32歳の転職を必勝に導く5つのポイントとリアルな転職率とは?知っておくべき情報まとめ

32歳という年齢は、仕事やプライベートが落ち着き、キャリアプランや人生設計を見つめ直すのに良いタイミングです。

今後の事を考えて転職したいけど、32歳の転職は遅すぎる?そんな心配をしているあなたに向け、リアルな32歳の転職率や、転職前に知っておきたい情報、転職成功のポイントをまとめました。

転職を成功させて、今よりもっと良い生活を手に入れる参考にしてください。

32歳でも転職できるの?リアルな転職率とは

(出典元:厚生労働省)

本当に32歳の転職は遅いのでしょうか厚生労働省が平成29年に行った調査によると、30歳~34歳男性の約10%、つまり10人に1人は転職していることが分かりました

この年代は、他の年齢と比べても高い割合になっており、32歳の転職は全く遅くないと言えるでしょう

リクナビNEXTが30代前半の転職者に行ったアンケートで、半数以上が「年齢が不利と感じなかった」と答えていることからも、32歳はまだまだ転職のチャンスが残されていると言えます。

しかし、転職に有利なのは39歳までなんです40代以降になると転職率は減少し、入職者も経験豊富なキャリア採用がほとんどになります

30代が希望通りの転職が叶う最後のチャンスです!では、どのような準備をすれば良いのでしょうか。32歳の転職で知っておきたい情報を3つご紹介します。

32歳の転職で押えておくべき事前知識3つ

転職は短期決戦になる

転職は、2~3か月以内に内定をもらう短期決戦が大半を占めます3か月以上ダラダラと転職活動を続けていても、転職が成功しないとされているからです。

転職のプロであるエージェントは、3か月以内に転職先が決まるようにサポートをしてくれます

自分では3か月以内に転職を終える自信がないという方は、最初からエージェントに相談することをおすすめします。

即戦力になる必要がある

中途採用を行っている企業は、入社後すぐに活躍してくれる即戦力を求めています

30代の転職では、20代に比べてその傾向が強くなるので、これまでの経験や実績、スキルがないと難しくなります。

前職で培ったスキルや経験を生かせる業界や職種の求人に応募することをおすすめします。

未経験の仕事にチャレンジしたい場合は、転職エージェントに相談し、生かせるスキルを見つけるなど業界や企業の分析をしっかりと行いましょう

マネジメント経験を求められる

企業側が30代の転職者に求めるものに「マネジメント経験」があります

マネジメント経験とは、これまでにチームやプロジェクトを動かしたり、部下や後輩を指導し成長させたりした経験のことです。

マネジメント経験は、部下を持ち、これからの会社を担っていく30代の会社員に必須の条件と言えるでしょう。

もし、部下やチームを動かした経験がない場合も、リーダーシップを発揮した経験や対立する意見を調整したエピソードなどがあれば、人をまとめることができる能力とみなされるのでアピールに繋がります。

事前知識を抑えたところで、実際に32歳で転職を成功させるために必要な5つのポイントを見ていきましょう。

32歳の転職を必勝に導く5つのポイント

①転職理由を明確にする

まずはじめに「どうして転職したいのか」を明確にし、その不満が転職先で解決されるのかチェックしましょう

「なんとなく嫌だから」という理由で転職をしてしまうと、転職した会社でも同じように辞めたくなる可能性が高いです。

もちろん転職理由は面接でも必ず聞かれる質問なので、明確にしたうえで、前向きな言葉で説明できるようになっておく必要があります。

不満な部分だけでなく、満足していた部分も明確にしておくと、企業選びの参考になりますよ。

②自分の強みを把握する

転職活動は「自分がいかに会社に貢献できるか」プレゼンをする機会です。上手にアピールをする為には、自分の強みを分析し、上手く話せるようになっておく必要があります。

商品のプレゼンをするためには、商品の魅力を熟知し、アピールできるようになっておくべきですよね。転職活動でも同じことです。

自分の強みがはっきりとわからない方は、リクナビNEXTが提供している「グットポイント診断を活用しましょう。

グットポイント診断は、質問に答えていくと、自分の強みが分かる自己分析チャートです。

30分程度で終わるので、自分の強みを知りたい方は診断してみてください。

あなたの強みを診断する!

