~2,000円程度で出来るという声が多数。

ドローコードやゴムをいれたり、余った生地でスタッフバッグを作ったりと工夫も楽しめます。DIYや裁縫に興味のある方はトライしてみましょう。

シュラフカバーをつけて快適に熟睡しよう!

シュラフカバーは、アウトドアでの安眠を格上げしてくれる優秀アイテム

なくても済ませられるからと迷っていたあなたも、この機会にぜひステップアップしてみましょう