キャンプマットおすすめランキング12選|インフレーターマットなどのタイプ別!冬用・ファミリー用の人気商品

キャンプマットは、睡眠の質を上げ、翌日も楽しく過ごすために欠かせません

今回はキャンプマットの選び方や、種類別におすすめキャンプマットをランキング形式でご紹介します。

あなたにピッタリのキャンプマットを見つけて、凸凹地面にも負けない快適なキャンプを過ごしましょう。

まずは、キャンプマットの概要からご紹介します。

そもそもキャンプマットとは?

キャンプマットとは、キャンプで寝るときに地面に置くマットのことです。キャンプマットの上に寝ることで、デコボコの地面でも快適に眠れます

悪天候の場合、寝袋だけで寝ると結露で塗れてしまうことがありますが、キャンプマットを敷けば結露の不快感もありません

次は、自宅で眠るように快適なキャンプマットを選ぶ方法についてご紹介します。

自宅のように快適なキャンプマットの選び方

キャンプマットは、価格や用途携帯性の高さで選ぶのがポイントです。以下で詳しくご説明します。

重視したいポイントに合わせた種類で選ぶ

軽量で安い「銀マット」

銀マットの特徴は、軽くて低価格なこと。運びやすくて価格をおさえたい方には、銀マットがおすすめです。

熱を遮断してくれる効果も期待できるので、夏だけでなく春や秋などの肌寒い季節にも役立ちます。銀マットは丸めるタイプジャバラ式タイプに大別できます。

断熱性の高い「ウレタンマット」

ウレタンマットは、断熱性が高いので夏や冬でも快適に使えます。かさばることが難点ですが軽いものもあるので、選ぶ際には実際に持ってみると良いでしょう。

ウレタンマットは、折りたたみタイプロールタイプの2タイプに分けられます。

寝心地良好の「エアーマット」

寝心地を重視する方には、エアーマットがおすすめ。空気を入れて膨らませるので、ふわふわとした寝心地が得られます。

空気を入れなければかさばらないので、携帯性も抜群です。空気を入れる際に手間がかかることがデメリット。

手間なく快適な「インフレーターマット」

インフレーターマットは、手間をかけずに快適な寝心地を追求したい方におすすめ。

バルブを緩めればほぼ自動でふくらんでくれるので、エアーマットよりも使い勝手が良いところが特徴です。

自分にあった寝心地にするために、空気の調整をする必要があることもおさえておきましょう。

季節に合わせた「R値」(断熱性能)で選ぶ

R値とは、どれくらいの断熱効果があるのかを示す数値のこと。夏に使う場合は2未満、春・秋の場合は2~3.5、冬の場合は3~5を目安に選びましょう。

どの季節にも対応できるキャンプマットを選びたいなら、R値4以上がおすすめです。

結露や雨が気になるなら「防水加工」ありを選ぶ

ウォータープルーフPVC加工などの防水加工が施されているキャンプマットは、結露や雨対策に役立ちます

テント内は水滴が発生しやすく、マットが塗れると冷たい水によって身体も冷えてしまいがち。

水気の不快感を取り除きたい方は、防水加工ありのキャンプマットがおすすめです。

ツーリングや登山なら「携帯性」で選ぶ

携帯性に優れたエアーマットインフレーターマットは、ツーリングや登山にピッタリ

空気を抜くことでコンパクトにまとまるので、むやみに荷物がかさばりません。

エアーマットの場合は30cm×13cmインフレーターマットの場合なら60cm×20cmより小さいサイズを選ぶことをおすすめします。

早速、選び方で触れたそれぞれの特徴を元に、おすすめのキャンプマットを種類別にランキング形式でご紹介します。

【軽量で安い】銀マットタイプのキャンプマットおすすめランキング3選

軽くて安い銀マットタイプのキャンプマットについて、おすすめランキングTOP3をお伝えします。

1位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) シルバーキャンピングジャバラマット

驚きの安さに大満足!収納性も備えたキャンプマット

キャプテンスタッグの「シルバーキャンピングジャバラマット」は、約千円で買えることが最大の魅力。試しにキャンプマットを使ってみたい方にもおすすめです。

サイズは100cm×200cm以外にも80cm×200cm(small)、120cm×200cmと3タイプあります。収納用に水色のゴムがついており「ちぎれることもなく便利に使える」との口コミも。

低価格重視だけでなく、コスパ重視の方にもおすすめです。

価格1,010円(税抜)
メーカーキャプテンスタッグ
タイプ銀マット
使用サイズ100×200×0.8cm
収納サイズ100×32×5cm
重量
厚み0.8cm
防水性×
R値
素材・マット:ポリエステル(アルミ蒸着)、発泡ポリエチレン
・バンド:合成ゴム

amazonでレビューを見る

Nさん(20代男性)

