【2020年最新】アルパカストーブが最強!人気の日本規格新型やピッタリの五徳・カスタム方法まで徹底紹介

冬キャンプに向けて火力の強いストーブが欲しい」「手に入れやすくておしゃれなストーブないかな?」とお考えの方に朗報!

アルパカストーブなら、リーズナブル・高火力・おしゃれ・コンパクトなど、冬キャンパーの望みを一度にかなえてくれます。

この記事では、アルパカストーブの魅力を余すところなくご紹介。

今入手できるアルパカストーブの種類や、五徳など人気の周辺アイテム個性を楽しむカスタム方法も解説。

どこで購入できるの?」「正しい使い方は?」などの疑問にもお答えしますので、ご期待ください。

アルパカストーブを手に入れて、最強の完全装備で冬キャンプに臨みましょう!

アルパカストーブとは?

韓国生まれのアルパカストーブは、冬キャンパーから熱い支持を得ている優秀ストーブ。人気の理由を3つご紹介します。

①デザインが雰囲気抜群

 

この投稿をInstagramで見る

 

TAKE(@kikorin_olllllllo)がシェアした投稿

アルパカストーブは、キャンプの雰囲気を盛り上げるレトロなデザインが魅力。

そこにあるだけで、暖かさ優先で殺風景になりがちな冬キャンプの空間をおしゃれにしてくれます。

②コンパクトで携帯性良好

アルパカストーブのコンパクトなサイズも人気のポイント。特に荷物が多くなりがちな冬キャンプでは重宝します。

昼間は外で、夜間は幕内でと移動させたいときにも、気軽に持ち運べるサイズと重量感です。

③火力が強く調理も便利

 

この投稿をInstagramで見る

 

h_5(@h_5cam)がシェアした投稿

アルパカストーブはコンパクトながら火力が強いのが特徴。同系統のコンパクトストーブの中では最も強い火力を誇ります。

天板が平らな作りで、鍋ややかんを置いての調理がしやすいのもポイント。五徳を装着してダッチオーブン料理も。

いつでもお湯が沸いているという状態は本当に便利です!

それでは、アルパカストーブのバリエーションを見てみましょう。

アルパカストーブの種類

アルパカストーブは「TS-231」「TS-77」「TS-77コンパクト」の3種類が通販サイトなどで販売されています。

末尾にAのついた「TS-231A」「TS-77A」は、耐震自動消火装置付きのモデルです。

特にコンパクトについては、2019年に日本仕様のニューアルパカストーブ「TS-77JS-C」が発売され、評判となっています。

以下に1つずつご紹介しますので、あなたに合ったアルパカストーブはどれかチェックしてみましょう!

ニューアルパカストーブ「TS-77JS-C」

日本の規格で安心・満足の新型コンパクト

「TS-77JS-C」は「TS-77コンパクト」を日本仕様にして売り出した新型モデルです。

安全性がグレードアップしており、日本燃焼機器検査協会(JHIA)の認証つき。特に子どものいるキャンパーからは「やはり安心」というコメントが。

TS-77よりも高さが3cmほど低くなっており、持ち運びや調理がしやすくなっています。

小さなボディですが、北海道での秋冬キャンプにも愛用されている実力派。「10畳の部屋でも15分で暑くなって消火する」という声もあるパワフルさです。

従来の韓国モデルに比べスペック上の数値が低い項目もありますが、これは日韓の計測の決まりの違いによるもの。

2019年の発売とともに話題となり、2020年度は早期から予約する人も多数安全で信頼できるモノを使いたい方におすすめです!

価格25,000円(税抜)
サイズ405×350×350mm
重量6kg
タンク容量3.7L
燃焼時間10時間
出力3.0kW
暖房面積13~17㎡

amazonでレビューを見る

Oさん(20代男性)

新型、日本仕様になりほぼ全て満足いくレベルになりました。この値段で専用ケースも付いてきます。

TS-77A

レトロなデザインと強い火力で根強い人気

「TS-77A」はアルパカストーブの中でも売れ筋の人気アイテム。火力が強いのでとにかく暖かく、調理用としても優秀だと評判です。

外気温が氷点下でもテント内がしっかり暖かい」「360°あったかい!」と威力のほどは折り紙付き。

定番の「TS-77」に耐震自動消火装置がついた新型で、灯油のニオイも従来より軽減されています。

レトロなデザインがおしゃれで写真映え抜群。キャンプ風景をSNSにアップする方におすすめです!

価格36,182円(税抜)
サイズ32.3×32.3×44cm
重量5.6kg
タンク容量6L
燃焼時間約15時間
出力2,800kcal/h
暖房面積16~18㎡

amazonでレビューを見る

Tさん(20代男性)

先日キャンプで試しましたが、外気温-4℃で幕内は11℃としっかりと威力を発揮してくれました。

TS-231

燃焼時間が長い!ガラス筒不使用で持ち運び安心

「TS-231」は一番オーソドックスなアルパカストーブ。ヴィンテージ感のあるメッシュは、使用中でも熱くなりません。

ガラスの筒を使用していないので、移動時に破損する心配がないと評判です。

「TS-77」に比べて火力が少し低いのですが、それでも一般的なストーブとしては十分にパワフル。その分、長い燃焼時間を確保できています。

寒い夜中に給油したくない方におすすめです!

