ガソリンストーブおすすめランキング10選|アウトドアの暖房も調理もおまかせ!燃料・構造別に最強商品を徹底比較

寒い時期のアウトドアを快適にするために、ガソリンストーブの購入を考えている方もいるでしょう。

火力が強いガソリンストーブは、アウトドア時に身体を暖めたり、調理したりする時に大活躍

購入前にガソリンストーブの使い方や選び方を知っておくと、自分が求める商品を手に入れることができます。

今回は、燃料や構造別におすすめのガソリンストーブをランキング形式でご紹介します。

まずは、ガソリンストーブの概要から見ていきましょう。

ガソリンストーブとは?どんな仕組みになっているの?

メイン燃料にホワイトガソリンを使用する「ガソリンストーブ」。ホワイトガソリンはアウトドア専門店やホームセンターで購入可能です。

車のガソリンを使用するには、マルチフューエル対応のものを選びます。ガスストーブと比べ、気圧や気温により火力が低下しにくく寒い時期も快適に過しやすいのが特徴。

使用前に液体のガソリンを気化し点火する作業として、プレヒートポンピングを行います。ガソリンストーブ好きにとっては心躍るひと時です。

続いて、ガソリンストーブの選び方をご紹介します。

初心者でも失敗しないガソリンストーブの選び方

ガソリンストーブは、構造や利便性、付属品を基準に選ぶのがポイント。以下で詳しく説明します。

分離型か一体型の構造で選ぶ

できるだけ荷物をコンパクトにしたい人は「一体型」

燃料タンクと五徳「一体型」になっているガソリンストーブは、荷物をコンパクトにしたい人におすすめ。ツーリングや登山などのアウトドアを楽しむ時も場所を取りません。

重さも500g程度なので持ち運びやすいのが特徴。1人で使用するには困らない火力です。

調理時に強い火力が欲しい人は「分離型」

火力重視の人燃料タンクと五徳が別「分離型」を選びましょう。調理メインで使うには十分な火力です。

2人以上で使用するには、湯沸かしや暖取りの効率アップが見込めるこちらのタイプがおすすめ。燃料タンクのサイズが大きいので、持ち運ぶのには向いていません。

利便性重視ならレギュラーガソリン対応の「マルチフューエルタイプ」を選ぶ

最近は新型ガソリンストーブとして高い利便性を持つ、マルチフューエルタイプが増えてきました。

ホワイトガソリンはもちろん、灯油や車で使用するレギュラーガソリンが使えるのが魅力です。

通年アウトドアを楽しむ場合も、季節に合わせて燃料の使い分けができるためアウトドアをゆったり楽しみやすくなります。

初心者は付属品の充実したものを選ぶ

初心者のうちは付属品が充実したガソリンストーブを選ぶのが無難です。燃料タンクを自分で用意しなければいけないこともあります。

すぐに使いたい場合は、燃料タンクは付いてくるのか確認しましょう。収納袋やメンテナンスキットなど、付属品が充実したものを選べばアウトドアをより一層楽しめます

続いて、構造別におすすめのガソリンストーブを見ていきましょう。

【荷物をコンパクトにしたい人向け】一体型のガソリンストーブおすすめランキング4選

荷物をコンパクトにしたい人におすすめの一体型のガソリンストーブをご紹介します。ツーリングや登山で持ち運べるガソリンストーブを探している人は参考にしましょう。

1位:コールマン スポーツスターII

アウトドアで1年中使えるガソリンストーブ

「コールマン スポーツスターII」は、ホワイトガソリン無鉛ガソリンの2種類に対応。燃料切り替えができるので、気候に合わせた快適なアウトドアを楽しむことができます。

重さは1kgと一体型にしては少し重めです。リュックサックに入れて持ち運ぶのであれば、さほど負担になりません。

最大2時間使用できるため、長時間使いたい時にも役立ちます。ハイパワーの商品なので、暖をとるのはもちろん簡単な料理も作ることが可能です。

価格12,255円(税抜)
メーカーコールマン
燃料マルチフューエル(ホワイトガソリン、無鉛ガソリン)
構造一体型
収納サイズ16×16×18cm
重さ1,000g
付属品本体・取扱説明書(英語)・給油用ジョウゴ

amazonでレビューを見る

Kさん(30代男性)

