クーラーボックスおすすめランキング12選|釣りやキャンプに最強!シーンに合わせた人気商品を紹介

保冷力のあるクーラーボックスが欲しい」「釣り用にはどれくらいの内容量が必要?」などと疑問をお持ちの方は必見です。

この記事では、釣りやキャンプで重宝するおすすめのクーラーボックスを、タイプ別にランキング形式でご紹介します。

クーラーボックスの材質や用途別に必要な容量など、選ぶときに押さえておきたいポイントも詳しくまとめているのでぜひ参考にしてみてください。

まずは、用途に適したクーラーボックスの選び方から見ていきましょう。

保冷最強なクーラーボックスの選び方

クーラーボックスは材質や用途に合わせた容量運びやすさ素材を基準に選ぶのがポイントです。

使い勝手のいいクーラーボックスを選ぶためにも、押さえておきたいポイントを以下で詳しくご説明します。

シーンに合わせた材質で選ぶ

クーラーボックスには「ハードタイプ」と「ソフトタイプ」があり、シーンに合わせた材質で選ぶのがポイントです。以下ではタイプ別の特徴を解説していきます。

釣りやキャンプなどの長時間の保冷には「ハードタイプ」

釣りやキャンプなどの長時間の保冷には、ハードタイプのクーラーボックスがおすすめです。頑丈で密閉性保冷性に優れています。

衝撃にも強く、テーブルや椅子代わりとしても使えるため、長時間のアウトドアで大活躍します。ただし、頑丈なため重くかさばりやすいという難点も。

収納力や保冷力を重視してクーラーボックスを選びたい方に向いています。

運動会や買い物などの短時間の保冷には「ソフトタイプ」

運動会や買い物などの短時間の保冷には、ソフトタイプのクーラーボックスがおすすめです。

軽いので力のない女性でも扱いやすく、使用しないときはコンパクトにまとめておけるものもあります。

ただし、ハードタイプよりも密閉性が低いため、持ち運びやすさを重視してクーラーボックスを選びたい方に向いています。

用途に合わせた容量・保冷時間で選ぶ

クーラーボックスは用途に合わせた容量保冷時間で選びましょう。

クーラーボックスによっては、20度前後の室温でクーラーボックス内の氷が溶けきっていない状態を表す、保冷時間保冷日数が記載されています。

用途や人数・何時間使用するかによって必要な容量や必保冷時間は異なるため、以下表を参考にしてください。

用途容量保冷時間
キャンプ1泊1~2人10L〜30L前後2〜3日間
3~4人30〜50L前後2〜3日間
キャンプ2泊1~2人20L〜60L前後4〜5日間
3~4人60〜100L前後4〜5日間
堤防や船での小物釣り(15〜30cmの魚)15〜30L前後数時間〜90時間
船釣り(30cm以上の魚)30〜50L前後24〜90時間
船での大物釣り(50cm以上の魚)50L以上24〜90時間
買い物15L前後数時間〜24時間
運動会10L〜30L前後数時間〜24時間

開閉することも考えると、記載されている保冷時間保冷日数より、50%〜60%の保冷効果と考えて選びましょう。特に夏は記載されているよりも短くなるため、選ぶときは注意してください。

また、キャンプで使用する人数が多い場合など、大型のクーラーボックスを1つ持っているよりも小型を2つに分けた方が、車にも乗せやすく持ち運びしやすいこともあります。

飲み物や食材と分けてクーラーボックスを購入するのもおすすめです。

ハンドルやキャスター付きなどの運びやすさで選ぶ

クーラーボックスには、両手でも持ちやすいベイルハンドル」や左右に付いていて2人でも持ち運びやすいサイドハンドル」、肩に掛けて持ち運べるショルダーベルト」が付いているモデルがあります。

食材や飲み物などの運びやすさを考えて選びましょう。また、U字ハンドルで楽に移動させられるキャスター付きのクーラーボックスもあります。

ただし、地面がデコボコしている砂利道などでは上手く転がせず不便になることもあるため、使う場所に注意してください。

重視するポイントに合った断熱材の種類で選ぶ

価格や材質の丈夫さ機能性や扱いやすさなど重視するポイントに合った断熱材を使用しているクーラーボックスを選びましょう。断熱材の種類別の特徴は以下の通りです。

断熱材の種類特徴
発泡スチロールシンプルな作りで安い
発泡ウレタン材質が丈夫で安い
真空パネル高機能
ポリエチレン折り畳み可能

数時間の使用で費用を安く済ませたいなら「発泡スチロール」、コスパもよく1泊程度の外泊に十分な保冷力を求めているなら「発泡ウレタン」を使用したクーラーボックスがおすすめです。