テントのインナーマット用に購入しました。安くて満足しています。保管時の水色のゴムは切れることなく収納しやすく便利です。加えてレジャーマットを購入し併用して使いたいと思います。

2位:BUNDOK(バンドック) アルミ ロール マット

断熱性に優れた銀マット!寝やすくて手放せない人も

BUNDOKの「アルミ ロール マット」は、千円台にもかかわらず断熱性に優れ「寝やすい」と人気の銀マット。ラテックス100%のマットよりも優れていて「冬の底冷えがなかった」との口コミも多数。

ホームセンターではなかなか見られない巨大サイズなので、大きさを活かして使いやすいようにハトメや吸盤をつけて加工する人もいます。

価格1,402円(税抜)
メーカーBUNDOK
タイプ銀マット
使用サイズ200x120x0.8cm
収納サイズ120x16x16cm
重量0.55kg 
厚み0.8cm
防水性×
R値
素材アルミ蒸着発泡ポリエチレン

amazonでレビューを見る

Tさん(30代男性)

キャンプ用のテント内に敷くシートを探していましたが結構値が張るので悩んでいました。この銀マットはかなりコスパがよく満足しています。厚さもあり、テントシートとして十分機能しました!キャンプの際に持ち運ぶグッズは多いため、非常に軽い銀マットは重宝します

3位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ用マット 【Sサイズ】 M-7381

脅威の600円台!コスパ抜群の一人用のキャンプマット

600円台で買えるキャプテンスタッグの「M-7381」は、断熱性があり、地面のデコボコも和らげてくれる優れもの。千円未満で買えることに驚きの声も多数。

冷気や結露もなく、水ぶきで簡単に掃除ができることも大きな魅力。小さくて軽いのでツーリングに適していると評判のキャンプマットです。

価格670円(税抜)
メーカーキャプテンスタッグ
タイプ銀マット
使用サイズ180cm×60cm×8mm
収納サイズ
重量0.295kg 
厚み0.8cm
防水性×
R値
素材ポリエステル(アルミ蒸着)、発泡ポリエチレン

amazonでレビューを見る

Oさん(30代男性)

初ソロキャンプはこれで十分!シーズンオフで最低気温5℃くらいのテント内で、寝袋の下に使用しましたが、地面からの冷気も細かい凸凹も見事にシャットアウトしてくれました。8㎜という厚さはどうなのかと最初思いましたが、割と柔軟性もあるので全然問題ありませんでした。

【断熱性が高い】ウレタンマットタイプのキャンプマットおすすめランキング3選

断熱性が高いことが特徴のウレタンマットについて、おすすめランキングTOP3をご紹介します。

1位:THERMAREST(サーマレスト) Zライト ソル

寒い冬でも安心!保温とクッション性に優れたキャンプマット

サーマレストの「Zライト ソル 」は、暖かく快適に寝たい人におすすめ。

夏にはアルミ面を下にして、冬にはアルミ面を上にすることで、気持ちよくなれる状態にできたとの口コミも。

オールシーズン使えるキャンプマットをお探しの方にピッタリです。折りたたむのも簡単で、サッと出してしまえることも嬉しい特徴。

価格4,714円(税抜)
メーカーサーマレスト
タイプウレタンマット
使用サイズ51×183×2cm
収納サイズ51×15×13cm
重量0.41kg 
厚み2cm
防水性×
R値2.6
素材軽量EVAフォーム

amazonでレビューを見る

Uさん(20代男性)

先日、寒い日に使用しました。ヘリノックスのライトコットの上で使用しましたが、下からの冷気をしっかり遮断してくれます。品質は皆さんのレビュー通りなので星5個です。

2位:LICLI レジャーマット 極厚 18mm

携帯性と分厚さが売り!防水機能も備えた格安ウレタンマット

コンパクトに収納でき、クッション性に優れたキャンプマット。収納袋もついているので持ち運びもらくらくです。

日本一周の旅に使った人や、快適さがグッとあがると満足する人もいると評判。

防水機能も施されているので結露にも対応可能です。汚れても水洗いができるので、いつも清潔に使えることも嬉しいポイント。

価格2,073円(税抜)
メーカーLICLI
タイプウレタンマット
使用サイズ186×56cm×1.8cm
収納サイズ57×13×15.5cm
重量350g
厚み1.8cm
防水性
R値
素材やわらかなEVA素材

amazonでレビューを見る

Nさん(30代男性)

