グランドシートおすすめランキング10選|冬や雨でも快適なキャンプに!あなたのテントにぴったりの人気商品

寒い季節や雨の日のキャンプを快適にする「おすすめのグランドシートを知りたい…」という方は必見です。

この記事では、グランドシートのおすすめの商品をランキング形式でご紹介します。

グランドシートとは何か?」といった基本から、ベストなグランドシートの選ぶ基準までわかりやすく解説。キャンプ初心者もぜひ参考にして、素敵なキャンプライフにお役立てください。

まずは、グランドシートの概要からご紹介します。

そもそもグランドシートとは?

グランドシートとは、テントの下に敷くシートのこと。テントの下を守ったり、地面からの湿気を防いだりするので、キャンパーに重宝されています。

ほかにもレジャーシートやタープとしての活用など、様々な使い道があります。

続いて、テントライフの質を上げるためのグランドシートの選び方をご紹介します。

テントライフの質を上げるグランドシートの選び方

グランドシートは、サイズ用途携帯性などを基準に選ぶことがポイント。以下で詳しくご説明します。

手持ちのテントに合わせた「サイズ」で選ぶ

グランドシートは、テントよりも10cm程度小さいサイズを選びましょう。これよりも小さすぎると、テントの底を充分にカバーできません。

反対に大きすぎる場合には、雨が降ったときなどにシートに水が溜まりテント内に水が入ってくることがあります。

グランドシートのサイズを豊富に出しているメーカーもあるので、チェックしておきましょう。

用途に合わせた「素材」で選ぶ

タープ使いもできておしゃれな「化学繊維」

化学繊維のグランドシートはハトメがついていることが多く、タープとしても使えることが多いです。

小さくまとめられたりおしゃれな柄が多いことも化学繊維のグランドシートの特徴。

また、防水加工されているケースが多いです。化学繊維の素材の代表例としては、ナイロンポリエステルオックスなどがあげられます。

激しい天候にも対応できる「合成樹脂」

合成樹脂のグランドシートは浸水の恐れがなく、化学繊維よりも安い傾向があることがメリット。

ただし、バリバリとして触り心地に不快感を覚える人もいるので好みに合わせて検討してください。

合成樹脂の素材にはPE(ポリエチレン)PVC(ポリ塩化ビニル)などがあります。

耐久性を左右する「繊維の太さ」で選ぶ

繊維が太いほど耐久性に優れているとされています。繊維の太さはを表す際には「210Dポリエステルオックス」など「D」で表されます。

この「D」は、太さの単位「denier(デニール)」の頭文字をとったもの。

繊維が太くなるほど重くなるため、携帯性との兼ね合いをふまえてグランドシートを選びましょう。

雨が降っても荷物が濡れない「耐水性」で選ぶ

それほど雨の心配がない場合は、耐水性1,500mm以上のグランドシートがおすすめです。

一方で雨がたくさん降りそうな場合は、耐水性2,000mm以上を目安に選びましょう。

耐水性が低いほど水を通しやすいので、テント内が水浸しになる恐れがあるので気を付けてください。

携帯性を左右する「収納サイズ」で選ぶ

グランドシートは、携帯性を左右する収納サイズで選ぶのも大切。どれくらいのグランドシートなら余裕をもって運べるのかを確認しておくと、身動きがとりやすくなります。

とくに登山など、持てる荷物を極力少なくしたい場合には、携帯性は重要です。グランドシート自体に収納ポケットがついているものもあるので、チェックしておきましょう。

早速、キャンプや登山に役立つグランドシートをランキング形式でご紹介します。

キャンプや登山を快適にするグランドシートおすすめランキング10選

アウトドアをもっと充実させるため、おすすめのグランドシートTOP10をご紹介します。

1位:コールマン マルチグランドシート /270

高い耐水性とタフさが魅力!総合力の高いグランドシート

コールマンの「マルチグランドシート /270」は耐水性が高いことで定評があるグランドシート。約2,000mmの耐水圧でしっかりとテントを水から守ってくれます。

また、繊維の太さも210Dとガッチリしているため、テントの底をしっかりとガード。「少々高いと思ったけど、使ってみたらコスパの良さを感じた」との口コミも。

高品質なグランドシートで快適にアウトドアを楽しみたい方にピッタリです。

価格5,436円(税抜)
メーカーコールマン
使用サイズ約250×250cm
収納サイズ約35×25cm
材質210Dポリエステルオックス
耐水性約2000mm 
サイズ展開240・270・300・325
付属品メッシュ収納ケース

amazonでレビューを見る

Nさん(30代男性)