③キャリアプランを立てる

目標が決まらないまま転職活動を始めてしまうと、「こんなはずじゃなかった」という結果になってしまうことが多くあります

転職の目標を明確にする為には、5年後、10年後にどうなっていたいのかを考え、しっかりとキャリアプランを立てましょう

30代は家族を持つ方も多いので、自分の仕事内容だけでなく、ライフプランも併せて慎重に検討することが大切です。

④企業分析は十分に行う

企業分析は、面接対策だけでなく、入社後のイメージを明確にする為にも重要です

「働いてみたら思い描いていた企業と違った」といって再度転職してしまうようでは、転職者と企業の両方が損をします。

そうならない為にも、求人票に書いてあることを鵜呑みにするのではなく、書籍や新聞、ネットを駆使して情報収集を行い、企業分析を十分に行いましょう

転職エージェントを活用すれば、求人票には載っていない企業のリアルな話を聞くことができますよ

⑤使えるサービスは使い倒す

数多くの転職サイトやサービスがあるので、上手に利用しましょう

例えば、リクルートキャリアが運営するリクナビNEXTでは、職務履歴書を登録しておくと企業側からオファーが来る「スカウト機能があります。自分の転職市場価値を把握し、有利に転職を進めることができます。

一方で、転職エージェントを利用すると、非公開の求人を多く紹介してもらえるので、自分だけで転職活動していると出会えない優良求人を見つけることが可能ですよ。

他にも、転職エージェントを利用するメリットは多数あります。さっそく見ていきましょう。

転職成功率をあげたいならエージェントを活用すべし

転職エージェントは、あなたに合った非公開求人の紹介をしてくれるだけでなく、キャリアプランの相談や履歴書の添削、面接対策など様々なサービスを無料で行っています

さらに、就労条件の交渉や面談日の調節もやってくれる、転職者の心強い味方です。転職の成功率を上げたいなら、転職エージェントを活用しましょう!

しかし、数多くの転職エージェントがあり、選ぶのが難しいですよね。今回は、転職エージェントの中でも、評判の良い3つをご紹介します。

それぞれに特徴があるので、自分に合った転職エージェントを探す参考にしてください

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界でトップの求人を抱える転職エージェントです。

非公開の求人数も20万件以上とトップクラスで、取り扱う業界も幅広いため、色々な会社を見てみたいという方におすすめです。

「初回面談時に100件以上の求人を貰うことができた」「提案される求人数が圧倒的に多く、理想に近い企業を見つけることができた」

という口コミもあり、スピーディーに幅広い視野を持って転職活動が行いたい方はリクルートエージェントに登録しましょう。

公式サイトで詳細を見る

パソナキャリア

パソナキャリア

数ある転職エージェントの中でも、丁寧なサポートに定評があるのがパソナキャリアです。

短期決戦の転職において、転職エージェントと素早く円滑にやり取りができることは必須です。パソナキャリアでは、レスポンスの早さと丁寧さにも定評があります

面接練習を何度も行ってくれて、安心して面接に臨むことができた」という口コミもあり、レスポンスの素早さだけでなく徹底したサポートにも期待できます

そのサポート力の高さから、2019年のオリコン顧客満足度転職エージェントランキングで1位を獲得しています。

1人での転職活動が不安で、しっかりとしたサポートを受けたいという方におすすめの転職エージェントです。

公式サイトで詳細を見る

マイナビエージェント

優良な中小企業やベンチャー企業で働きたいと考えている方は、マイナビエージェントがぴったりです。

マイナビエージェントは大手だけでなく、全国各地の中小企業と取引をし、優良な求人を数多く抱えています

「大企業に限らず、業績が伸びている優良企業に出会えた」「中小企業でも、福利厚生のしっかりとした隠れ優良企業を紹介してもらえた」という口コミが多くありました。

また、マイナビエージェントは、20代~30代向けの転職エージェントですので、中小企業やベンチャー企業で重要なポジションを任せてもらいたい方や、キャリアに自信がない方にはマイナビエージェントがおすすめです。

公式サイトで詳細を見る

32歳で転職を成功させて、30代後半も楽しく過ごそう!

32歳はキャリアプランを考えて転職をするのにぴったりな時期です

事前準備をしっかりと行い、計画を立てて転職活動をすれば、今より仕事への充実感もある楽しい30代後半を過ごすことができますよ

1人での転職活動が不安な方は、ご紹介した転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職のプロであるエージェントを味方につけて、円滑に転職活動を進めましょう