日本一周でのキャンプに使用。荷物があまり多く持てない旅に使用しました。素材が断熱性が高いようでレジャーマットの上にいるだけで暖かいので、薄着だけで寝ることができました。軽い上に濡れても大丈夫、傷をつけても平気なので便利です。

3位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) M-3318 EVAフォームマット56×182cm

断熱性&収納性に優れたコスパ抜群のキャンプマット

断熱性と収納のしやすさで人気の「M-3318 EVAフォームマット」。2千円以内で買えるためコスパの良さが自慢です。そのためウレタンマットの入門編として最適。

寒い状況でもまったく問題なかった」との評判もあがっています。横幅が少し広めなことも、このキャンプマットの特徴です。

体格の大きな人でも窮屈に感じることなく眠れるでしょう。

価格1,870円(税抜)
メーカーキャプテンスタッグ
タイプウレタンマット
使用サイズ約56×182×2cm
収納サイズ約13×12.5×56cm
重量約0.27kg 
厚み2cm
防水性×
R値
素材・マット:発泡ポリエチレン、EVA樹脂
・バンド:合成ゴム

amazonでレビューを見る

Kさん(30代男性)

素材自体が空気を多く含んだ発泡素材で凸凹しているので、空気の層がたっぷりと出来るため、断熱効果は抜群だ。冷気が伝わってきて眠れないことは一度もない。寝心地も非常に良い。砂利があるところでも問題ない。飲み物を零したぐらいでは染みることはなく、濡れても拭けば大丈夫。

【寝心地良好】エアーマットタイプのキャンプマットおすすめランキング3選

快適に眠れるエアーマットタイプのキャンプマットのおすすめランキング3選をお届けします。

1位:コールマン(Coleman) テントエアーマット 300 170A6608

広々と寝れる肌ざわりの良いエアーマット

エアーマット独特のふわふわ感と表面の肌ざわりが良いことで人気のキャンプマット。柔らかさ広々と眠れることを重視する人にピッタリ。

家族4人で寝てもまだ余裕があった」との口コミも寄せられています。

収納袋もついているので持ち運びにも便利。地面のゴツゴツ感を一切感じたくない人におすすめです。

価格10,002円(税抜)
メーカーコールマン
タイプエアーマット
使用サイズ288×190cm×14cm
収納サイズ49×34×12cm
重量8kg 
厚み14cm
防水性×
R値
素材PVC

amazonでレビューを見る

Eさん(30代男性)

使ってみた感想はとにかくでかくて柔らかいです。表面の起毛っていうのか、何て言うのかわかんないけどそれがとても肌触りがいい。エアマット独特のふわふわ感です。俺はふたつ買って重ねるっていう無駄に贅沢して楽しんでます。アウトドアでは最高レベルのベッドメイクできます。(笑)

2位:KLYMIT(クライミット) イナーシャ・オゾン スリーピングパッド

穴が絶妙な寝心地を再現!かんたんに作れるエアーマット

大きな穴があいていて、うまく身体がはまるようになっているエアーマットです。寝心地の良さ空気の出し入れのしやすさが人気。

最小限の手間で快適な寝心地が欲しい方におすすめです。軽くてかさばらないので、携帯性も優れています。

付属のスタッフサックに入れれば、さらに持ち運びがらくに。修理キットもついているので、万一のトラブルにも応急処置が可能です。

価格8,091円(税抜)
メーカークライミット
タイプエアーマット
使用サイズ183×54.6cmx4.4cm
収納サイズ8.9×15.2cm
重量0.346kg 
厚み4.4cm
防水性×
R値
素材

amazonでレビューを見る

Yさん(30代男性)

空気の出し入れも簡単。体圧分散も適格で、毎日の重労働で疲弊した体の回復を助けてくれました。ここまでのべ45回使っていますが、空気漏れやバルブの故障もなく、一安心。活動先で壊れたら絶望ですから。シュラフは安物でいいから、このパッドは買うべきだと思います。

3位:コールマン(Coleman) コンフォートエアーマットレス

ふわふわで空気が抜けにくい!コスパの良いエアーマット

コールマンの「コンフォートエアーマットレス」は、空気が抜けにくくふわふわな寝心地が持続することで人気のキャンプマット。

弁が二重で締まるダブルロックバルブ方式になっていて「数日使っても張り具合が落ちなかった」との声あがっています。約4千円で買えるエアーマットなので、コスパも抜群。

キャンプ以外にも、急に知人が自宅に泊まることになったときに使っている人も。

価格3,620円(税抜)
メーカーコールマン
タイプエアーマット
使用サイズ187×97cm×19cm
収納サイズ
重量約2.5kg 
厚み19cm
防水性×
R値
素材PVC

amazonでレビューを見る

Rさん(30代男性)