価格36,147円(税抜)
サイズ32.3×32.3×47.5cm
重量5.8kg
タンク容量5.3L
燃焼時間18時間
出力2,800kcal/h
暖房面積15~17㎡

amazonでレビューを見る

Kさん(20代男性)

火力が強いのですぐあったまりますよ。

アルパカストーブと一緒に使うのがおすすめのアイテム

アルパカストーブの長所を伸ばし短所を補うアイテムを4つご紹介します。

①五徳

アルパカストーブの上にやかんや鍋を載せるのに欠かせないのが、ピッタリサイズの五徳。やかんなどがススで汚れるのもある程度防げます

ホームセンターやアウトドアメーカーで購入できる七輪用の五徳の中にシンデレラフィットするものがありますよ。

M-6635 キャプテンスタッグ 炭焼き名人 七輪用ゴトク

「炭焼き名人」は、アルパカストーブにピッタリサイズで評判の五徳。

天板を外してセットすれば、まるで専用品のようにジャストフィットします。ダッチオーブンの使用にもおすすめです!

価格746円(税抜)
サイズ幅300×奥行300×高さ65mm
重量450g
材質鉄(クロムめっき)

楽天でレビューを見る

②ストーブガード

小さな子どもやペットを連れてのキャンプで気になるのが火傷などの事故。ストーブの周りを囲むストーブガードで、接触や転倒を未然に防止しましょう。

ネイチャートーンズ ストーブガード サイズL ブラック SG-L-B

スタイリッシュなデザインとコンパクト収納でひときわ人気なのが「ネイチャートーンズ」のストーブガード。

ガードとしての機能に加え、ちょっとしたものを置ける天板がついており、ストーブ上での調理もはかどります。

価格12,746円(税抜)
使用サイズW51×D55×H54cm
収納サイズW22×D50×H4cm(天板)、φ10×61cm(フレーム)
重量3.6kg
材質鉄材、耐熱塗装

楽天でレビューを見る

③ストーブファン

ストーブをつけているのになかなか暖まらないという悩みには、ストーブファンがおすすめ。

部屋やテントの上部に溜まりがちな暖かい空気を全体に循環させ、暖房の効率をぐっとアップします。

石油/木材暖炉用の4ブレード熱供給式ストーブファン環境にやさしい

VODAのストーブファンは、安くて静かで作りが良いと評判。

ストーブの熱によって動くので電池不要。ストーブの上に置くだけで、火が着けば自然に回り始め、消えれば自然に止まる仕様で便利に使えます。

「使うと使わないでは大違いの暖かさ」「もっと早く使っていれば」というコメントも。リーズナブルな価格なので、気軽に違いを試してみてはいかがでしょうか。

価格3,172円(税抜)
サイズ21 x 12 x 23 cm
重量980 g
材質陽極酸化アルミニウム

amazonでレビューを見る

④一酸化炭素警報器

テント内でのストーブ使用については、メーカーは推奨しておらず自己責任で行う必要があります。

特に一酸化炭素中毒には十分な注意と対策が必要。換気をしっかり行い、必ず一酸化炭素警報器の設置を

一酸化炭素は無味無臭のため、知らない間に濃度が上がり危険な状態になりかねません

電池切れや故障で取り返しのつかない事態にならないよう、使用前はしっかり点検し、できれば複数設置しましょう

一酸化炭素アラーム  Ourjob

安価なものから高価なものまである一酸化炭素警報器の中でもコスパのバランスが取れているのが「Ourjob」のCOアラーム。

同価格帯の中でひときわ目立つ、高級感のあるデザインが高評価です。

電池式ではなく充電式で、移動中の車の中でもスマホのように充電可能なのも安心ポイント。いつの間にか電池切れになる心配がありません

命に係わるアイテムだけに、妥当な価格でしっかり安心できるものを選びたいですね!

価格5,272円(税抜)
サイズ12.7 x 12.7 x 6.7 cm
重量119.92 g

amazonでレビューを見る

次に、自分だけのアルパカストーブを楽しみたい方に、カスタムの例をご紹介します。

カスタムで自分だけのアルパカストーブを楽しむ!