コールマンウェザーマスター270に使用。濃い目の暗い緑ですが、ウェザーマスターにも合います。サイズは一回り小さく作ってありはみ出す事は無くぴったりという感じです。あとブルーシートにない満足感、所有欲が満たされます。ブルーシートはちょっとという方にも最適です。

2位:コールマン(Coleman) マルチグランドシート/ティピー325

薄いのに頑丈なグランドシート!耐水性もバッチリ

「マルチグランドシート/ティピー325」は、薄いのにしっかりと水気を防いでくれるグランドシート。耐水圧は約2,000なのに収納時には43×22cmサイズになり、重さも約800gなので持ち運びもらくらく。

テント内の浸水はほとんどなかったのに、グランドシートの底はびしょびしょだったとの口コミも。それくらい水気をしっかり防いでくれることがわかります。

とくにティピー325にはベストフィットのサイズなので、あわせてティピー325をお使いの方におすすめです。

価格9,073円(税抜)
メーカーコールマン
使用サイズ約310×215cm
収納サイズ約43×22cm
材質210Dポリエステルフォックスフォード
耐水性約2000mm 
サイズ展開
付属品収納ケース

amazonでレビューを見る

Rさん(30代男性)

薄手シートなのにかなりしっかりしてますので丈夫そう。先日キャンプで連泊しましたが撤収の時、テント底に水滴が驚くほどついておらず、代わりにグランドシートの下はびっしょり。本当に使っていてよかったなとその時思いました。やはり純正は違いますよ。

3位:スノーピーク(snow peak) ランドロック グランドシート(TP-670-1)

耐水圧1,800mm&PUコーティングで水分をしっかりガード!

「ランドロック グランドシート(TP-670-1)」は、耐水圧の高さとPUコーティング加工が強みのグランドシート。

強烈な雨に見舞われた際「他の部分は水たまりになっていたのに、グランドシート部分は浸水されなかった」との声もあがっているほど。

もちろん水気だけではなく、傷や冷気などもしっかりとガードしてくれます。スノーピークのランドロック製品にピッタリとはまるので、ランドロックユーザーの方はとくに必見です。

価格9,800円(税抜)
メーカースノーピーク
使用サイズ345×215cm
収納サイズ
材質210Dポリエステルオックス
耐水性1,800mm 
サイズ展開
付属品収納ケース

amazonでレビューを見る

Fさん(20代男性)

期待どおり。比較的高価な物なので、代替え品にしようかとも検討しましたが、購入した結果、期待どおりの商品で、ちょうどテントに固定しやすく正解でした。それにグランドシートはテント自体を守る意味でも使用すべきだと思います。

4位:ロゴス Tepeeグランドシート

水気やデコボコ感を軽減!塗れてもすぐに乾くグランドシート

ロゴスの「Tepeeグランドシート」は、地面の水分をガードしつつ、すぐに乾くことが大きな特徴。びっしょりと塗れたグランドシートも、1時間ほど天日干しするとカラッカラに乾いたとの口コミも。

もちろん石などによる不快感も防いでくれるので、雨の日以外にも活躍してくれます。

キャプテンスタッグua16に使っている」との声もあり、ほかのメーカーのテントとの相性も期待できるグランドシートです。

価格4,528円(税抜)
メーカーロゴス
使用サイズ約380×325cm
収納サイズ約19×29×6cm
材質PEラミネートクロス
耐水性
サイズ展開
付属品

amazonでレビューを見る

Eさん(30代男性)

小雨程度でしたが防水バッチリでした。これがないとしたからの湿気で大変なことになっていたと思います。撤収の時には水滴が裏面にしっかり付いてました。色が黒なので晴れていれば暑くなりすぐに乾きます。9月、直射日光で1時間くらいでカラカラに乾燥しました。