また、買い物などで使いたいなら折り畳みできるポリエチレン」、特に連泊や暑い時期の釣りやキャンプに使うなど高い保冷力を重視するなら「真空パネル」を使用したものを選ぶと快適に使えます。

早速、選び方で触れたタイプ別に、おすすめのクーラーボックスをランキング形式でご紹介します。まずは、ハードタイプでおすすめのクーラーボックスから見ていきましょう。

【ハードタイプ】釣りやキャンプなどの長時間の保冷におすすめのクーラーボックスランキング6選

釣りやキャンプなどの長時間の保冷におすすめの、ハードタイプのクーラーボックスをピックアップしてランキングにしました。

それぞれの特徴や価格などの詳しい情報も合わせて紹介していきます。

1位:ダイワ(Daiwa) ライトトランク4 VSS3000RJ

連泊で大活躍!6面真空パネル使用で保冷力抜群!

釣り具で人気な「ダイワ」のライトランク4シリーズ は、大容量で軽量・保冷力に優れているため、釣りだけでなくキャンプなどのアウトドアでも大活躍するクーラーボックスです。

ダイワで採用している断熱材の中でも最も高性能な「真空断熱パネル」を6面も使用していて、保冷時間が最大125時間なのが最大の魅力です。比較的高価ですが「保冷力に優れている」との口コミが多くあります。

軽量設計で持ちやすいベイルハンドル仕様強力消臭機能も備わっているため、匂いを気にせず快適に使えます。連泊でのアウトドアで使用したい方におすすめです。

価格30,034円(税込)
容量30L
タイプハードタイプ
断熱材6面真空パネル+ウレタン
重量6.4kg
サイズ幅67×奥行33.5×高さ34.5㎝
ハンドル形状ベイルハンドル
キャスターの有無× 

amazonでレビューを見る

Tさん(30代男性)

真夏の炎天下で1日使いましたが、氷は残っていました。さすが6面真空パネル。軽さもぴかいちです。不満な点は中の底面が凹凸加工しているので洗いにくいこと、座れるほどの強度がないことです。でも保冷力とこの価格なら十分ですね。

2位:コールマン(Coleman) エクストリームホイールクーラー 62QT 3000005036

保冷力5日!ホイール付きで移動が楽々なクーラーボックス!

アウトドアブランドとして人気がある「コールマン」の大型クーラーボックスです。大きめのホイール持ちやすい太めのハンドルが付いていて、多少の砂利道でも楽に移動させられます。

約58Lの容量で保冷力が5日なので連泊にも対応。実際「連泊のキャンプに使って役立った」との口コミもあります。

蓋にはコップホルダーが4つ付いており、テーブルとしても使えて機能面も充実1万円程度で購入できるのでコスパも良好です。

キャンプに1台持っていけば、余計なテーブルなどを運ばずに済む便利な1台です。

価格10,888円(税込)
容量約58L
タイプハードタイプ
断熱材発泡ウレタン
重量約6.5kg
サイズ幅74.5×奥行39.5×高さ44.5㎝
ハンドル形状U字ハンドル
キャスターの有無

amazonでレビューを見る

Iさん(20代男性)

大きいからいっぱい入ります!2泊3日でキャンプ行っても、氷が残ってます

3位:シマノ(SHIMANO) フィクセル ベイシス 120UF-012N

35時間の保冷力!座っても安定感ある頑丈なクーラーボックス

釣り具メーカー「シマノ」のフィクセル ライトは、板氷1枚と500mlのペットボトルが5本収納できるコンパクトサイズで、軽量なクーラーボックスです。

堤防や船からの小物釣りに向いていて最大35時間の保冷力もあります。本体は頑丈な作りになっているので椅子として座っても安定感があり、アウトドアでも大活躍。

実際「70kgの体重で座っても問題ない」との口コミがあります。手を放すと蓋が自動で閉まる自動ロック機構を採用しているため、ドリンクを取って両手が塞がってもすぐに蓋が閉まるので安心です。

