39歳でも転職は成功する!必勝ポイント5つとリアルな転職率をわかりやすく解説

30代後半での転職は難しい…」「求人数が少ないなど、30代後半での転職にはネガティブな噂が多いもの。39歳で転職を希望しているのであれば、当然不安を感じやすくなります。

しかし、「今の現状を変えたい」「将来のためにスキルアップしたい」と考え、勇気を出して踏み出そう!と決めている方もいるでしょう。

39歳の転職は、現状を把握し、戦略を立てて行動することが大切です。

この記事では、39歳の転職を成功させるために必要な事前知識や、転職を成功に導く具体的な方法をわかりやすく解説しています。

転職を成功させて理想通りの毎日を送るために、ぜひチェックしてみてください。

39歳の転職は厳しいの?リアルな転職率とは

(出典元:厚生労働省)

39歳での転職は厳しいといわれますが、実際に39歳で転職する人はどのくらいいるのでしょうか?  

厚生労働省が行った調査によると、35~39歳で転職をする男性は全体の約9%約10人に1人が30代後半に転職をしているということを意味します。

40代に入ると少し数値が上がりますが、これはハイクラス層を中心としたキャリア採用が増えるためです。逆にいえば、キャリア採用が多い40代になる前に転職活動をしておくべき、ともいえます。

39歳での転職はやり方が大切です。そんな39歳での転職で知っておくべき事前知識を3つ紹介します。さっそく見てみましょう。

39歳の転職で知っておくべき事前知識3つ

即戦力になる経験やスキルが求められる

39歳の転職では、現場ですぐに活躍できる経験やスキルを求められます。採用する基準も「即戦力になるか」が一番となり、やる気や人柄よりも重視されるでしょう。

さらに、企業よっては即戦力に加え、高いマネジメント力やリーダーシップなどを求められることも珍しくありません。

同じ業種や職種へ転職するのであれば、経験やスキルのアピールは必ずしましょう

転職活動が長期化するケースが多い

30代後半からの転職活動は長期化することが多いです。20代の頃は3ヶ月~半年程度あればよかったものが、30代後半になると1年以上かかって転職先が決まることも珍しくありません。

とくに未経験の職種や業界への転職は厳しく、選考が通らずなかなか決まらないこともあるでしょう。

転職活動は在職中におこない、必要であれば転職エージェントなどのサービスを積極的に利用すると、長期化のリスクを減らせます。

理想の求人を見つけるのが難しい

39歳の転職は、理想の求人を見つけるのが難しいです。なぜなら、一般的な企業求人は35歳区切りで求人数が減り、39歳は男女問わず求人数が少ない状況だからです。

そのうえで給料や役職にこだわりすぎてしまうと、マッチする企業に出会える確立がさらに減ってしまうでしょう。 

理想の求人を見つけるのが難しい場合は、転職エージェントなどのプロに相談するなどして、ひとりで悩まないことが大切です。

39歳の転職で知っておくべきポイントはわかったから、転職を成功させる方法を知りたい!という方も多いでしょう。

次に、39歳の転職を成功に導く必勝ポイントを5つ紹介しますので、ぜひチェックしてみてください!

39歳の転職を成功に導く必勝ポイント5つ

①即戦力であることをアピールする

39歳の転職で企業が求めるのは即戦力です。選考時には、入社後自分がその会社で何をできそうなのか」を具体的に強くアピールしましょう。

そのために「今までどんな仕事をしてきたのか」「即戦力となるスキルや経験はなにか」を洗い出すことが必要です。

これといってスキルがないと感じる場合でも、「それまでの転職経験」や「社内で複数の部署を移動した経験」などが活きることがあります

ほかのスキルと融合して自分のアピールポイントを強め、希少性が高い人材であるとアピールしましょう。

自分の強みがわからない人は、リクナビが運営する「グッドポイント診断」がおすすめです。簡単な質問に答えるだけで、自分の強みが客観的にわかります。

グッドポイント診断は、メールアドレスを入力して会員登録を済ませれば完全無料で使えます。ツールのひとつとして使ってみてください。

あなたの強みを診断する!