5位:キャプテンスタッグ UA-4522 テントグランドシート200

ツーリングにも役立つ!持ち運びに便利なグランドシート

小さいサイズ展開がされており、収納バッグもついているキャプテンスタッグの「UA-4522」。

「10日間のツーリングでも便利に使えた」との口コミも。もちろん耐水性や強度も充分

大雨の日のキャンプでもしっかりとテントを守ってくれたとの声もあがっています。千円台で買えるため、コスパの高さに満足する人も多数。

価格1,861円(税抜)
メーカーキャプテンスタッグ
使用サイズ約187×187cm
収納サイズ
材質ポリエチレン
耐水性
サイズ展開200・210・220・240・270
付属品収納バッグ

amazonでレビューを見る

Fさん(30代男性)

大雨でも平気だし、何より設営簡単!初キャンプで大雨の日に使用しました。大雨で不安でしたが、浸水も透過も無く、防水性十分でした。収納も付属の袋にコンパクトに入れられたので問題なしです。

6位:AMOON グランドシート 200×200

コスパ抜群!タープとしても使える使い勝手の良いグランドシート

格安のグランドシートを探している方におすすめです。多機能でいろんな使い方ができることも人気の一因。

固定用や小物入れなどに使えるコーナーポケットや金属製のハトメ穴など、ちょっとした工夫が嬉しいグランドシートです。

タープやレジャーシートとしても使う人も。防水加工とあわせて、背面にはシルバーコーティングが施されているので、水対策もバッチリ。

UVカット効果もあるとされており、コスパ抜群のグランドシートといえます。

価格1,727円(税抜)
メーカーAMOON
使用サイズ約200×200cm
収納サイズ約11×25×5cm
材質・表地:210Dオックスフォード布生地

・裏地:シルバー防水コーティング

耐水性
サイズ展開
付属品収納袋、ペグ、カラビナ

amazonでレビューを見る

Uさん(30代男性)

レジャーシートとしてもグランドシートとしてもタープとしても使えると思うので1つあれば絶対良いです。もうちょっとペラペラな感じかと思いましたがそうでもなく強度とコンパクトさを考えたらちょうどよい厚さかもしれないです!

7位:Kiranic グランドシート 140*180cm

手のひらサイズに収納可能!水気・風対策も可能なグランドシート

約10.5×13cmと手のひらにおさまるサイズに折りたためるグランドシート防水加工が施されているうえ、付属のペグを打てば強風のときでも使えます

グランドシートとして使った際に「隅にあるポケットに石を入れて重りにした」との口コミも。生地の強さも優れており、価格以上の機能性を備えているといえるでしょう。

価格1,319円(税抜)
メーカーKiranic
使用サイズ約180×140cm
収納サイズ約10.5×13cm
材質高密度ナイロン
耐水性
サイズ展開
付属品収納バッグ、ペグ、カラビナ

amazonでレビューを見る

Iさん(40代男性)

四隅に石などの重りを入れるポケットがある他、付属のペグで飛ばされないようにできるのも◎薄いですが格子状に繊維が織り込まれていてリップストップ生地になっています。グランドシートとして使用しましたが、防水性もかなりしっかりしたものでした。畳むとかなりコンパクトになるのも◎

8位:GEERTOP グランドシート

しっかりとテントを守る!分厚くて水洗いができるグランドシート

表面には防水性耐久性に優れた600Dオックスフォード生地、 裏面にはPVC接着剤塗装がされ、摩耗や湿気に強くなっているグランドシート。

分厚いので地面が少々デコボコしていてもお尻が痛くならず、グランドシート自体への傷も少ないことが強み。汚れにくいうえに、水洗いができるので清潔感を保てることもメリット。

ペグうちもできるので、安定感を強めることもできます。付属の収納袋に入れれば持ち運びやすくなりますが、分厚いので1.185kgの重さがある点には要注意。

価格1,909円(税抜)
メーカーGEERTOP
使用サイズ約210x145cm
収納サイズ約23x13x9cm
材質600Dオックスフォード生地+ PVC接着剤
耐水性
サイズ展開
付属品収納袋

amazonでレビューを見る

Rさん(20代男性)