釣りだけでなく、1〜2人の1泊キャンプへドリンクを持っていきたいときにも活躍する1台です。

価格10,716円(税込)
容量12L
タイプハードタイプ
断熱材発泡ポリスチレン
重量2.5kg 
サイズ幅20.8×奥行36×高さ28㎝
ハンドル形状ベイルハンドル
キャスターの有無×

amazonでレビューを見る

Eさん(30代男性)

体重約70kgの私が座ってもビクともしません。大きさと軽さも丁度良く、座ったり、釣り道具を入れたり、機動性も良く大変便利です。

4位:イエティ(Yeti) タンドラ(Tundra ) 50QT アイスブルー

アウトドアにぴったり!頑丈で耐久性に優れたクーラーボックス

海外のアウトドアブランド「イエティ」のクーラーボックスです。密閉性が高いため5日間の保冷力があり、遠征の釣りや連泊のキャンプで大活躍します。

特にタンドラシリーズはワンピース構造なので、耐久性に優れているのが最大の魅力。

一生ものとして使える」との口コミもあり、他のクーラーボックスと比べると価格が高価ですが納得の機能が備わっています

アウトドア好きにはたまらない、おしゃれなカジュアルデザインなのも人気のポイント。ずっと愛用できる1台を探している方におすすめです。

価格82,500円(税込)
容量47.3L
タイプハードタイプ
断熱材
重量11.8kg 
サイズ幅30.8×奥行42.2×高さ27㎝
ハンドル形状サイドハンドル
キャスターの有無×

amazonでレビューを見る

Nさん(30代男性)

2泊しましたが全く問題なく冷えてました。クーラーボックスとしての役割は充分満足して使用できます。一生モノとしてはこの値段で充分お買い得です。

5位:igloo(イグルー) マックスコール クーラーボックス62QT/58L

2泊3日のキャンプの強い味方!最大保冷5日間のクーラーボックス

350mlの缶ジュースなら98本も収容できる大容量のクーラーボックスです。

キャスター付きでたくさん収容しても楽に移動させられ、サイドハンドルもついているため地面の状態が悪い場所では手で持って移動させることもできます。

特に最大5日間の保冷力があり、2泊3日のキャンプでも食材や飲み物を冷やしておけるのが最大の魅力。保冷力に優れていて便利との口コミも多いです。

蓋にはドリンクを置ける窪みがありテーブルとしても大活躍。シンプルでかっこいいデザインのクーラーボックスを探している方におすすめです。

価格6,940円(税込)
容量58L
タイプハードタイプ
断熱材発泡ウレタン
重量6.7kg 
サイズ幅55×奥行45×高さ52㎝
ハンドル形状U字ハンドル、サイドハンドル
キャスターの有無

amazonでレビューを見る

Rさん(30代男性)

バーベキュー用に買いましたが、長時間の停電時に重宝しました。保冷剤とともに入れておいて2日間ほど経っても氷が溶けていなかったのには驚きました。容量も大きく、本体は軽く、車輪が付いているので持ち運びも楽で良いです。

6位:コールマン(Coleman)54QTスチールベルトクーラー

レトロ風のおしゃれなデザイン!気分良く使えるクーラーボックス

スチール性のボディに厚さ3cmの発泡ウレタンを採用した「コールマン」のクーラーボックスです。「2泊しても食材や飲み物が冷えていた」との口コミがあり高い保冷力が期待できます

レトロ風デザインでカラーパターンも豊富なので、おしゃれなキャンプを楽しみたい方からも大人気。実際「おしゃれで気に入っている」との口コミは多いです。

機能性・デザイン性ともに優れていて、価格以上の満足感が得られます。

価格24,000円(税込)
容量51L
タイプハードタイプ
断熱材発泡ウレタン
重量約7.5kg 
サイズ約幅60×奥行42×高さ41㎝
ハンドル形状サイドハンドル
キャスターの有無×

amazonでレビューを見る

Fさん(30代男性)

大人2人子供1人、2泊3日の朝昼晩の食材&酒類を入れても最終3日目でもバッチリ冷えていました。なんと言っても見た目が可愛いのです。買って良かった本当に。

【ソフトタイプ】運動会や買い物などの短時間の保冷におすすめのクーラーボックスランキング6選

運動会や買い物など短時間の保冷におすすめの、ソフトタイプのクーラーボックスをピックアップしてランキングにしました。それぞれの特徴や価格などの情報も、合わせて紹介していきます。