440に比べボディが低く直径も大きいため、地面に置いたときの安定感が高いです。火力の安定も早いです。説明書は英文ですが、操作方法は同じなので、説明書を読まなくても全く違和感なく使えました。

2位:オプティマス ガソリンストーブ 123R

金色ボディが輝く昔ながらの商品

小型ガソリンストーブと言えばすぐに名前が出るくらい有名な「オプティマス ガソリンストーブ 123R」。オプティマスでは、この商品を100年以上作り続けています

輝く金色ボディ長く使えば使うほど、特別感が出てくるのが特徴。ホワイトガソリンのみの使用で最大2時間使用可能

実用性よりもデザイン重視でガソリンストーブを選びたい人におすすめです。

価格12,037円(税抜)
メーカーオプティマス
燃料ホワイトガソリン
構造一体型
収納サイズ10x13cm
重さ550g
付属品本体・取扱説明書

amazonでレビューを見る

Iさん(30代男性)

使用した感覚ではコールマンと比べ火力は半分以下ですが、着火が容易で火力調整もしやすいので、大火力が必要な場合コールマン、それ以外はSVEAと言った具合に家庭用のガスコンロの様に、目的に応じて使い分けが出来て便利です。

3位:BRS 一体防風ガソリンストーブ

軽量×手頃で初心者に優しいガソリンストーブ

マルチフューエルタイプのガソリンストーブである「BRS 一体防風ガソリンストーブ」560g軽量なだけでなく、値段も5,000円程度ガソリンストーブ初心者にうってつけの商品です。

予備ポンプカップメンテナンス工具など付属品も充実しているのも魅力。

ホワイトガソリン自動車用ガソリンの2種類に対応しているため、春~秋のアウトドアメインで使いたい人にも助かります。

価格4,910円(税抜)
メーカーBRS
燃料マルチフューエル(ホワイトガソリン、自動車用ガソリン)
構造一体型
収納サイズ17×11cm
重さ560g
付属品本体・予備ポンプカップ・メンテナンス工具・漏斗

amazonでレビューを見る

Uさん(20代男性)

ホワイトガソリンより灯油で使ったほうが火力もあるし燃料コストも安い。

4位:オプティマス HIKER+

箱型ガソリンストーブ。本格調理もできる

「オプティマス HIKER+」箱型のガソリンストーブです。350ccの燃料最大2時間燃焼します。重さは1590g一体型の中では重たい部類に入ります。

暖をとるよりかは、調理に力を入れたい人向きハイカー111の後継となる新型ストーブで、探検家を中心に愛用者も多いようです。

キャンプやバーベキューなどのアウトドアでは活躍すること間違いなしの商品。コンロタイプなので調理器具を使った調理もしやすいです。

価格38,000円(税抜)
メーカーオプティマス
燃料マルチフューエル(ホワイトガソリン、灯油、ディーゼル、ジェット他)
構造一体型
収納サイズ18x18x11cm
重さ1,590g
付属品本体・取扱説明書

amazonでレビューを見る

Tさん(20代男性)

火力は非常に安定しています。火力の調整は容易で、タイムラグもほとんどなく微調整が利きます。強火側にハンドルをかなり回しても消えることはありませんでした。ときどきポンピングすれば2時間火力は安定しています。

【調理時に強い火力が欲しい人向け】分離型のガソリンストーブおすすめランキング6選

調理時に強い火力が欲しい人におすすめの分離型のガソリンストーブをランキング形式でご紹介します。

1位:MSR シングルバーナー・ストーブ ドラゴンフライ

とろ火ができて調理しやすい!

火力調節ができる上に「とろ火」ができる「MSR シングルバーナー・ストーブ ドラゴンフライ」アウトドアで作る料理にこだわりたい人におすすめです。

フライパンや小鍋はもちろん、大きいサイズの鍋を使っても不安定になりません。煮込み料理もしやすく、大人数の料理を一度にまとめて作りたい時にも活躍します。

デザインもカッコいいのも人気の秘密。定期的に使う人も飽きにくいデザインです。

価格20,470円(税抜)
メーカーMSR
燃料マルチフューエル(ホワイトガソリン、灯油、ディーゼル、無鉛ガソリン)
構造分離型
収納サイズ18x12x9cm
重さ395g
付属品本体・ポンプ・ウインドスクリーン・メンテナンスキット・取扱説明書・322スタッフサック

amazonでレビューを見る

Iさん(20代男性)

ちょっとかさばりますが、非常に使い易く、特に火力の微調整が出来るところが素晴らしい!ただ豪快な音がしますので、私はサイレンサーを購入し使っています。値段は少々高いですが、もの凄く静かになりますのでお勧めです!