テントのグランドシートとして購入。濡れても表面まで染みて来ず、テントも濡れなくていいです

9位:ロゴス テントぴったりグランドシート・XL

大雨や冷気をガード!らくらく設置のグランドシート

かんたんに取り付けられて、大雨や冷気からしっかりと守ってくれるロゴスの「テントぴったりグランドシート」。

地面とフロアシートの間に敷いて、テントフレームにひもを結び付けるだけで完成です。

11月のキャンプでも地面からの冷気を感じなかった」「2泊3日で大雨が何度か降っても水が染みなかった」との口コミも。

4つのサイズ展開がされているので、テントにあわせやすいところも嬉しいポイントです。

価格3,164円(税抜)
メーカーロゴス
使用サイズ約250×250cm
収納サイズ約29×19×6cm
材質PEラミネートクロス
耐水性
サイズ展開L・M・WXL・XL
付属品

amazonでレビューを見る

Sさん(20代男性)

しっかりとした作りで、とても良かったです。2泊3日で、何度か強い雨も降りましたが、テントに染みることなくぐっすり眠れました

10位:ibeamed 5角形 グランドシート ペンタゴンタープ キャンプ 435 415

防水性&耐久性に優れた5角形グランドシート

5角形のテントに使えるタフなグランドシート。PU210Dオックスフォード生地が使われているので、水対策もバッチリです。

その機能性は「地面がぬかるんでいても水が染みてこなかった」「雨の日のお座敷スタイルでも大丈夫だった」との口コミがあがるほど。

サラサラとした面と滑りにくい面があるので、自分好みの面を使っている人も。

ペグ打ちして安定性を求めるキャンパーもいるなど、使い勝手に優れたグランドシートといえます。

価格4,982円(税抜)
メーカーibeamed
使用サイズ1辺270cmの5角形タイプ
収納サイズ約25×40cm
材質PU210Dオックスフォード生地
耐水性
サイズ展開
付属品収納ケース

amazonでレビューを見る

Nさん(30代男性)

今回はこのグランドシートを使って設営。立ち上げテープを張って良い感じに設営完了。この設営方法はかなり楽。撤収時も幕を汚さないで撤収できるのも嬉しい

グランドシートは自作・代用できる?

グランドシートはブルーシートなどでも自作・代用できます。防水性に優れたブルーシートを選び、地面がさほどデコボコでない場合には充分という人も

グランドシートが高いと感じる方は、ブルーシートでの代用も検討してみましょう。キャンプ用品との色合いを考えるなら、グリーンシートがおすすめです。

ユタカ #3000ODグリーンシート

コスパ重視のキャンパーが愛用!草木になじむグリーンシート

グリーンシートは防水加工が施されている格安シート。ビニールシートより厚み・耐久性があることが特徴です。

ミリタリーっぽい色なので、グランドシートを格安で使いたい方におすすめ。

ブルーシートをグランドシートとして使うと色合いが合わなかったり、安っぽさが目立ったりと、微妙な感じ…と思っている人は要チェックです。

価格538円(税抜)
メーカーユタカメイク
使用サイズ約180×270cm
収納サイズ
材質ポリエチレン製防水ラミネートシート(ODG)
耐水性
サイズ展開180×180・180×270・270×360・360×540・540×540・540×720・720×900・1,000×1,000
付属品

amazonでレビューを見る

Tさん(30代男性)

テントのグランドシート用に購入しました。厚みもありとてもしっかりしてます。先日のキャンプで雨が降りましたが、しみ込んでくることもありません。しっかりしている分、重みもあります。

おすすめのグランドシートで冬でも雨でも快適なテントライフを!

グランドシートを活用すれば、寒い時期や雨に見舞われたときにも快適に使えます。

大きさや使い方持ち運びの利便性を基準に考えれば、あなたにピッタリのグランドシートが見つかるでしょう。

グランドシートが高いと思った方は、ひとまずグリーンシートで代用するのもひとつの手

あなたにとってベストなグランドシートを見つけて、テントライフをより快適にしてくださいね。