1位:コールマン(Coleman) アルティメイトアイスクーラー2 25L アクア 2000027239

軽くて扱いやすい!42時間の保冷力があるソフトクーラーボックス

使用していないときはコンパクトに畳んで持ち運べる、汎用性の高いクーラーボックスです。

コールマンのソフトタイプクーラーボックスの中でも保冷力に優れたモデルで、買い物だけでなく運動会やキャンプなどでも使えます。

「アルティメイトアイスクーラー」はソフトタイプではありますが、大容量で42時間も保冷力があるのが最大の強み。「想像以上の保冷力がある」との口コミも多いです。

サイドハンドルショルダーベルトがついているので、手で持っても肩にかけても使えます。

1つ持っていればあらゆる場面で使えるので、ソフトタイプのクーラーボックス選びに迷っている方におすすめです。

価格4,407円(税込)
容量25L
タイプソフトタイプ
断熱材ポリエチレン
重量1.4kg 
サイズ幅42×奥行32×高さ38㎝
ハンドル形状サイドハンドル、ショルダーベルト
キャスターの有無×

amazonでレビューを見る

Tさん(30代男性)

夏の旅行に使いました。飲み物やお土産の冷蔵性能に満足感はあり、コンパクトに畳めるので保管場所に困りません。logosの保冷剤2枚のサイズもぴったりでした。

2位:スノーピーク(snow peak) ソフトクーラー18 FP118

カジュアルで可愛いデザイン!熱を外部に跳ね返す断熱材を採用

開け口も広く、内側はクッション性防水性にも優れているため、運動会などでもお弁当を入れて持ち運びやすい形状のクーラーボックスです。

シンプルで可愛らしいデザインは女性にも好まれ、ショルダーにもなるので買い物時にも活躍します。

熱を外部に跳ね返すアルミコーティングされた断熱材を採用していて、内部に冷気を保ったまま使えるのが最大の特徴。「保冷力が高く満足している」との口コミもあるほどです。

未使用時には畳んで収納しておけるので買い物用に車に積んでおきやすく、冷凍食品や生物を購入しても心配せずに家まで運べるのでおすすめです。

価格10,450円(税込)
容量18L
タイプソフトタイプ
断熱材アルミコーティングエアシェル内層材
重量0.82kg 
サイズ幅34.3×奥行24.1×高さ22.9㎝
ハンドル形状ショルダーベルト
キャスターの有無×

amazonでレビューを見る

Rさん(20代男性)

継ぎ目のない熱溶着で漏れる心配も無く、保冷力も高く、ソフトクーラーとしてはパーフェクトな性能です。

3位:コールマン クーラー デイリークーラー/30L

ポップな柄が魅力的!運動会で大活躍のクーラーボックス

ポップな柄がファッショナブルで持ち運びたくなるクーラーボックスです。財布やケータイを入れておける収納ポケットも充実していて、食材の買い物をするなど日常的に役立ちます。

30Lと大容量でお弁当やドリンクを保冷でき、サイドハンドルだけでなくショルダーハンドルも付いているため、持ち運びやすく運動会などでも大活躍。

実際「運動会での飲み物やお弁当を入れても重たくなくて重宝した」との口コミもあります。

サイドにマジックテープが付いているため、使わないときはコンパクトに畳めるのも嬉しいポイント。使いやすさを重視して選びたい方も、満足できる使い勝手の良さがあります。

価格2,598円(税込)
容量30L
タイプソフトタイプ
断熱材PEVA
重量約730g
サイズ約幅34×奥行24×高さ33㎝
ハンドル形状サイドハンドル、ショルダーベルト
キャスターの有無×

amazonでレビューを見る

Fさん(30代男性)

子どもの運動会のために購入しました。お弁当、飲み物を入れるのに、重くなく、畳めるので使いやすかったです。中敷きが取り外すことができ、汁がこぼれたときも水洗いすることができました

4位:ロゴス(LOGOS) ハイパー氷点下クーラー

驚くほどの保冷力を実現!1年中使えるソフトタイプ

専用保冷剤である「氷点下パック」を使用すれば、アイスクリームを7時間保存できるクーラーボックスです。シェルプロテクト構造で、耐衝撃性に優れていて瓶類なども安心して持ち運べます。