2位:ソト(SOTO) MUKAストーブ SOD-371

細かいメンテナンスの必要なし

「ソト(SOTO) MUKAストーブ SOD-371」は、ノズルの交換無し自動車用のレギュラーガソリンを使用可能面倒なメンテナンスをする必要がないガソリンストーブです。

ダイヤルで火力調節ができるため、アウトドア時に調理する時も手際よく料理を作ることができます。予熱しなくて良いので、ガソリンストーブを使用する前の準備もしやすいです。

価格13,637円(税抜)
メーカーソト
燃料〇(ホワイトガソリン、自動車用ガソリン)
構造分離型
収納サイズ8×6.5x8cm
重さ160g
付属品本体・専用収納ケース・風防・メンテナンスキット

amazonでレビューを見る

Nさん(20代男性)

どれを取っても良し、スイッチ類も扱い易いプレヒート無しで安定した火力が流石です。

3位:MSR シングルバーナー・ストーブ ウィスパーライト インターナショナル

初心者におすすめの分離型ガソリンストーブ

「MSR シングルバーナー・ストーブ ウィスパーライト インターナショナル」は、MSRでも看板のガソリンストーブ。火力も強く、五徳のサイズも大きめです。

重さは441グラム軽量なので、アウトドア時もスムーズに持ち運ぶことができます。コンパクトでありながらも、燃料は使い分けしやすいマルチフューエル

コスパの良さもあって、世界中の人々から定評を得ています

価格15,000円(税抜)
メーカーMSR
燃料マルチフューエル(ホワイトガソリン、灯油、ディーゼル、無鉛ガソリン)
構造分離型
収納サイズ15x9x9cm
重さ441g
付属品

amazonでレビューを見る

Eさん(20代男性)

世界一周にしました。海外だとボンベより液体燃料が一般的なので、海外でキャンプされる方にも重宝される品だと思います。使いやすいし、壊れにくい、これこそアウトドアで求められる所ですが、このバーナーはそこのところバッチリですね。

4位:ソト(SOTO) ストームブレイカー SOD-372

ストーブ開発で培ってきた技術が詰まった商品

ソトがストーブ開発で培ってきた技術が詰まった商品である「ソト(SOTO) ストームブレイカー SOD-372」

ガス缶を逆さにして、液体ガスを直接送り込むことで風に耐えることができる火を作り出しています

バーナーヘッドには火口が300個付いており、燃料を効率良く使うことが可能

ハイパワーのガソリンストーブなので、強風時にお湯を沸かす時も影響を受けにくいです。

価格21,000円(税抜)
メーカーソト
燃料マルチフューエル(ホワイトガソリン、自動車用ガソリン、ODガス缶)
構造分離型
収納サイズ7×9.5cm
重さ205g
付属品本体・ポンプ・ガスバルブ・メンテナンスキット・収納ポーチ

amazonでレビューを見る

Kさん(20代男性)

ガソリンストーブを購入したく、今まであれこれ探していたが、なかなか思うものが見つからなかった。これだとプレヒートが無く、ありがちな点火時の大きな炎も無く安定した燃焼が期待出来ます。

5位:MSR シングルバーナー・ストーブ ウィスパーライト

ホワイトガソリン専用モデル!2時間燃焼で火力も強い

「MSR シングルバーナー・ストーブ ウィスパーライト」は、ホワイトガソリン専用モデル。1990年代にMSRが初めて作ったガソリンストーブを改良したものです。

使用できる燃料がホワイトガソリンのみなので、燃料を間違える心配もなく安心2時間程度の燃焼ができ火力も強いのが特徴です。

価格13,255円(税抜)
メーカーMSR
燃料ホワイトガソリン
構造分離型
収納サイズ16x9x9cm
重さ446g
付属品本体・ポンプ・風防・メンテナンスキット・取扱説明書・スタッフサック

amazonでレビューを見る

Rさん(30代男性)