②給与や役職よりも働く環境にこだわる

給与や役職よりも、働く環境の改善にこだわって転職活動をすると成功しやすくなります

給与や役職が今よりもよいところという面だけを考えると理想が高くなりすぎ、なかなか理想の求人にめぐりあえないことがあります。 

一方、給与や役職は今と同じだけど残業が減ることや休みが増えることなど、働く環境の改善を重視すると理想の求人にめぐりあえる確立が高くなります

求人情報ではわからない労働環境まで確認したいときは、転職エージェントに相談してみるのもよいでしょう。

③期限を決めて転職活動に集中する

転職活動をすると決めたら、「いつまでに転職をする!」という具体的な期限を設けることも大切です。決めた期間中は集中して転職活動をしましょう。

期限を決めずになんとなく転職活動をはじめてしまうと、気持ちがダラダラしてしまい、転職自体をやめてしまうことも少なくありません

3ヶ月以内に転職する!など、なるべく具体的に期限を決めて、その期間は転職活動に集中しましょう

④転職が最適なのかを改めて考えてみる

転職を成功させるためには、そもそも転職が最善策なのかを改めて考えてみることも大切です。

転職したい理由によっては、「部署移動」や「時短勤務」などの社内調整で解決するケースもあるからです。

いまの会社で少しの不満しかないのなら、今の会社に居ながら解決できないか?をまずは探ってみましょう。

それから転職活動をしても遅くありません。「転職してやってみたいことがある」「今の会社では実現不可能」という明確な理由があるのなら、転職に踏み出しましょう。

⑤転職サービスを活用する

転職活動をするときは、転職求人サイトや転職エージェントなどの転職サービスを上手く活用しましょう

転職求人サイトに登録してどんな求人があるのかをチェックするだけでも、自分が希望する業界の求人数や募集条件などを詳しく知ることができます。 

転職求人サイトに登録するなら、「リクナビNEXT」がおすすめです。

あらゆる業界をカバーした総合型転職サイトで、ほかの転職サイトにはないリクナビ限定求人数が全体の85%を占めています。

はじめからハイクラスの求人を狙う場合は「キャリアカーバー」がおすすめです。年収800~2,000万円クラスの高収入求人のみが掲載されています。

年収アップを狙いたい方や幹部クラスのポジションを狙う方は有益な情報を得られるでしょう。

転職成功率をあげたいならエージェントを活用すべし

転職成功率を上げたいのであれば、転職エージェントを使った方が自力で転職活動をするよりも有利です。

なぜなら、転職エージェントは専任のキャリアカウンセラーがつき、マッチする求人の紹介から面接対策、待遇交渉など、転職するまでの一連の流れをすべてサポートをしてくれるからです。

非公開求人を多数抱えているエージェントも多く、自分の力では出会えない企業とマッチする可能性も上がります

中でも実力があり数多くの転職を成功させていると評判のエージェントを厳選して3社紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

50年以上の実績を持つ業界最大手のエージェントです。

求人案件が15万件以上あり、「希望年収が高くても、たくさんの求人を紹介してくれた」「年収1000万を狙える会社を紹介してくれた」など、良質な案件を紹介してくれると人気があります。

さらに、「面接のポイントを丁寧に電話で教えてくれた」「ときには厳しいことも言われるが、しっかりと導いてくれる」といったキャリアアドバイザーの質の高さにも定評があります。

公式サイトで詳細を見る

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは「求人内容が充実している」「福利厚生や給与がしっかりした企業が多かった」など、求人内容の良質さが評判のエージェントです。

さらに、キャリアアドバイザーが親身に対応してくれる点も好評で、「質問形式でヒアリングをしてくれて取りこぼしがない」「キャリア戦略についての事例を交えながら話してくれた」など、転職の枠を超えたキャリア育成の相談にも乗ってくれます

公式サイトで詳細を見る

マイナビエージェント

メインユーザーを20~30代に設定しており、利用満足度96.4%を誇るエージェントです。

求人量の多さに加え、質の高い求人があると評判がよく「ほかのエージェントでは紹介されないような案件が多かった」「独占求人が多くメリットを感じた」といった声が聞かれます。

さらに、キャリアアドバイザーのアドバイスが的確で、「面接で聞かれることを予測してくれて、相当な高確率で当たる」など、利用者が直接メリットを受けられるアドバイスをくれる点も魅力です。

公式サイトで詳細を見る

40歳になる前の39歳で、一足先に転職を成功させよう!

39歳の転職は、やり方次第で大きく成功する可能性があります

キャリア採用が増えて厳しくなる40歳になる前に、一歩踏み出して転職を成功させましょう!

ぜひこの記事を参考にして転職を成功させ、キャリア育成やライフスタイルの充実に繋げましょう