アルパカストーブはリーズナブルな価格で解体もしやすいため、カスタムを楽しむのにもピッタリ。多くの愛用者がどんな風に楽しんでいるか、少し覗いてみましょう。

①反射板

アルパカストーブは360°周囲を温める作りになっていますが、アルミの反射板をつけることによって狙った方向を温められます

また、テントの幕や部屋の壁に寄せて置くことが可能になるため、空間を広く使えるようになります

市販のウインドスクリーンを利用して反射板を自作する人も多数。

24cm×8.5cmくらいの大きさで5枚以上つながっているものなら、どのメーカーのウインドスクリーンでも使用できます。薄い安価なものでもOK。

余分な板を抜いて5枚つづりにし、ストーブの外側から巻くように取り付けます。3枚目の下部を数cm折り返して熱の逃げ道を作るのが安全に使用するポイント。

赤外線のほとんどを反射するため、反射板自体が熱くなりすぎて溶けたりする心配はありません。

②塗装

 

この投稿をInstagramで見る

 

yüji(@aracam.yuji)がシェアした投稿

アルパカストーブのタンク部分を好みの色に塗り替えて楽しんでいるキャンパーも。ランタンやOD缶と合わせるとおしゃれです。

質の良い「マスキングテープ」と、バイクのマフラー塗装などに使う「耐熱ペイント」を用意して臨みましょう。

塗装の経験がなくても、なるべく薄く塗ること・しっかり乾かすことを心がければ、難易度はそれほど高くありません!

デイトナ バイク用 耐熱ペイント 200℃/ツヤありブラック

塗りやすく、傷つきにくいと評判なのが「デイトナ」の耐熱ペイント。紫がかったツヤが美しく、発色抜群です。

素人でもきれいに塗れたというコメントもあり、塗装初挑戦の方にもおすすめです

価格1,256円(税抜)
内容量300ml
耐熱温度200℃

amazonでレビューを見る

LEOBRO 塗装用マスキングテープ 4巻入 耐熱 18mm×20m グリーン

「LEOBRO」のマスキングテープは、粘着の強さや剥がしやすさに定評がある、使いやすいアイテム。

テープの引き出しが軽く手で切りやすいので作業がはかどります。色が派手なので、剥がし忘れがないのもうれしいポイント。

価格も手ごろなので、迷ったら試してみてはいかがでしょうか。

価格891円(税抜)
サイズ18mm×20m
厚さ0.11mm

amazonでレビューを見る

続いて、アルパカストーブはどこで買えるの?という疑問にお答えします。

アルパカストーブの購入方法

アルパカストーブを購入するには、

①楽天・Amazonなどの通販サイト

②韓ショップなどの輸入代行業者

を通して購入する方法があります。

通販サイトを利用する方法は手軽で、口コミも確認できるのがメリット。サイトのポイントも貯められます。

一方、輸入代行業者経由での購入は、安価で入手できるのが魅力。

個人輸入手数料が数百円かかりますが、本体価格が通販サイトの半額という場合もあるので、チェックの価値ありです。

アルパカストーブを手に入れたら、さっそく使ってみましょう!最後に、アルパカストーブの正しい使い方をご紹介します。

アルパカストーブの使い方

アルパカストーブの使い方は、至ってシンプル。次の3ステップに従って使いましょう。

①給油

アルパカストーブの燃料は灯油です。タンク一体型になっているので、本体下部の給油口から直接灯油を注入します。

給油口のそばに設置されている燃料計を確認しながら、溢れないよう慎重に注入しましょう。

アルパカストーブの給油口は小さめで、慣れるまで入れにくいという人も。こぼさないよう、じょうご(漏斗)を利用しましょう

100円ショップのじょうごでも十分ですが、アウトドアブランドの溢れない仕様になっているものを使えばより安心です。

コールマン(Coleman) フューエル ファネル

こぼさずに適量注げると評判なのが「コールマン」のフューエルファネル。しっかり差し込んで注ぐことで、満タン時には給油が止まる仕組みになっています。

故障の原因になるゴミを取り除くフィルター付きで、アルパカストーブを長く愛用したい方におすすめです。

価格1,114円(税抜)
サイズ6.35 x 16.26 x 9.4 cm
厚さ9.07 g

amazonでレビューを見る

②点火

 

この投稿をInstagramで見る

 

キャンペイ(@campeei)がシェアした投稿

灯油を入れたら10~20分ほど時間を置いて、芯に灯油を浸透させましょう。調整ハンドルを右に回して燃焼筒を持ち上げます

ライターやチャッカマンなどで芯に火をつけ、ズレないよう気をつけながら燃焼筒を下ろします

最初は青い炎が、数分後には赤くなって暖かくなってきます。調整ハンドルを回して炎の調整をしながら使用します。

③消火

調整ハンドルを左に回すと火が小さくなり、そのまま消火できます。耐震自動消火装置の付いているものは、レバーを下ろすことで消火されます。

アルパカストーブで暖かい&おしゃれな冬キャンプ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

@kawacampがシェアした投稿

デザイン、機能、携帯性の3拍子揃ったアルパカストーブ、あなたの冬キャンプを変えてくれること間違いなしです。思いのままに使い倒して、冬キャンプを存分に堪能しましょう!