国内ではホワイトガソリンで充分。使い勝手とコンパクトさがあって今は満足

6位:MSR 高地用ストーブ XGKEX 36043

ススが詰まりにくい&使用する気候を選ばない

「MSR 高地用ストーブ XGKEX 36043」は、アウトドア時に使用しやすい仕様のガソリンストーブです。高地や寒冷地などの天候や気圧に影響されることなく使用可能

燃料ボトルとボンベの管はススが詰まりくいように太くなっています。旧モデルからフェールラインを改良し、商品のコンパクト化に成功しました。

大きめのサイズに変更された五徳は、調理器具を使っても抜群の安定力を保ちます。

価格24,000円(税抜)
メーカーMSR
燃料マルチフューエル(ホワイトガソリン、無鉛ガソリン、灯油、ディーゼル、ジェット)
構造分離型
収納サイズ7x10x9cm
重さ489g
付属品本体・ポンプ・風防・メンテナンスキット・取扱説明書・スタッフサック

amazonでレビューを見る

Sさん(30代男性)

とにかく頑強なストーブで軽油と灯油を使えるものを探していました。調理はしない湯を沸かす、とりあえず肉を焼くという使用用途なら最高です。

ガソリンストーブの使い方

初心者でも簡単にできる、ガソリンストーブの効果的な使い方をご紹介します。

①燃料を8分目まで入れてポンピング用のバルブを緩める

まず、燃料を8分目ほど入れます。純正のフィラーを使うのがおすすめです。

燃料は満タンに入れないよう気を付けましょう。次に、ポンピング用のバルブを緩めます

②ポンピングしてからチョークを上に向ける

中央部の穴を指でふさぐようにしながら、最低60回以上ポンピングしましょう。赤い炎が立ち上るとポンピング不足のサインです。

バルブに付いている針金のようなチョークを上に向けます

ジェネレーターが暖まらないうちはガソリンがうまく気化せず、液体のまま出てしまい、赤い炎がめらめらと立ち上ってしまいます。

チョークはタンク内の空気をガソリンに混ぜて混合気として吐出することによって、ジェネレーターが冷えているときでもきちんと燃焼させます。

③チャッカマンに火をつけてからバルブを開き着火する

チャッカマンに火をつけてから、ジーと音がするまでバルブを開き着火します。

着火した後は、炎が一番低くなるようにバルブを調整しましょう。そして、炎が青くなるまで待ちます。

④炎が青くなったらチョークを閉じる

炎が青くなったらチョークを閉じれば使えます

バルブを開くと赤い炎がメラメラと立ち上る時は、ジェネレーターがまだ暖まりきっていないか、ポンピング不足です。炎が青くなるまで十分にポンピングをします。

続いて、ガソリンストーブのメンテナンスについて見ていきましょう。

ガソリンストーブのメンテナンス

ガソリンストーブのメンテナンスの仕方についてご紹介します。

日常的なメンテナンス編

内側の汚れは水に濡らすか中性洗剤を染み込ませた布で綺麗に拭く

ガソリンストーブの内側の汚れは、水に濡らすか中性洗剤を染み込ませた布で綺麗に拭きます水洗いは錆びやすくなるので行わないようにしましょう。

五徳部分のサビ見つけ次第落とします仕様書も確認しておきましょう。

外側の汚れやサビはワイヤーブラシで磨く

ガソリンストーブの外側の汚れやサビは、ワイヤーブラシで磨きます 商品によっては特別なメンテナンスが必要なものもあります。

定期的なメンテナンス編

ポンピングバルブやジェネレーター周辺は定期的に部品交換する

ガソリンストーブ定期的なメンテナンスが必要です。

特に、ポンピングバルブジェネレーター周辺定期的に部品交換を行いしましょう。消耗しやすい部品は、5~10年を目安に交換します。

仕様書も見ながら、早めに交換しておけば1台のガソリンストーブを長く使用することが可能です。

おすすめのガソリンストーブで暖房も調理もランクアップ!

ガソリンストーブを持っていれば、寒い時期のアウトドアをゆったり楽しめます構造や利便性、付属品の有無もガソリンストーブを選ぶ軸の1つにすると良いです。

暖房も調理もスムーズに行えるガソリンストーブは、それぞれ個性がありサイズや燃焼時間も違います

長期間使用するためには、正しく使い必要なメンテナンスを行うことも大切です。

今回ご紹介したガソリンストーブを参考に、あなたのニーズに合った商品を探してみましょう!