表面は太陽光を反射するシルバーカラーで、条件次第では12時間保存でき、1日中保冷効果を実感。

口コミでも「1日中温度を保持してくれる」と人気があるため、運動会や暑い時期の買い物・キャンプなどのアウトドアにも最適です。

使用後はジッパーを閉じればコンパクトにまとめられるので収納しやすく、必要な時にいつでも広げられます。コスパに優れたソフトタイプのクーラーボックスを探している方におすすめです。

価格11,220円(税込)
容量約40L
タイプソフトタイプ
断熱材
重量約1.95kg 
サイズ約幅43×奥行35×高さ35㎝
ハンドル形状ショルダーベルト
キャスターの有無×

amazonでレビューを見る

Oさん(30代男性)

外仕事なので、毎日お弁当の入物として使用していますが、夏は、炎天下の車内に置いておいても大丈夫だし、梅雨時や、冬場でも、温度キープして、弁当が腐ることなく最適のバックです。

5位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) クーラーバッグ カモフラージュ

おしゃれなカモフラージュ柄!コストパフォーマンスの高さも魅力的

アウトドア・レジャー用品ブランドとして人気がある「キャプテンスタッグ」のクーラーボックスです。カモフラージュ柄がおしゃれで使いたくなります。

短時間の保冷力に優れているため運動会や買い物でも活用でき、2000円以下で購入できるなどコスパが高いのが魅力的。口コミでも「価格が安くて十分に保冷できる」と評判がよいです。

あまりお金をかけたくないけれど、短時間使用するための保冷力があるクーラーボックスが欲しい方におすすめです。

価格1,980円(税込)
容量約15L
タイプソフトタイプ
断熱材ポリエチレンフォーム
重量約0.42kg
サイズ約幅31×奥行26×高さ25㎝
ハンドル形状ショルダーベルト
キャスターの有無×

amazonでレビューを見る

Aさん(20代男性)

デザイン大きさ気に入っています。価格も安くて良い商品です。きちんと保冷出来ます

6位:チャムス(CHUMS)Portage Picnic Cooler

ポップで可愛い!頑丈さを求める方におすすめのクーラーボックス

「チャムス」のロゴが映えているおしゃれなデザインのクーラーボックスです。しっかりとしたハンドルと、取り外し可能なシィオルダーベルトが付いていて、持ち運びやすい仕様となっています。

折り畳むことはできませんが、ソフトタイプながら頑丈さが大きな強み。実際「しっかりしている」との口コミが多く、重いドリンクなども運びやすいボディです。

容量は30Lでたっぷり食材や飲み物を入れられ、内部と外側には、保冷剤やランチョンマットを収納しておくポケットが装備されているためとても実用的。運動会や食材の買い出しに役立ちますよ。

価格10,175(税込)
容量30L
タイプソフトタイプ
断熱材
重量1.25kg 
サイズ幅42×奥行28×高さ31㎝
ハンドル形状ベイルハンドル、ショルダーベルト
キャスターの有無×

amazonでレビューを見る

Kさん(30代男性)

サイズ的にはベストサイズ!キャンプにコストコでの買い物に色んな用途で使ってます。しいて言えば、たためないことですかね。まあ逆にたためないことにより、張りがあり、それがしっかりしててかえってよかったという面もあります。

冷たさ長持ち!ぬるくならないクーラーボックスの使い方

クーラーボックスの保冷力をできるだけ保つために、ぬるくならないクーラーボックスの使い方をご紹介します。

保冷材の入れ方を工夫する

ぬるくさせないためにも保冷剤の入れ方を工夫しましょう。保冷力の高い保冷材を、底と両脇・食材の上に数枚入れおくと効率よく保冷できます。

使用する枚数はクーラーボックスの大きさによりますが、ドリンクを凍らせて入れておくのも保冷剤代わりになるのでおすすめです。

不必要な開け閉めや直射日光を避ける

クーラーボックスを使うときは不必要な開け閉めは、冷気が逃げて保冷剤も溶けやすくなってしまいます。開封が多いドリンクは別のクーラーボックスに分けるといいでしょう。

また、クーラーボックスの外部が太陽光で暖かかくなると内部の保冷力が低下するため、直射日光が当たらない場所に置くようにしてください。

最強のクーラーボックスでアウトドアをもっと楽しく!

クーラーボックスは、アウトドアで新鮮な食材と冷たい飲み物を持ち運ぶのに必要不可欠用途や使いやすさを考えて選ぶのがポイントです!

最強のクーラーボックスを手に入れて、釣りやキャンプ・運動会などのアウトドアを楽しみましょう。