キャンプでフカフカ。妊娠6ヶ月の妻が使用しました。問題なく快適に寝れたそうです。マットの上に何か敷くorマットの上にシュラフで寝るのなら音はまずしません。弁を閉めた後に説明書通りにグッと押し込んで更に弁をロックしたら、空気が漏れませんでした。

【手間なく快適】インフレーターマットタイプのキャンプマットおすすめランキング3選

サッと膨らませられるインフレーターマットタイプのキャンプマットについて、おすすめランキングTOP3をご紹介します。

1位:THERMAREST(サーマレスト) PROLITE™ PLUS

断熱性が高く厳冬期にも活躍!軽量で収納にも便利なキャンプマット

「PROLITE™ PLUS」の最大の魅力は、厳しい寒さを乗り越えられる断熱性。「マイナス20度でも寒さを感じなかった」との口コミがあるほど。

断熱性を維持したままコンパクトに収納できる工夫が施されており、軽量化にも成功しています。

万一パンクしてしまった場合でも、最低限のクッション性と断熱性が維持される構造になっていることも嬉しいポイント。ベテランキャンパーが愛用するインフレーターマットです。

価格13,675円(税抜)
メーカーサーマレスト
タイプインフレーターマット
使用サイズ51×183cm×3.8cm
収納サイズ28×12cm
重量0.65kg 
厚み3.8cm
防水性×
R値3.4
素材・表面:50Dミニヘックスポリエステル
・裏面:50Dポリエステル

amazonでレビューを見る

Fさん(30代男性)

高いけど、やっぱり物はいいです。マイナス20度ともなるとそれでも背中が寒いので、イスカの代わりにこれを使用してみたくて購入しました。ややグリップする生地です。厚さも増しているので寝心地もいいですね。断熱効果が高いのでおすすめです。

2位:コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット/シングルⅢ

5cmの厚さでふっかふか!連結可能なインフレーターマット

「キャンパーインフレーターマット/シングルⅢ」は5cmの厚さがあり、ふかふかの寝心地が得られるキャンプマット。「下に大きな石があっても気にせず眠れた」「クッション性だけでなく断熱効果も高い」など、たくさんの高評価を得ています。

収納時にもクルクルと巻いて袋に入れるだけなので、使い勝手もGOOD!「6枚を連結して使っている」との口コミもあります。

価格5,356円(税抜)
メーカーコールマン
タイプインフレーターマット
使用サイズ約63×195cm×5cm
収納サイズ約直径15×70cm
重量1.8kg 
厚み5cm
防水性×
R値
素材ポリエステル、ポリウレタンフォーム

amazonでレビューを見る

Yさん(30代男性)

エアベッドとは全く別物。冬キャンプに特に重宝。テントの寝床の冷えと硬さ対策に試しに購入。エアベッドが合わなかったので敬遠していたがインフレーターマットは予想を超える効果があった。薄く空気を入れるのでクッション性に加えて断熱効果も高い

3位:スノーピーク(snow peak)キャンピングマット2.5w(TM-193)

高いクッション性&広々スペース!らくらく収納できるキャンプマット

6.2cmの厚さで高いクッション性が魅力の「キャンピングマット2.5w」。77cmの横幅があり、余裕で寝返りをうてるところも大きな特徴。

軽い力でらくらく開け閉めできるバルブも嬉しいポイント。付属の収入ケースにはポンプ機能がついており、空気の注入も簡単

リペアキットもついているので、ちょっとした穴や破れにも対応できます。

価格24,876円(税抜)
メーカースノーピーク
タイプインフレーターマット
使用サイズ198×77×6.2cm
収納サイズ直径20×85cm
重量1.9kg 
厚み6.2cm
防水性×
R値
素材・表地:75Dポリエステル
・裏地:75Dポリエステル、ノンスリップ加工
・インナー:TPUフォーム
・バルブ:ABS樹脂

amazonでレビューを見る

Tさん(30代男性)

買って良かった、と素直に思える商品でした。製品の特長は3つです。①マット厚6.2㎝で嵩張らず、布団で寝ているかそれ以上の絶妙なクッション性②77㎝と幅が広く寝返り時に余裕がある③収納袋のサイズに余裕があり、かなりアバウトに畳んでも一度で収納できる

冬でも暖かい人気のキャンプマットで最高の寝心地を楽しもう!

厳しい寒さを乗り切れるキャンプマットは、求める機能によって様々。

断熱性やクッション性、使い勝手などの重視したい点がわかれば、最適なキャンプマットに出会えます。

この記事を参考にして、あなたにピッタリのキャンプマットを見つけてくださいね。